海外ドラマ NAVI

エージェント・オブ・シールド シーズン1

Agents of S.H.I.E.L.D. Season 1

2013年 / アメリカ
ABC

ニューヨークでの‘‘アベンジャーズの戦い’’から、世界は超人たちを脅威とみなすようになっていた。そんな中、死亡したと思われていたフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)捜査官が、国際平和維持組織シールドに復職を果たし、自らが選出した個性豊かなメンバーと共に特命チームを結成する。彼らは、世界で巻き起こる特殊な事件の捜査に乗り出し、超人や侵略者たちから、世界の平和を守る任務を帯びているのだった…。

スリリング  マーベル  スピンオフ  アメリカ  ABC 

レビュー

  • 過去に失敗した人物に2度目のチャンスを与え、人情に厚く優しさ溢れる主人公、フィル・コールソン役は『キャプテン・マーベル』のクラーク・グレッグ。

    『アイアンマン』で初登場したコールソン。
    ジョン・ファヴロー『三ツ星フードトラック始めました』『ライオン・キング』の親友だったクラーク・グレッグは、ファヴロー監督作『アイアンマン』に出ないかとファヴローから声を掛けられ出演、コールソン役で人気を集めた。その後、『アベンジャーズ』で死んだコールソンの復活望んだファンの声から『エージェント・オブ・シールド』は製作された。

    シーズン1では天才ハッカーのスカイをシールドにリクルート、シールドや事件に関わる人物のドラマ、エージェントの密かな計画、秘密組織ヒドラの作戦が、人間味溢れスリリングに描かれる。スカイの得意分野を活かした人を惹きつけるミッションが興味深い。マリア・ヒル、ニック・フューリー、シフといったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の人気キャラクター登場や、マーベルコミック作品原作者の故スタン・リーのユーモラスな出演シーンに心ときめく。

    ゲストキャストに『ラビング 愛という名前のふたり』でアカデミー賞にノミネートされたルース・ネッガ、ルーイ・オザワ・チャンチェン『高い城の男』、ピーター・マクニコル『アリー・myラブ』、マキシミリアーノ・ヘルナンデス『ザ・ラストシップ』、タイタス・ウェリヴァー『LOST』、エイミー・アッカー『パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット』、エレナ・サチン『The Gifted ザ・ギフテッド』、ディラン・ミネット『13の理由』、ザフロン・バロウズ『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』、ビル・パクストン『オール・ユー・ニード・イズ・キル』、パットン・オズワルト『マグノリア』、エイドリアン・パスダー『HEROESS/ヒーローズ』

    この作品のレビュー一覧へ

人気海外ドラマニュース

海外ドラマニュースを見る

エージェント・オブ・シールドの関連ニュースを見る