2019年8月アーカイブ

2003年から続く米CBSの大ヒット犯罪捜査ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』。本国アメリカのみならず、日本でもFOXチャンネルで放送され話題を呼んだシーズン16の後の展開が少しずつ明らかになった。米TV Lineなどが報じている。(※本記事は、シーズン16までの重要なネタばれを含みますのでご注意ください)

【関連記事】【まとめ】ファンに惜しまれながらも『NCIS』シリーズを去ったキャラクター12人!

シーズン15をもってアビー・シュート役のポーリー・ペレットが降板し、注目され始まったシーズン16は本国アメリカで今年5月に終了したが、さらに話題を呼ぶこととなった。本作にシーズン3からシーズン10までレギュラー出演していたコート・デ・パブロが演じるジヴァ・ダヴィードが衝撃の復活を果たしたからだ。

ジヴァは、姿は見せなかったがシーズン13で死んだはずだった...。マイケル・ウェザリーが扮するアンソニー・"トニー"・ディノッゾ特別捜査官がNCISを辞職するきっかけにもなっていた。

そんな彼女が本作に復活し、アメリカで9月24日(火)にスタートするシーズン17でも、最低2話は出演する。製作総指揮のスティーヴン・D・バインダーとフランク・カルデアは、「少なくともコートには、これくらいは最低でも出てもらいたいという考えがありました。コートとの出演契約の2カ月前に連絡を取ったら、彼女は同意してくれたのです。本当に全てが順調に進みました」と語った。

さらに、復帰にあたってコートは、ジヴァに関して非常に具体的な見解を持っていたバインダーとカルデアは明らかにした。「(NCISを去った後の)ジヴァはイスラエルのモサドで働いていたかもしれないし、彼女のその後には様々な可能性があります。"あなたは危険にさらされている、挨拶している暇はない"と言いながら、ジヴァが階段を降りてきた...。そういう形が、ジヴァというキャラクターらしい登場の仕方だというのがコートのアイデアでした。驚きの中から、危険な場所から、そして今何が起きようとしているのか、混乱の真っ最中からのジヴァの登場、それがコートの意向だったのです」

結果的に、ジヴァの登場はそのようなコートの案が取りこまれて出来上がったという。またカルデアは、ジヴァとギブス(マーク・ハーモン)に迫る危機は、ジヴァが"死んだ"後のこの4、5年の間どこで何をしていたのか、何があったのかという謎に関連しているとも発言した。

ジヴァの復帰を喜ぶファンも多いだろう。それまでの経緯が語られるのも期待して待ちたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』
(c)2018 CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

英BBCが、"新たなシャーロック・ホームズ"とも言えるベストセラー小説のドラマ化『Vienna Blood(原題)』を製作し、英ミステリードラマ『SHERLOCK/シャーロック』の脚本家が参加することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】『SHERLOCK』マーティン・フリーマンがジョン・ワトソンを演じる上で苦労したこと

臨床心理士でもあるイギリス人作家フランク・タリスの小説を元にした『Vienna Blood』は、1900年代末のオーストリアはウィーンを舞台に、ジークムント・フロイトのもとで学ぶ聡明な若きイギリス人医師マックス・リバーマンが心理学の知識を生かし、オーストリア人のオスカー・ラインハルト刑事とタッグを組んで、ウィーンで起きる危険な事件の数々を解決していく様が描かれる。リバーマンが活躍する原作シリーズはこれまでに7作が出版され、世界14の言語に翻訳されているベストセラーだ。

リバーマンとラインハルトの関係が私立探偵のホームズと相棒で医師のワトソンを彷彿とさせる本作の脚本を執筆するのは、『SHERLOCK』で3話(「死を呼ぶ暗号」「ライヘンバッハ・ヒーロー」「三の兆候」)にわたりペンを取ったスティーヴ・トンプソン。

医師のリバーマン役には、実在の天才数学者アラン・チューリングの人生を描く『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』で暗号読解に取り組むチームの一人、ピーター・ヒルトンを演じたマシュー・ビアードに決定している。ちなみに同作の主演は『SHERLOCK』でホームズ役を演じるベネティクト・カンバーバッチ。そして、リバーマンと組むラインハルト刑事役に扮するのは、オーストリア出身でNetflixのサスペンスドラマ『パルファム -香りに魅入られた悪魔-』に出演するユルゲン・マウラー。

その他にはコンリース・ヒル(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、シャーリーン・マッケンナ(『リッパー・ストリート』)、アメリア・ブルモア(『ジェントルマン・ジャック 紳士と呼ばれたレディ』)、ジェシカ・デ・ゴウ(『ARROW/アロー』)もキャストに名を連ねる。

製作を手掛けるエンドール・プロダクションの取締役社長を務めるヒラリー・ビーヴァン・ジョーンズは、「歴史と美しさにあふれるウィーンを舞台にしたフランク・タリスの素晴らしい小説に命を与えることができることを誇りに思います。マシュー・ビアードとユルゲン・マウラーはフレッシュでユニークなケミストリーを醸し出しており、国際色あふれる素晴らしいキャストが揃いました」と自信を覗かせる。原作者のタリスは「推理と精神分析には多くの共通点があります。ジークムント・フロイトとシャーロック・ホームズの生業は根本的に同じなのです」と述べている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK/シャーロック』
(c) Hartswood Films

世界中で社会現象を巻き起こすほどの大ヒットとなったドラマ『ブレイキング・バッド』。先日ティザー映像が公開された映画版について、ジェシー・ピンクマン役で主演するアーロン・ポールがその内容に衝撃を受けたと発言した。米Cinemablendが報じている。

【関連記事】アーロン・ポール、ジェシーとして夢を見るほど『ブレイキング・バッド』にハマっていた!

