米CWで『ARROW/アロー』の新たなスピンオフの企画が浮上!

| コメント(0)

米CWは『ARROW/アロー』を皮切りに、これまでに『THE FLASH/フラッシュ』や『SUPERGIRL/スーパーガール』といったDCスーパーヒーロードラマを次々に生み出してきたが、『ARROW』の新たなスピンオフ企画が浮上していることが明らかとなった。英Digital Spyが報じている。


米TV批評家協会による夏のプレスツアーで、CWのマーク・ペドウィッツ社長が、新たなスピンオフを考えていると示唆していたという。「正直なところ、『ARROW』のスピンオフは確実に可能性があります。7年前にCWで『ARROW』の放送がスタートしましたが、本作が6本もの番組を生み出すと誰が思ったでしょうか。そのシリーズが全ユニバースを作り出したのですからね。これは本当に素晴らしい偉業で、今は何かを始める次のステップです。我々は、これらのフランチャイズとこのユニバースが何年も続くと信じているので、ファンが視聴し続けてくれるようなキャラクターを確保することが重要になります。どのようにユニバースが機能するかは、時が来ればわかるでしょう」と語っていた。

DCスーパーヒーローシリーズの本家となる『ARROW/アロー』は更新されたシーズン8で幕閉じを迎えることが発表され、そのファイナルシーズンは10月15日(火)より放送スタート。DCユニバースとなる『THE FLASH/フラッシュ』シーズン6は10月8日(火)、『SUPERGIRL/スーパーガール』シーズン5と新作ドラマ『Batwoman(原題)』シーズン1は10月6日(日)、『ブラックライトニング』シーズン3は10月7日(月)、『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン5は2020年1月よりCWにて放送開始予定。

そして、DCドラマシリーズのスーパーヒーローが集結するクロスオーバー・エピソードとなる"アローバース"が、12月から1月にかけて5話にわたり放送される。さらに、『Crisis on Infinite Earths(原題)』と題された今年のアローバースには、『ブラックライトニング』の主人公ブラックライトニングことジェファーソン・ピアース(クレス・ウィリアムズ)と、アニメ『バットマン』シリーズでバットマンの声を担ってきたケヴィン・コンロイがアニメ同様にバットマン/ブルース・ウェイン役で登場することも発表されている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』『SUPERGIRL/スーパーガール』のクロスオーバー・エピソード all pre-existing characters and elements TM and (c)DC Comics. (c)2017 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年8月 9日 21:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ゴシップガール』チェイス・クロフォード、リブート版に出演するなら〇〇を演じたい!」です。

次のブログ記事は「米FX『アトランタ』と『スノーフォール』が新シーズンへ更新決定!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。