『アメリカン・クライム・ストーリー』でビル・クリントン大統領を演じるのはあの英国俳優!

| コメント(0)

ヒットメイカーのライアン・マーフィー(『Glee/グリー』『アメリカン・ホラー・ストーリー』)が製作総指揮を務め、米国で実際に起きた事件を取り上げる米FXの人気アンソロジーシリーズ『アメリカン・クライム・ストーリー』。そのシーズン3では、1990年代後半にビル・クリントン元米大統領とホワイトハウスの元インターンが繰り広げた不倫スキャンダルが描かれるのだが、当の大統領役が決定した。

『Impeachment: American Crime Story(原題)』と題されたシーズン3は、弁護士であり法律ジャーナリストでもあるジェフリー・トゥービンの著書「A Vast Conspiracy: The Real Story of the Sex Scandal That Nearly Brought Down a President(原題)」を元にしている。当時、在職中だったクリントン大統領がホワイトハウスのインターンだったモニカ・ルインスキーと不倫騒動を起こし、モニカが二人の関係を証明する物的証拠を所有していたため、のちに不倫を認めた大統領が弾劾裁判にかけられる事態となった。

この度、クリントンを演じることになったのは、英国俳優のクライヴ・オーウェン(『The Knick/ザ・ニック』『シン・シティ』)。すでに、モニカ役にビーニー・フェルドスタイン(『レディ・バード』『ネイバーズ2』)、同事件で大きな役割を果たすモニカの同僚リンダ・トリップ役にサラ・ポールソン(『アメリカン・ホラー・ストーリー』)、セクシャル・ハラスメントでクリントンを訴えたポーラ・ジョーンズ役にアナリー・アシュフォード(『マスターズ・オブ・セックス』)がキャスティングされている。ヒラリー・クリントン役はまだ決まっていない。

クライヴは、複雑に絡み合う大人の恋愛模様を綴った映画『クローサー』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた経歴を持つ。最近は、ホラーの帝王ことスティーヴン・キングの長編小説「リーシーの物語」を基にしたApple TV+の新作ドラマ『Lisey's Story(原題)』で、ジュリアン・ムーア(『アリスのままで』『めぐりあう時間たち』)と共演することが決定していた。

映画・ドラマ界で活躍するクライヴがクリントン元大統領を演じる『アメリカン・クライム・ストーリー』シーズン3は2020年初めに撮影が開始され、同年9月27日より米FXで放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:髪と眉毛の色を合わせれば結構似てる? ビル・クリントン&クライヴ・オーウェン
(C)DaraKushner/Famous
(C)VMJM/FAMOUS

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年11月21日 21:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ビッグバン★セオリー』レナード役、米CBSにカムバックして新作コメディをプロデュース!」です。

次のブログ記事は「マーク・ストロング主演の英国サスペンス『テンプル駅地下診療所のDr.ミルトン』が独占日本初放送決定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。