海外ドラマ NAVI

アメコミの世界は今後さらにバラエティ豊かに!バットマン80周年ジム・リー直撃インタビュー

drama

1939年3月にアメリカで発売された「Detective Comics」誌27号に初登場したバットマンは、数々の実写映画、TVドラマ、アニメーションが製作され、キャラクターグッズも数多く展開されてきた。そして2019年、世界中でバットマンの80周年アニバーサリープロジェクトが始動している。7月にはサンディエゴ・コミコンでレッドカーペットならぬ"ブラック・カーペット"セレモニーイベントが開催。9月21日のバットマンの日には、各国都市で日没後にバットシグナルを点灯するセレモニーが実施された。日本では東京・渋谷にて行われ、80周年を祝うタイアップイベントも開催中と、ますます盛り上がりを見せている。それに合わせて、世界的に著名なコミック・アーティストであるジム・リーを直撃! ライター、編集者、発行人にしてDCの現CCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)、ダン・ディディオとともに同社の発行人も務める彼に、DCのCCOとして、そして一人のコミック・アーティストとして、バットマン80周年や今後のアメコミについて語ってもらった。

豹坂@櫻井宏充

海外ドラマが好きすぎてIT業界から海外ドラマのライターに。海外映像作品の日本語制作で用語監修も手がけています。

こんな記事も読まれています