海外ドラマ NAVI

『リベンジ』ファイナルシーズン 芦名星インタビュー「最高のラストをぜひ最終回で観てもらいたい!!」

drama

2011年より全米ABCで放送され、高視聴率を獲得したサスペンスドラマ『リベンジ』。主人公エミリーの復讐と次々と起こる予想できない展開、そして多彩なイケメンキャラの登場もあって人気を獲得した本作もついにファイナルシーズンを迎える。亡き父に捧げる執念の復讐に3年の歳月を費やして、ついに宿敵ヴィクトリアを病院送りにし、憎きグレイソン一族を残らず葬り去ったエミリー。あのグレイソン・マナーをそっくりそのまま手に入れ、穏やかに新たな人生を歩むかに見えた。だが、父デヴィッドは生きていた。ハンプトンに舞い戻ったデヴィッド・クラークをめぐり、エミリーとヴィクトリアが激しく火花を散らすファイナルシーズン! そこで、アフレコ最終日に主人公のエミリー・ソーン/アマンダ・クラークの吹き替えを担当した芦名星が、声優初挑戦の思い出や、『リベンジ』の魅力を大いに語ってくれた。

豹坂@櫻井宏充

海外ドラマが好きすぎてIT業界から海外ドラマのライターに。海外映像作品の日本語制作で用語監修も手がけています。