意外!『フレンズ』のあのキャラはトム・ハンクスが演じるはずだった

| コメント(0)

アカデミー賞主演男優賞に5度ノミネートされ、映画『フィラデルフィア』と『フォレスト・ガンプ/一期一会』で2年連続オスカーを獲得した実力派俳優のトム・ハンクス。アニメーション映画『トイ・ストーリー』シリーズでウッディの声を担ったり、『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』では製作総指揮を務めるなど、様々なジャンルで活躍する彼が、実は大人気シットコム『フレンズ』に出演する予定があったことを、実際にその役を演じた俳優が明かした。米Entertainment Weeklyが報じている。

その俳優とは、『フレンズ』シーズン9にゲスト出演して、"マニー"なる男性ベビーシッター役でゲスト出演したフレディ・プリンゼ・Jr(『24 TWENTY FOUR』)。彼が、その役は本来トム・ハンクスが演じるはずだったと明かした。

シーズン9第6話「キュートなベビーシッター」で男性ベビーシッターのサンディを演じたフレディが、もともとトム・ハンクスが同役で出演するはずだったがスケジュールの都合がつかなくなり、撮影の前日に急遽フレディにオファーがあったと語っている。

フレディは、ジェニファー・アニストン演じるレイチェルとデヴィッド・シュワイマー扮するロスの娘エマの子守を演じるにあたり、縦笛で英民謡「グリーンスリーブス」を演奏しなければならず、これまでに一度も縦笛を吹いたことがなかったのに4時間で習得しなければならなかったと話した。

そして、フレディが笛を練習している様子を耳にしたデヴィッドに、「上手くやれるよ!」と励まされたとのことで、次のように当時を振り返っている。「楽器は演奏できないんだけど、3年生の縦笛は扱えたよ。すごく良い経験だったし楽しかったけど、僕が出演した回よりも感謝祭のエピソードの方が良かったね」とコメント。

また、2020年5月にサービスが開始する米ワーナーメディアの新配信サービス「HBO Max」で、『フレンズ』のキャストが再集結するニュースについては、ゲスト出演した自分にもリユニオンに参加するチャンスがあるかどうかはわからないと語った。「みんなに聞いてみないとね。リユニオンに出演できるほど、思い出深いキャラクターかどうかわからないし。ポール・ラッド(フィービーの夫マイク役)といったキャストがカムバックして、今までに彼がどうしていたか紹介する方が面白いだろうしね。もしくはブラッド・ピットや、気味が悪い役を演じたウィノナ・ライダーのパフォーマンスを振り返ったりとか...。二人は僕のお気に入りのゲスト出演者なんだ」と言っていた。

「HBO Max」で行われる『フレンズ』のリユニオンには、主要キャスト6人とクリエイター陣が集結して、当時の思い出を語る同窓会的な内容になるようだ。

最近フレディは、アニメシリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たち』や『ロボットチキン』などで声優としての活躍が目立っているが、新作コメディドラマ『Punky Brewster(原題)』のパイロット版に出演することが決定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:トム・ハンクス (c) ABC/Randy Holme

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年12月 2日 20:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『THIS IS US』クリッシー・メッツが回顧録で幼少時代に体験した虐待を告白。「執筆は癒しの過程だった」」です。

次のブログ記事は「シリーズ通算100話達成『NCIS: LA 極秘潜入捜査班』シーズン5がスーパー!ドラマTVにて放送」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。