『ウォーキング・デッド』ユニバース第3弾、タイトル決定!新予告映像も公開

| コメント(0)

米AMCによる大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』。現在進められているユニバース第3弾となる新シリーズのタイトルが決定した。米TV Lineなどが報じている。

『ウォーキング・デッド』と、最初のスピンオフ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』に続く第3弾のタイトルは、『The Walking Dead: World Beyond(原題)』。同シリーズのショーランナーであるスコット・M・ギンプルが自身のInstagramで発表した。

「新たな『ウォーキング・デッド』の世界をお届けするため、数多くの才能豊かな人たちと製作に取り組んでいます」

台本と思われる表紙には、第1話のタイトル「Brave(勇敢な)」と書かれている。

オリジナル版で脚本・製作総指揮を務めているマット・ネグレテがギンプルと共同クリエイターに名を連ねる本作は、少女二人を主人公に、世紀末的な世界で育つ最初の世代に焦点をあてたシリーズ。英雄になる者もいれば、中にはヴィランになる者もいて最後には全登場人物が永遠に変わってしまい、良くも悪くも自身のアイデンティティを築いていくことになるという。

主人公の少女二人には、アレクサ・マンスール(『レジデント 型破りな天才研修医』)と、アリーヤ・ロイヤル(『Major Crimes ~重大犯罪課』)が演じる。また今回新たに、『MAD MENマッドメン』のマリー・カルヴェ役で知られるジュリア・オーモンドが、エリザベスという役で参加していることがわかった。

公開された予告映像では、黒服の軍を引き連れたリーダーであるエリザベスの姿が見られる。そして彼女は、「我々は、この世の最後の光であり、最後の希望なのです」と話している。


その他、ニコ・トルトレッラ(『ザ・フォロイング』)、ニコラス・カントゥ(『LEGO スター・ウォーズ/フリーメーカーの冒険』)、ハル・カムストン(『Bilched(原題)』)、アネット・マヘンドル(『ジ・アメリカンズ』)、ジョー・ホルト(『LAW & ORDER ロー&オーダー』)らの出演が発表されている。

まだまだその人気が衰えることはない『ウォーキング・デッド』ユニバース。全10話となる『The Walking Dead: World Beyond』は2020年春に放送開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『The Walking Dead: World Beyond(原題)』(c)Jojo Whilden/AMC

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年11月26日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【ネタばれ】『SHERLOCK』で死んだはずのあのキャスト、戻ってくる可能性はゼロじゃない!」です。

次のブログ記事は「『LUCIFER』スタッフが、命賭けのゲームが繰り広げられるロシアのアクションドラマをリメイク!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。