『ブレイキング・バッド』ウォルター役の候補は、こんな俳優たちだった

| コメント(0)

今年、続編となる映画版『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』も製作されたTVドラマ史に残る大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』。実はブライアン・クランストン演じるウォルター・ホワイト役には、他にも候補がいたようだ。米Screenrantが報じている。

今でこそブライアン以外の演じるウォルターは想像できない気もするが、クリエイターのヴィンス・ギリガンがドラマを製作し始めた当初、放送局である米AMCは『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカーの夫で、『ウォー・ゲーム』や『プロデューサーズ』などで知られるマシュー・ブロデリックにオファーをしていたという。マシューはこの役を断る。

さらに俳優一家に育ち、『ポイント・ブランク』『セル』など映画をメインに活躍するジョン・キューザックもウォルター役をオファーされたと言われている。だが、ジョンは以前ソーシャルメディアで「このオファーを断ってはいない」と述べており、こちらはマシューとは異なり候補として名前が挙がっていただけのようだ。

ギリガンとブライアンは、超常現象を題材にした大ヒットSFドラマ『X‐ファイル』からの仲だった。ギリガンが脚本を手がけた、同シリーズのシーズン6第2話「迷走」でゲスト出演したブライアンに、ギリガンは才能に惹かれていた。だが、AMCはブライアンが人気を博した長寿コメディ『マルコム in the Middle』の父親ハル役が印象的で、キャスティングを却下していた。しかしギリガンが推薦するブライアンの出演したエピソードを見て、考えを改めたという。ギリガンにとっては最初からブライアンがウォルターの候補であり、彼の主張が通っていなかったら、今頃は別の『ブレイキング・バッド』ができていたかもしれない。

ブライアンあってこその『ブレイキング・バッド』。ドラマと、映画版『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』は、Netflixで配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブレイキング・バッド』(c)Frank Ockenfels 3/AMC

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年11月29日 20:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドキュメンタリーとドラマが融合した新感覚英国ヒストリー『ヘンリー8世と6人の妻たち』が独占日本初放送」です。

次のブログ記事は「『SUPERGIRL』メリッサ・ブノワ、家庭内暴力を受けていたという衝撃の告白」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。