海外ドラマ NAVI

DCコミックスのヒーロードラマの魅力に迫る!

drama

空前のアメコミ・ブームによって映画・TVでユニバースを形成しているアメリカン・コミックスの世界。その2大巨頭がDCコミックスとマーベルだ。マーベルがまず映画でユニバースを形成したのに対し、DCコミックスはTVの方で着々とユニバースを展開。マーベルが『エージェント・オブ・シールド』でTV界に参入するよりも早く、積極的にドラマ・シリーズを制作していた。その皮切りとなったのが、2001年からTHE CWで放送された『ヤング・スーパーマン』だ。この作品自体は他作品とのユニバースを形成していたわけではないが、劇中にはグリーン・アローやリーグ・オブ・アサシンなども登場。10年続いたこのドラマの成功が、現在のTV界でのDCコミックスの快進撃に繋がったのだ。

幕田千宏

映画・海外ドラマライター。編集プロダクションを経て独立。好きなものはとことんディープにをモットーに、面白ければ国もジャンルも問わない雑食派。紙媒体・WEBメディアに作品解説・インタビュー等を寄稿し、海外ドラマのプレスシート等も手がける。時々イベントなどでトークのお仕事をする事も。

こんな記事も読まれています