『ビッグバン★セオリー』ケイリー・クオコ、新作ドラマで妹ブリアナと姉妹共演!

| コメント(0)

大人気シットコム『ビッグバン★セオリー ~ギークなボクらの恋愛法則』のペニー役でおなじみのケイリー・クオコが、米ワーナーメディアの新配信サービス「HBO Max」の新作ドラマ『The Flight Attendant(原題)』に主演するとのニュースは以前お伝えした通り。彼女が製作総指揮も務める本作に、ケイリーの妹ブリアナ・クオコが出演して姉妹共演を果たすことが明らかとなった。

クリス・ボジャリアンのスリラー小説をドラマ化する『The Flight Attendant』の主人公は、中東ドバイのホテルで二日酔いで目覚め、隣に横たわる死体を発見した客室乗務員のカッサンドラ・ボーデン。警察に通報せずに何もなかったフリをして同僚の客室乗務員たちとニューヨーク行きのフライトに乗り込んだ彼女は、FBI捜査官から乗り継ぎ地について質問される。何が起きたのか思い出せないカッサンドラは、もしかしたら自分が殺人を犯したのかもしれないと思い始める...というストーリー。

歌手で女優、ダンサーと振付師でもあるというブリアナは、組織の捜査に夢中で通話を盗聴する、風変わりで野心あふれるアシスタントのセシリア役を演じ、数話にわたり登場するとのこと。

ケイリーが主演し、『ゲーム・オブ・スローンズ』でダーリオ役を演じたミキール・ハースマン、ソノヤ・ミズノ(『ラ・ラ・ランド』)、コリン・ウッデル(『アンフレンデッド:ダークウェブ』)、ゾーシャ・マメット(『GIRLS/ガールズ』)、マール・ダンドリッジ(『グリーンリーフ』)、グリフィン・マシューズ(『マンハッタンに恋をして ~キャリーの日記~』)の出演も決定している。

ケイリーは、DCヒーロードラマ『ARROW/アロー』やサスペンスドラマ『YOU ―君がすべて―』などでタッグを組むグレッグ・バーランティとサラ・シェクター、そして脚本も兼任する『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』のスティーヴ・ヨッキーらと共同製作総指揮も務める。

米HBOの社会派ドラマ『ニュースルーム』や『メンタリスト』などに端役で登場したブリアナは、『ビッグバン★セオリー』にもゲスト出演。米NBCの音楽オーディション番組『Voice』シーズン5に出場して注目されたブリアナは、『クリミナル・マインド FBI行動分析課』や『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』などにも姿を見せている。

「HBO Max」は2020年にサービスがスタートする予定で、ケイリーとブリアナの姉妹共演が楽しみな『The Flight Attendant』の配信開始日は未定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブリアナ・クオコのInstagramより

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年12月20日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ウォーキング・デッド』原作者が、新作アメコミを映画化へ」です。

次のブログ記事は「疑惑で降板していたジャシー・スモレット、『Empire』ファイナルシーズンに復帰か?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。