『THIS IS US』&『エージェント・オブ・シールド』の人気俳優二人が離婚へ

| コメント(0)

感動のヒューマンドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス』でケヴィンを演じるジャスティン・ハートリーと、米ABCのマーベルドラマ『エージェント・オブ・シールド』でシールドのエージェント、ウォードを演じたブレット・ダルトンが、それぞれ離婚することが明らかとなった。米E!Onlineをはじめとする複数メディアが報じている。

ジャスティンは、2017年に女優クリシェル・スタウス(『ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言』)と結婚したが、11月22日(金)にロサンゼルス裁判所に「和解しがたい相違」を理由に離婚を申請。書類には2019年7月8日に二人が別居を開始したと記されていたとのこと。だが、今年10月に結婚2周年を祝っており、さらに先週は公の場に一緒に姿を見せていた。ジャスティンはクリシェルに対し、弁護士費用の支払いを要求し、彼女への生活費等のサポートは希望しないと伝えられている。

2013年に交際をスタートさせた二人。2018年にはアメリカで公開されたロマンチック・コメディ映画『Another Time(原題)』で夫婦共演していた。クリッシェは5月のインタビューで、「ジャスティンと子どもを持つことを考えているが、いつになるかはわからない」とコメントしている。現時点では、二人から離婚に関するコメントは発表されていない。

そしてブレットも、11月22日(金)に短編映画などで衣装を担当するメリッサ・トルンとの3年間にわたる結婚生活に終止符を打ち、ロサンゼルス裁判所で離婚を申請。こちらの書類には2019年8月1日に別居を開始したと記されているという。

イエール大学の演劇部で出会ったというブレットとメリッサは数年交際した後に婚約を発表し、2015年12月に結婚。2012年には娘のシルヴィアちゃんが誕生し、ブレットは娘の法的および身体的共同親権を要求しており、メリッサに養育費を支払うつもりだと報じられている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジャスティン・ハートリー&クリシェル・スタウス(c)NYKC/FAMOUS
ブレット・ダルトン&メリッサ・トルン(Twitterより)

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年11月26日 20:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FBI長官のトランプ政権「暴露本」をドラマ化。『ブレイキング・バッド』のあの人が出演」です。

次のブログ記事は「【ネタばれ】『SHERLOCK』で死んだはずのあのキャスト、戻ってくる可能性はゼロじゃない!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。