『SATC』サラ・ジェシカ・パーカーが唱えるプロットが斬新!親友3人は存在していなかった...!?

| コメント(0)

ニューヨークに暮らすアラサー4人組の恋と友情を描いたドラマ『SEX AND THE CITY』(以下『SATC』)は世界中で大ヒットとなり、映画版が2作も製作されほどだ。そんな人気シリーズで主人公キャリー・ブラッドショーを演じたサラ・ジェシカ・パーカーが、かなり斬新なプロットセオリーを唱えているという。

豪News.comのインタビューに応じたサラが、キャリーがサマンサとミランダ、シャーロットとの固い絆を描くシリーズについて大胆なセオリーを次のように語った。

「サマンサとミランダ、シャーロットが、本当に存在していたのかどうかわからないって思う時があるの。時々、キャリーは3人をデッチ上げてるの? って思うことがあって。だって毎週キャリーはストーリーを語り、それは彼女の視点だわ。そして、"常"に彼女の見方なのよね。(ファイナルシーズンで)キャリーがパリに行ってパソコンを置いて行った時に、初めて彼女はストーリーを語らなかった。全シリーズを通して初めてよ。少し考えてみて。キャリーは、視聴者が知っているシャーロットとミランダ、サマンサについて語られたパソコンを置いていったの」と、親友3人が、キャリーが創り上げた架空の友だちかもしれないとの自論を展開していた。

しかし、それでもサラは3人がシリーズにおいて欠かせない存在で、「本物だろうが架空であろうが、みんなの友情は喜びの源や絆、人が関わり合う手段として必要だったのよ」と付け加えていた。

2010年に映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』が公開された後、第3作の製作の噂が何度も浮上していたが実現には至っていない。しかし、今年3月にパラマウントTVなどが、『SATC』原作者であるキャンディス・ブシュネルの近刊書「Is There Still Sex in the City?(原題)」のTV化権を獲得したことを発表。ニューヨークを舞台に50代以上の女性の友情、恋愛、セックスを物語ったノンフィクションで、『SEX AND THE CITY』とはキャラクターも設定も異なる作品となるが、ドラマ化が実現したらシリーズのファンにとっては嬉しいニュースになりそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SEX AND THE CITY』 (C)2014 Home Box Office,Ink.All rights reserved.HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office,Inc.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年11月 5日 21:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ウォーキング・デッド』ジェフリー・ディーン・モーガン「より三次元的なキャラクターになった」」です。

次のブログ記事は「ラミ・マレック主演『MR. ROBOT』が最終シーズンに突入 凄腕ハッカーが迎える結末とは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。