エミリー・ヴァンキャンプ主演の復讐ドラマ『リベンジ』がリブート!?

| コメント(0)

映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』や『レジデント 型破りな天才研修医』に出演しているエミリー・ヴァンキャンプが主演し、2011年から4シーズンにわたり米ABCで放送された復讐ドラマ『リベンジ』をリブートさせる企画が進んでいることが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

『リベンジ』は、フランスの小説家アレクサンドル・デュマの「モンテ・クリスト伯」をベースに描かれた。主人公は、無実の罪で投獄され、獄死した父を陥れた人々に復讐を誓ったアマンダ・クラーク(エミリー)。エミリー・ソーンと名前を変えたアマンダが、高級住宅地ハンプトンで綿密に企てた復讐計画を実行に移していくサスペンスドラマだ。

リブートの企画は初期段階だが、若いラテン系アメリカ人が主人公となるようだ。オリジナル版に登場したキャラクターに導かれ、マリブに到着した主人公は、生化学者の母親を殺害し、家族を崩壊させた大手製薬に復讐する。現時点では、続編となるリブートの橋渡しになるキャラクターは特定されておらず、キャストも決まっていないとのこと。

オリジナル版でクリエイターを務めたマイク・ケリーと、共同脚本・製作総指揮を担ったジョー・ファッジオが再びリブート版で指揮を執る予定だ。共同製作総指揮には、メリッサ・ロイ(『WHAT/IF 選択の連鎖』)、マーティ・ボーウェン(『ミスター・メルセデス』)が名を連ねる。

オリジナル版では主演したエミリーのほか、主人公の宿敵ヴィクトリア・グレイソンを演じたマデリン・ストー(『12モンキーズ』)、ヴィクトリアの息子ダニエル役のジョシュ・ボウマン(『タイム・アフター・タイム ~H・G・ウェルズの冒険』)、ヴィクトリアの夫コンラッド役に扮したヘンリー・ツェーニー(『クワンティコ』)、ノーラン・ロス役のガブリエル・マン(『WHAT/IF 選択の連鎖』)、ジャック・ポーター役のニック・ウェクスラー(『シカゴ P.D.』)、アシュレイ・ダヴェンポート役のアシュレイ・マデウィ(『セイラム 魔女の棲む町』)らがレギュラーとして出演していた。

果たしてリブート版『リベンジ』が実現するのか―。その経過やキャストなどが分かり次第、続報をお伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『リベンジ』(c)2013 ABC Studios.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年11月 8日 20:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リブート版『ゴシップガール』にオリジナルキャストがカムバック!」です。

次のブログ記事は「『ゲーム・オブ・スローンズ』キット・ハリントン、ソフィー・ターナーは「妹のよう」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。