『フレンズ』にゲスト出演したリース・ウィザースプーン、カムバックを断った理由とは?

| コメント(0)

大人気シットコム『フレンズ』に、ジェニファー・アニストン演じるレイチェルの妹ジル役でゲスト出演したリース・ウィザースプーンがカムバックの依頼を受けていたのに断り、その理由を明かしていることがわかった。英Disital Spyが報じている。


リースとジェニファーが主演・製作を務めるApple TV+の新作ドラマ『ザ・モーニングショー』のプレスツアーで、リースが『フレンズ』にカムバックしなかった理由は、ライブ・オーディエンスの前で演じたくなかったからだと語っていたという。

そのリースの発言にジェニファーが、「彼女は観客の前で素晴らしかったわよ。怖がっていたから、そのことを忘れたんじゃないかしら」とフォロー。しかし、リースは頑なに「二度とやらないわ。カムバックを頼まれたのを知ってた? 再出演を依頼されたけど私にはできなかった...。すごく怖かったんだもの!」と答えていた。

リースとジェニファーが共演する『ザ・モーニングショー』は、11月2日(土)にサービスが開始したApple TV+の新作ドラマシリーズ。

アレックス・レヴィ(ジェニファー)は朝の人気情報番組の司会を15年務めているが、長年コンビを組んでいたミッチ・ケスラー(スティーヴ・カレル『ジ・オフィス』)がスキャンダルにより解雇される事態が発生。その後、番組を続けるために彼の後任として、ジャーナリストのブラッドリー・ジャクソン(リース)が抜擢される。アレックスはミッチのフォローを続けるが...。朝の情報番組を舞台にニューヨークのメディア界の裏側を描く、政治色が強いドラマだ。

そして『フレンズ』は、2020年5月にサービスが開始する米ワーナーメディアの新配信サービス「HBO Max」にて主要キャストとクリエイター陣が集結することが発表されている。当時の思い出などを語る同窓会的な内容となるようだが、現時点では詳細は明かされていない。(海外ドラマNAVI)

Photo:『フレンズ』(c) Warner Bros. Entertainment, Inc.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年11月25日 21:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『スター・トレック』の裏側に入れるインターンシップ、受付開始!」です。

次のブログ記事は「FBI長官のトランプ政権「暴露本」をドラマ化。『ブレイキング・バッド』のあの人が出演」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。