海外ドラマ NAVI

"母親として遠い存在に思えるマロリーだからこそ演じ甲斐があった"『バード・ボックス』主演のサンドラ・ブロックを直撃インタビュー!

drama

12月4日(火)、Netflixオリジナル映画『バード・ボックス』のロサンゼルス・ジャンケットに登場したサンドラ・ブロックは、同作の主演女優兼製作総指揮を務める。実生活でも二人の子どもの母親であるサンドラは、「産むつもりがなかったのに出産が直前に迫ったシングルマザー」役を演じるにあたり、「子どもを愛おしいと思わない主人公マロリーの気持ちを理解することが本当に難しかった」と語る。母親としての、マロリーと自身の違いからインタビューは始まった。

福田恵子

東京の出版社での進学情報誌編集者としての勤務を経て1992年渡米。在米日本語雑誌の編集長を11年務めた後に独立し、フリーランスのライターに。カバーする分野は、人物インタビュー、教育、アメリカ事情など広範に渡る。

こんな記事も読まれています