『キリング・イヴ』シーズン3に『ゲーム・オブ・スローンズ』のあの人が出演!

| コメント(0)

ルーク・ジェニングスによる小説のドラマ化となる英BBCのスパイドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』シーズン3に、『ゲーム・オブ・スローンズ』で活躍したあの人が出演することが明らかとなった。英Digital Spyが報じている。

『キリング・イヴ』は、美しく冷酷な暗殺者ヴィラネル(『女医フォスター』のジョディ・カマー)と優秀な捜査官イヴ(『グレイズ・アナトミー』のサンドラ・オー)とのスリリングな攻防をスタイリッシュかつユーモラスに描き大ヒット中のノンストップサスペンスで、強烈な個性を放つ女性キャラクター二人の共演が話題を呼んでいるシリーズ。

そのシーズン3に出演することになったのは、『ゲーム・オブ・スローンズ』で7章にわたり、鉄諸島の後継者として育てられた戦士ヤーラ・グレイジョイを演じたジェマ・ウィーランだ。

現時点でジェマが演じる役柄については伏せられているが、同時に『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』でイゴール・ カルカロフ役を演じ、時代劇ドラマ『ボルジア 欲望の系譜』にも出演しているプレドラグ・ビエラクが登場することも決定している。

サンドラとジョディの他に、諜報機関MI6所属のキャロリン役フィオナ・シヨウがシーズン3に続投し、スティーヴ・ペンバートン(『ホワイトチャペル 終わりなき殺意』)、ラージ・バジャージ(『クリスマス・プリンス:ロイヤルウェディング』)、ターロック・コンヴェリー(ドラマ版『レ・ミゼラブル』)、カミーユ・コッタン(『エージェント物語』)らが新キャストとして名を連ねているが、演じるキャラクターについては不明だ。

『ゲーム・オブ・スローンズ』のヤーラ役で注目されたジェマは、青春ダークコメディドラマ『このサイテーな世界の終わり』でユニス・ヌーン巡査役を演じ、米HBOの時代劇ドラマ『ジェントルマン・ジャック 紳士と呼ばれたレディ』にも出演。英コメディ番組『Horrible Histories(原題)』ではコミカルな演技を披露し、2020年以降は英新作コメディドラマ『Emma(原題)』をはじめとする4本が待機中だ。

『キリング・イヴ/Killing Eve』はすでにシーズン4まで更新が決定しており、ジェマが出演するシーズン3はBBCにて2020年に放送開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(C)2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Kumagai Tomokoが2019年11月18日 19:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【今週スタートの海外ドラマ】英国人気ミステリーや『NCIS:LA』の人気ドラマから注目の新作が登場」です。

次のブログ記事は「『シカゴ』シリーズ3作品、最も好条件の仕事はどれ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。