ミスター・メルセデス スペシャルサイト | 映画・海外ドラマのスターチャンネル[BS10]

『グレアナ』『ゴシップガール』『ホワイトカラー』...あの人気ドラマスターのその後

大人気ドラマ作品に出演していたけれども、降板したり、シリーズ自体が終了したりで、「そういえば、あの作品に出ていたキャストは、今どうしているんだろう?」と思ったことはドラマファンなら一度や二度あるだろう。そんな人気ドラマスターの、その後についてご紹介しよう。

20171228_afterwards_01.jpg

~『ゴシップガール』編~

ペン・バッジリー(ダン・ハンフリー役)

Chicago Thalia Hall (photo cred @paigefarrow)

Penn Badgleyさん(@pennbadgley)がシェアした投稿 -

ニューヨークを舞台に、セレブな若者たちの生活を描いた大ヒット青春ドラマ『ゴシップガール』で、作家志望で内向的なダンを演じたペン・バッジリー。2012年のシリーズ終了後は、『インフェクション/感染』『アナーキー』などの映画に出演。2018年に米Lifetimeでスタートする新作スリラー・サスペンスドラマ『You(原題)』に主演することが決定している。

私生活では、2017年2月に『GIRLS/ガールズ』のジェッサ役で知られるジェマイマ・カークの姉でシンガーのドミノ・カークと結婚。ミュージシャンとしてロックバンドMOTHXRで活動する彼は、頻繁にライブを行いステージに立っている。

ブレイク・ライヴリー(セリーナ・ヴァンダーウッドセン役)

The balls to my basket.

Blake Livelyさん(@blakelively)がシェアした投稿 -

2012年末に終了した本シリーズで、最後にダンと結婚するお嬢様セリーナを演じたブレイク。実生活でそれより少し早い同年9月に俳優ライアン・レイノルズ(『デッドプール』)とゴールインしていた彼女は、その後に二人の子どもを出産し、女優業よりも家庭を優先させていた印象だった。しかし2018年からは『The Husband's Secret(原題)』をはじめとする映画3本が待機中で、本格的に女優業を再開させるのではないかと見られている。12月初め、『The Rhythm Section(原題)』のセットで手を負傷したと報じられたが、幸い大事には至らなかったようだ。

女優、母親として多忙なブレイクだが、そんな中でもライアンとは仲睦まじく、家族で楽しいクリスマスを過ごした様子がSNSで報告されている。

レイトン・ミースター(ブレア・ウォルドーフ役)

Dan and Deb 4EVER @makinghistoryfox

Leighton Meesterさん(@itsmeleighton)がシェアした投稿 -

わがままなお嬢様ブレア役でブレイクしたレイトンは、『The O.C.』のセス役で知られるアダム・ブロディと2014年2月に結婚し、翌年一児のママに。ブレイクと同じく家庭に専念していたのか、『ゴシップガール』終了後は出演作品が少なめだったが、2017年に米FOXのタイムトラベルドラマ『Making History(原題)』に主演。残念ながら同作は1シーズンで打ち切られたが、同局のコメディドラマ『The Last Man on Earth(原題)』で2018年1月放送のエピソードにゲスト出演することになっている。

また、アダムとともにチャリティ活動も行っており、この12月にもその一環で子どもたちに絵本を読み聞かせる姿が目撃されていた。

~『グレイズ・アナトミー』編~

パトリック・デンプシー(デレク・シェパード役)

2005年にスタートした大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』に、医師のデレクとしてシーズン11まで出演していたパトリック。カーレーサーとしてチームを持つ彼は、あまりにもレースに熱を上げすぎたことが原因で、2015年1月に妻ジリアンと破局するも、1年あまりで復縁。

俳優としては、シリーズ降板後に映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』に出演、そのプロモーションで2016年10月に来日している。それから約1年後、新作スリラードラマ『The Truth About Harry Quebert Affair(原題)』に主演することが報じられた。

サンドラ・オー(クリスティーナ・ヤン役)

Last night's Catfight premiere - opening today 3/3 & VOD iTunes! Meow #catfightmovie

Sandra Ohさん(@iamsandraohinsta)がシェアした投稿 -

本シリーズでメレディスの親友クリスティーナを演じたサンドラは、シーズン10で降板。以降は、米ABCのクライムサスペンス『アメリカン・クライム』やWEBドラマ『Shitty Boyfriends(原題)』に出演。さらにはアニメシリーズ『Peg+Cat(原題)』に声優として参加。そして『グレイズ・アナトミー』以来のレギュラー出演となるBBCアメリカの新作ミニシリーズ『Killing Eve(原題)』が2018年から放送される。

サンドラ自身はすでに新たな道を歩んでいるものの、一般人の投票によって選出されるピープルズ・チョイス・アワードで「最も恋しいTVキャラクター」に選ばれるほど、広く愛されたキャラクターの再登場を求める声は後を絶たず。11月には、オーウェン役のケヴィン・マクキッドが彼女の復活を望む発言をしている。

キャサリン・ハイグル(イジー・スティーヴンス役)

すぐに患者に感情移入してしまうイジー役が印象的だったキャサリンは、シーズン6で降板後、活動の場所を映画界にシフト。ホームコメディ『かぞくはじめました』では主演のほかに製作総指揮も務めた。2014年にドラマでの仕事を再開するも、『ザ・ブック/CIA大統領特別情報官』はシーズン1で打ち切り、法廷ドラマ『Doubt(原題)』は2話放送後にキャンセルと不振が続いている。

しかし私生活では、夫でミュージシャンのジョシュ・ケリーとの間に迎えた二人の養子と、2016年12月に出産した実子に囲まれ、幸せな生活を送っているようだ。

T・R・ナイト(ジョージ・オマリー役)

The younger J. Edgar Hoover rears his ugly head tonight on #Genius @natgeochannel!

T.R. Knightさん(@t.r.knight)がシェアした投稿 -

シーズン5まで演じたジョージ・オマリー役で注目されたT・Rは、人気リーガルドラマ『グッド・ワイフ』や、米Huluのタイムトラベルサスペンスドラマ『11.22.63』などにゲスト出演。また、『グレイズ・アナトミー』のクリエイターのションダ・ライムズによる、詐欺をテーマにしたドラマ『The Catch(原題)』にも登場している。2016年にパイロットが製作された米ABCの『Broken(原題)』ではアンナ・パキンやペネロープ・アン・ミラーと共演したが、同作はシリーズ化には至らず。翌年放送された米ナショナル ジオグラフィック チャンネルの伝記ドラマ『ジーニアス:世紀の天才 アインシュタイン』では、初代FBI捜査局長官ジョン・エドガー・フーヴァーに扮した。

そのほかには、オフ・ブロードウェイの舞台「ロミオ&ジュリエット」でマキューシオを演じ、ウィリアム・ハートやエリザベス・オルセンと共演。私生活では、2013年10月に長年のパートナーである一般男性パトリックさんと結婚。内輪で行われた式には、『グレイズ・アナトミー』の元共演者であるキャサリン・ハイグルとケイト・ウォルシュ(アディソン役)も出席していたという。

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加

ライタープロフィール

NAMI
NAMI

元ロサンゼルス在住の翻訳ライター。「三度の飯より海外ドラマが好き!」というほどの海外ドラマ好き

海外ドラマNAVIを面白くするライター・一覧を見る

PAGE UP