『SUPERGIRL』クリス・ウッド、『レガシーズ』シーズン2でミスティック・フォールズにカムバック!

| コメント(0)

人気恋愛ホラードラマ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』でジェミニ魔女団でありながら追放された過去を持つ邪悪なカイ・パーカーを演じたクリス・ウッドが、シリーズで2本目のスピンオフとなる米CWの『レガシーズ』に出演することが明らかとなり、ミスティック・フォールズにカムバックする。米TV Lineが報じている。

『レガシーズ』は、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のスピンオフ『オリジナルズ』の主人公であるヴァンパイアのクラウスと人狼ヘイリーの間に生まれ、17歳に成長した娘ホープ(ダニエル・ローズ・ラッセル)を主人公にした青春ホラードラマ。

クリス演じるカイは、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のシーズン6とファイナルシーズンであるシーズン8に登場。シーズン6の最終回では双子を妊娠していたカイの妹ジョー(ジョディ・リン・オキーフ)の結婚式に乱入し、彼女を殺害。さらに、ボニー(カット・グレアム)に復讐するため、彼女が死なない限りエレナ(ニーナ・ドブレフ)は目覚めない呪文をかけるという邪悪っぷりをみせていた。

クリスは、来年放送予定のシーズン2の第12話に登場する予定で、オリジナルシリーズとスピンオフでクリエイターを務めるジュリー・プレックが、クリスのカムバックを明かした。「カイについて聞いたのは、これが最後じゃないのは間違いないわ。彼に関する小さなイースターエッグを隠し続けていたの。だって彼は双子の背景や神話の大きな部分を占めているし、その点についてはシリーズ全体を通して語ることを計画しているの。全シリーズでクリス・ウッドを戻せないことはわかっているけど、少しでも彼を目にできる期待を抱き続けるのは楽しいわ」


『レガシーズ』には、クリス以外にもオリジナルシリーズのキャストがカムバックしている。アラリック・サルツマン役のマシュー・デイヴィスがレギュラー出演。シーズン1のゲストとして、マット・ドノヴァン役のザック・ローリグがミスティック・フォールズの新保安官として続投し、ジェレミー・ギルバート役のスティーヴン・R・マックイーンら姿を見せている。

『SEX AND THE CITY』の前日譚『マンハッタンに恋をして ~キャリーの日記~』のアダム・ウィーヴァー役で注目されたクリスは、米CWのDCドラマ『SUPERGIRL/スーパーガール』にモン=エル役で出演。同作の主人公スーパーガールを演じるメリッサ・ブノワと共演をきっかけに交際をスタートさせ、今年9月に結婚して話題となっていた。

クリスがゲスト出演するエピソードを含めた『レガシーズ』シーズン2は、CWにて毎週木曜に放送中。視聴記録やレビューは、【海外ドラマNAVI作品データベース】にて。(海外ドラマNAVI)

Photo:クリス・ウッド『ヴァンパイア・ダイアリーズ』(米メディアTV LineのTwitterより)

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年11月12日 20:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジェンセン・アクレスがリリースしたアルバムの曲が、『SUPERNATURAL』ファイナルシーズンで使用されることに!」です。

次のブログ記事は「『ブラインドスポット』スタッフが、米CWで『燃えよ!カンフー』をリブート!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。