【今週スタートの海外ドラマ】待望の新シーズン&新作ドラマが目白押し

| コメント(0)

海外ドラマNAVIでは、編集部がおすすめする新シリーズ(再放送も含む場合もあり)を週ごとにご紹介。今週は、待望の新シーズンに注目の新作ドラマと目白押し。 お見逃しなく!

12月2日(月)から12月8日(日)スタートのおすすめドラマは以下の通り。

12月2日(月)

■23:00~『THIS IS US』シーズン2(AXN)
字幕版が日本初放送。ケヴィン、ケイト、ランダルが37歳の誕生日を迎えるところからスタートするシーズン2。監督のロン・ハワード(『ダ・ヴィンチ・コード』)や俳優のシルベスター・スタローン(『ロッキー』)がゲスト出演する。

■22:00~『パッセージ』(FOXチャンネル)
リドリー・スコットが製作総指揮を務めるSFサスペンスドラマ。人類滅亡の危機が迫る近未来、謎のウイルスから新薬の開発を目指す"プロジェクト・ノア"が始動する。開発を急ぐ研究者たちは被験者として身寄りのない少女エイミーを選ぶ。だが、彼女を迎えに行った連邦捜査官ウォルガストは、子どもを実験台にすることに疑問を感じはじめ、その命を助けることを決意。こうして、少女と捜査官の壮絶な逃亡劇が始まるのだった。

12月3日(火)

■22:00~『カウンターパート/暗躍する分身』シーズン2(WOWOWプライム)
『セッション』のJ・K・シモンズが主演を務める新感覚スパイスリラー。前シーズン、表の世界と裏の世界の外交関係は終わり、二つの世界をつなぐ"交差点"のドアが閉じてしまった。裏の世界で監禁されてしまった表世界のハワードの運命は? 一方、表の世界で立場が危うくなった裏世界のハワード。ファイナルとなるシーズン2が日本初放送。

12月6日(金)

■22:00~『NCIS:ニューオーリンズ』シーズン5(スーパー!ドラマTV)
シリーズ通算100話達成の新シーズン。何者かに撃たれ、そのまま意識を失い倒れてしまったプライド(スコット・バクラ)。そんなプライドに代わり、特別捜査官ハンナ・コーリー(ネカー・ザデガン)がチームに加わり、ラサール(ルーカス・ブラック)が指揮を執ることに。本部のギブスからの情報提供で、個人的な怨みからの犯行だと知ったチームは、犯人をおびき寄せるため「プライドは回復に向かっている」というニュースを流す...。

12月7日(土)

■21:00~『エージェント・オブ・シールド』シーズン6(Dlife)
次のシーズン7で終了が決まっているマーベルドラマ初の長編ドラマシリーズ。シーズン6は、衝撃の結末で幕を閉じた前シーズンから1年後を舞台に新しいリーダーとなったマックのもとで、フィッツを捜索する。そんな彼らの前に以外な人物が現れる。

■16:00~『グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース』シーズン4(AXNミステリー)
英国ミステリードラマの新シーズン。ウィスキーとジャズをこよなく愛する主人公の若き牧師探偵シドニー・チェンバースを演じるジェームズ・ノートンが今シーズンをもって降板。どのようにして村を去るのか―、そしてロックとボクシングをこよなく愛し、バイクを乗り回す新牧師探偵のウィルという新キャラクターが登場する注目のシーズン。


【海外ドラマデータベース】で視聴記録を取って、今までに費やした"視聴時間"を数字で見てみよう! あなたは何日何時間を海ドラに費やしていますか?(海外ドラマNAVI)

Photo:『THIS IS US』シーズン2 (c) 2017-2018 NBCUniversal Media, LLC. All rights reserved./『パッセージ』(c) 2019 Fox and its related entities. All rights reserved./『カウンターパート/暗躍する分身』シーズン2 (c) 2018, 2019 MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved./『NCIS:ニューオーリンズ』シーズン5 (c)MMXIX CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved./(c)MMXIX CBS Studios Inc. All Rights Reserved./『エージェント・オブ・シールド』シーズン6 (c)ABC Studios & Marvel/『グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース』シーズン4 (c)Kudos 2019

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年12月 2日 20:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『SUPERGIRL』メリッサ・ブノワ、家庭内暴力を受けていたという衝撃の告白」です。

次のブログ記事は「『THIS IS US』クリッシー・メッツが回顧録で幼少時代に体験した虐待を告白。「執筆は癒しの過程だった」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。