『SHERLOCK』のあの人、犯罪捜査ドラマ『エイリアニスト』の新シーズンに登場!

| コメント(0)

英人気ミステリードラマ『SHERLOCK/シャーロック』でアイリーン・アドラーを演じたララ・パルヴァーが、米TNTの犯罪ミステリードラマ『エイリアニスト』の新シーズンとなる『The Angel of Darkness(原題)』に出演することが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

『エイリアニスト』のシーズン1は、1994年に出版された米小説家ケイレブ・カーによる同名ベストセラー小説のドラマ化で、舞台は1896年のニューヨーク。異常犯罪が専門の精神科医ラズロー・クライズラー博士と、ニューヨーク・タイムズ紙のイラストレーターであるジョン・ムーアが、ニューヨーク市警の総監セオドア・ルーズベルトに依頼され、市警察の女性スタッフ、サラ・ハワードの協力を得ながら貧困層の少年を狙う連続殺人事件の捜査にあたる...というストーリーだった。

リミテッドシリーズとして製作される新シーズンは、1作目から3年後の1997年に発売されたカーによる同名の続編小説が下敷きとなる。前シーズンの1年後にサラが私立探偵事務所を立ち上げ、クライズラーとムーアの協力を得ながら殺人鬼を追い詰めていく展開になるとのこと。

ララが演じるのは、ジョンの婚約パーティで主人公たちと出会うカレン。クライズラーと同じくエイリアニスト(精神科医)である彼女は、その道のプロとして彼と特別な絆を結ぶことになるという。『SHERLOCK』でシャーロックにゲームを仕掛けるアイリーン役が印象的だったララが、今回もミステリー作品でほかのキャラクターとケミストリーを起こしてくれるかもしれない。

イギリス出身のララは、人気ヴァンパイアドラマ『トゥルーブラッド』にクロディーヌ役でゲスト出演したほか、歴史冒険ミステリードラマ『ダ・ヴィンチと禁断の謎』で3シーズンにわたりロレンツォ・デ・メディチの妻クラリーチェ・オルシーニ役でレギュラーを務めた。米ABCの犯罪捜査ドラマ『クワンティコ』や、アンソロジードラマ『フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ』にゲストとして登場し、2016年には舞台『Gypsy(原題)』の演技でローレンス・オリヴィエ賞助演女優賞(ミュージカル部門)を受賞したこともある実力派だ。

現時点では『The Angel of Darkness』の放送開始日は未定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK/シャーロック』で共演したベネディクト・カンバーバッチとララ・パルヴァー
(C) JMVM/FAMOUS

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年8月 9日 21:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「米FX『アトランタ』と『スノーフォール』が新シーズンへ更新決定!」です。

次のブログ記事は「『ビバヒル』シャナン・ドハティ、ルーク・ペリーの死でリバイバル版への考えを改めていた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。