海外ドラマ NAVI

オルタード・カーボン シーズン2

Altered Carbon Season 2

2020年 / アメリカ
Netflix

Netflixオリジナル  ぶっ飛んでる  イケメンが主人公  エロティック  アメリカ 

レビュー

  • 自分の意義問い戦う姿に胸打たれ、バーチャルの映像美に吸い込まれるNETFLIX近未来SFサスペンス


    これまで、エミー賞のメインタイトルデザイン賞や視覚効果賞など、18部門でノミネートされた本作
    今シーズンも色鮮やかな独創的映像世界に魅了される
    シーズン1のジョエル・キナマン『スーサイド・スクワッド』に代わり、主人公タケシをアンソニー・マッキーが情熱的な魅力溢れ演じている
    彼は、マーベル映画『キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ』シリーズや、話題のマーベル海外ドラマ『ファルコン&ウィンターソルジャー』で人間味溢れるファルコン役で知られる
    原作は、リチャード・モーガン著書の同名サイバーバンクSF小説
    小説はフィリップ・K・ディック賞に輝いた

    肉体が死んでも記憶が再生可能なメモリチップにより、永遠の命が手に入る数百年後の未来で、250年ぶりに蘇えったタケシ・コヴァッチ
    シーズン2では、シーズン1の30年後を描いており、自分の師であるクウェルを探し求めていたタケシは、別人の姿になっていた

    クウェルの存在に迫る過程で、ある事を機に賞金を懸けられたタケシを追う人物とのアクロバティックな壮絶バトルや、ヤクザの組織などの一触即発でスリリングな展開に惹き込まれる
    シーズン1で明かされなかった予期せぬ事実がシーズンで描かれ、クライマックスの白熱シーンに圧倒される
    自分自身の存在の意義問い葛藤、過去と向き合う姿に胸打たれる

    「感情的で向こう見ずなタケシを演じたかった」と語るアンソニー・マッキー他、シーズン2のキャストには、『POWER/パワー』のリーラ・ローレン、『Marvel ルーク・ケイジ』のシモーヌ・ミシック、シーズン1に続き『アメリカン・クライム・ストーリー』のクリス・コナー、『グッド・ワイフ』のレネー・エリス・ゴールズベリーが出演
    本作は、ヤクザとの関係が興味深く描かれ、シーズン1ではヤクザのボスを『高い城の男』の尾崎英二郎が、シーズン2ではヤクザの親分を『ザ・テラー』のジェームズ・サイトウが演じている

    『ミッション:インポッシブル』シリーズや海外ドラマ『ジャック・ライアン』の製作陣が手掛けた
    スタントコーディネーターは『ダークナイトライジング』を手掛けたメリッサ・R・スタブス

    この作品のレビュー一覧へ

人気海外ドラマニュース

海外ドラマニュースを見る

オルタード・カーボンの関連ニュースを見る