『ビバヒル』シャナン・ドハティ、ルーク・ペリーの死でリバイバル版への考えを改めていた

| コメント(0)

1990年代に社会現象を巻き起こした青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』(以下『ビバヒル』)のリバイバル版『BH90210(原題)』が米FOXで8月7日(木)より放送中だが、オリジナルキャストが集結したこの復活版に、ブレンダ・ウォルシュ役で知られるシャナン・ドハティがもともと出演するつもりはなかったと明かしている。米TV Lineが報じた。

【関連記事】ルーク・ペリー、『ビバヒル』リバイバル版初期の製作に関わっていた

『BH90210』は、『ビバヒル』キャストのその後の実生活と、彼らの人間関係に影響を受けたストーリーが描かれる。

今月7日(水)、米TV批評家協会による夏のプレスツアーに姿を見せたシャナンがインタビューに応え、リバイバル版の出演について考えを改めたことを語っている。「参加するつもりは全然なかったの。私が出演するにしろしないにしろ番組がうまくいくことは明らかで、私は必要じゃなかった。だから、当初はやるつもりはなかったのよ。でもルークが亡くなった時、私の中で大きな心境の変化があって、(出演することは)彼を称える絶好の機会だと感じたの」とコメント。3月4日に脳卒中により52歳で還らぬ人となったオリジナル版の共演者、ディラン・マッケイ役のルーク・ペリーの死が、リバイバル版に出演するきっかけになったと明かした。

そして、実際にリバイバル版に出演したことにも後悔はないようだ。「私が大好きで尊敬している人たちと一緒に過ごせたし、出演を決めたことを嬉しく思っている。一緒に素晴らしい体験をすることで、私たち全員にとって大切な人を失ったことによる傷も癒せたから」

全6話となるリバイバル版にはシャナンのほかに、ブランドン・ウォルシュ役のジェイソン・プリーストリー、ケリー・テイラー役のジェニー・ガース、ドナ・マーティン役のトーリ・スペリング、アンドレア・ザッカーマン役のガブリエル・カーテリス、スティーブ・サンダース役のアイアン・ジーリング、デビッド・シルバー役のブライアン・オースティン・グリーンもカムバック。そして、シーズン2でブランドンのガールフレンド、エミリー・バレンタインを演じていたクリスティーン・エリスも数話にわたり登場する。

懐かしの青春スターが再集結する『BH90210』は、米FOXにて毎週水曜に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『BH90210(原題)』
TM & (c) 2019 CBS Studios Inc. All Rights Reserved.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年8月13日 20:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『SHERLOCK』のあの人、犯罪捜査ドラマ『エイリアニスト』の新シーズンに登場!」です。

次のブログ記事は「スーパーヒーロー役には○○○過ぎた『THIS IS US』マイロ・ヴィンティミリア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。