『ビッグバン★セオリー』レナード役、米CBSにカムバックして新作コメディをプロデュース!

| コメント(0)

米CBSの大人気シットコム『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』で、レナード・ホフスタッターを演じたジョニー・ガレッキ。本シリーズでブレイクしたジョニーが再びCBSにカムバックし、新作コメディドラマをプロデュースすることが明らかとなった。米The Hollywood Reporterが報じている。

ジョニーが共同製作を手掛ける『Bait and Tackle(原題)』は、ジョージア州ベインブリッジの田舎町で釣り道具店を経営する、風変わりな友だちグループを中心に描かれ、退屈極まりない町に飽き飽きしているのに去ろうとしない登場人物たちの恋愛や人生の目的、幸せが綴られる。昨シーズン、パイロット版の製作が見送られたプロジェクトで、ネットワークに向け見直しされたという。

現時点ではジョニーが出演するのかどうか詳細は不明。脚本を手掛けるのは、『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』で脚本・プロデュースを担ったエイドリアン・ウェナーと、『Undateable(原題)』のマイク・ホバート。カントリー・ミュージック・デュオでフロリダ・ジョージア・ラインのメンバーでジョニーの友人でもあるブライアン・ケリー、俳優のスティーヴン・スネッデン(『ベター・コール・ソウル』)、ジャスティン・ハリウェル(『スパイキッズ:とくべつミッション』)が製作総指揮に名を連ねている。

最近ジョニーはプロデューサー業に力を入れている模様で、CBSの宗教をテーマにしたコメディドラマ『Living Biblically(原題)』や米Science Channelのコメディ番組『SciJinks(原題)』にも携わっている。

俳優としては、『ビッグバン★セオリー』が12シーズンで幕を閉じる前に、打ち切りとなった人気コメディドラマ『Roseanne(原題)』のスピンオフ『The Conners(原題)』に、デヴィッド・ヒーリー役で出演している。

ジョニーがプロデュースする『Bait and Tackle』に出演するキャストやシリーズ化が決定したとのニュースが入り次第、続報をお伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ビッグバン★セオリー ~ギークなボクらの恋愛法則』(c) Warner Bros. Entertainment Inc

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年11月21日 21:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『グッド・オーメンズ』原作者×『ハンニバル』クリエイターが贈る『アメリカン・ゴッズ』日本初放送!」です。

次のブログ記事は「『アメリカン・クライム・ストーリー』でビル・クリントン大統領を演じるのはあの英国俳優!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。