海外ドラマ NAVI

今見ても色褪せない、『X-ファイル』が魅力的であり続ける理由

column

近年、かつての人気シリーズがイベント・シリーズとして続々と復活しているが、中でも熱狂的な歓迎を受けているのが、今年1月、シリーズ終了から14年ぶりに全米で放送が開始された『X-ファイル 2016』だ。『X-ファイル』と言えば、アメリカン・ドラマ史に残る傑作シリーズのひとつとして知られる伝説のドラマ。しかし、今でこそ制作のクリス・カーターや、主演のデイビッド・ドゥカブニーやジリアン・アンダーソンは海外ドラマファンにはおなじみの大物だが、1993年の放送開始当時は全員がまだまだ無名の存在だった。しかもジャンルは現在よりもかなりマニアックな位置付けにあったSFホラー。TVシリーズの企画としてはだいぶリスキーなものだった。だが当時3大ネットワークに追いつけ、追い越せの新興ネットワークだった放送局FOXは、あえて他局が敬遠しそうな作品で勝負に出たのだ。マニアックなジャンルに無名の俳優たち、しかも放送は視聴率の墓場と言われる金曜日(当時は現在以上にどの局も金曜日の視聴率は低かった)といういくつものリスクがありながら、『X-ファイル』はいかにして全世界で人気を集めるシリーズにまで成長したのか

幕田千宏

映画・海外ドラマライター。編集プロダクションを経て独立。好きなものはとことんディープにをモットーに、面白ければ国もジャンルも問わない雑食派。紙媒体・WEBメディアに作品解説・インタビュー等を寄稿し、海外ドラマのプレスシート等も手がける。時々イベントなどでトークのお仕事をする事も。