10月11日(金)にNetflixで配信される『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE(原題:El Camino: A Breaking Bad Movie)』というタイトルの映画版。本作は、オリジナル版で主人公だったウォルター・ホワイト(ブライアン・クランストン)の相棒で、ファイナルシーズンの最終話で捕らわれの身だったジェシー・ピンクマンが自由になったその後が描かれる。概要には、「捕らわれの身からの劇的な脱出をきっかけに、ジェシー・ピンクマンは未来を築くため自分の過去を受け入れなければならない」と書かれている

この映画の内容について、アーロンは米New York Timesに対し次のようにコメントしている。「この映画は、僕自身がやりたかったと認識していなかった『ブレイキング・バッド』のある一章なんだ。今これが出来上がって、本当に嬉しいよ」

今年3月に「映画版の話なんて聞いてない」とコメントしていたアーロンだが、実は2年前にクリエイターのヴィンス・ギリガンから聞いていたことも打ち明けた。「ヴィンスとの会話の最後で、彼はどこから映画の物語を始めるかアイデアがあると言ったんだ。そして、それをどう思うか僕に聞いたんだよ。だから、炎の中でもどこでもヴィンスの思いについていくと言ったんだ」

ギリガンがプロデューサーと脚本、そして監督も担当する映画版だが、その台本を受け取ったアーロンは声を失ったという。「30秒か60秒くらい声が出なかったよ。ジェシーを演じた人間として、ヴィンスがこの旅路に僕を連れてきてくれたことをとても幸せに思っているよ」

衝撃的な内容になりそうなこの作品だが、アーロンとティザー映像に登場したスキニー・ピート役のチャールズ・ベイカーの他にオリジナル版からどのキャストが出演するのかは明らかになっていない。だが、アーロン曰く「僕が言えるのは、これを見ればファンのみんなはとても喜ぶだろうということ」だそうだ。

まだまだヴェールに包まれた『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』。配信日が待ちきれないファンも多いことだろう。続報が入り次第、お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:アーロン・ポール(『ブレイキング・バッド』)
(c)Frank Ockenfels/AMC

マーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズなどで知られるジェームズ・ガン監督がワーナー・ブラザースで製作するDC映画『The Suicide Squad(原題)』に、大ヒット犯罪捜査ドラマ『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』のキャッスル役でお馴染みのネイサン・フィリオンが出演することが分かった。米Deadlineなどが報じた。

【関連記事】『キャッスル』打ち切りに対するキャストの反応は?

2016年にデヴィッド・エアーが監督・脚本を担当した『スーサイド・スクワッド』のリブートとなる本作で、ネイサンがどのような役を演じるかは現段階では明かされていない。ネイサンは実はガン作品の常連で、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で声の出演をしていたほか、『スリザー』『スーパー!』にも参加している。DC作品に出演するのも今回が初めてではなく、2011年にアニメ『グリーン・ランタン エメラルド・ナイト』で主人公グリーン・ランタンの声を担当していた。現在は米ABCの刑事ドラマ『The Rookie(原題)』に主演しており、シーズン2が9月29日(日)から放送される予定だ。

ネイサンに続いて、『New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士』『コミ・カレ!!』など数々のコメディドラマに出演し、ガン監督作の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』で端役を演じていたコメディアンのスティーヴ・エイジーがキングシャーク役で出演することも発表された。キングシャークは米CWの『THE FLASH/フラッシュ』にも登場している有名なヴィランだ。

本作には2016年版に続いてハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビー、アマンダ・ウォラー役のヴィオラ・デイヴィス、キャプテン・ブーメラン役のジェイ・コートニー、リック・フラッグ大佐役のジョエル・キナマンが出演。そして新キャストとしてポルカドットマン役のデヴィッド・ダストマルチャン(『MACGYVER/マクガイバー』)、ラットキャッチャー役のダニエラ・メルシオール、さらに役柄は不明だが、イドリス・エルバ(『刑事ジョン・ルーサー』)、フルーラ・ボルク(『カウンターパート/暗躍する分身』)、ジョン・シナ(『バンブルビー』)、ストーム・リード(『シカゴ P.D.』)も出演することが明らかになっている。

製作のピーター・サフラン(『アクアマン』)は以前、「『Suicide Squad 2』ではなく、定冠詞の付いた『The Suicide Squad』。(2016年版の)続編ではない」とコメントしており、前作と同じキャストがいても新しい物語として描くとしている。撮影は9月末にスタートし、来年1月末までジョージア州アトランタにて行われる予定。

『The Suicide Squad』は、2021年8月6日(金)より全米公開。(海外ドラマNAVI)

Photo:ネイサン・フィリオン
(C)FAM009/FAMOUS

世界で最も有名な名探偵シャーロック・ホームズの冒険を大胆にアレンジした大ヒットドラマ『SHERLOCK/シャーロック』がDlifeで無料初放送! 9月2日(月)21:00よりシーズン1~3の吹替版&字幕版が一挙に放送されることになった。それに合わせて、豪華プレゼントのキャンペーンも実施される。

【関連記事】『SHERLOCK シャーロック』必聴セリフ~シャーロックの暴言編【1】~

アーサー・コナン・ドイルによる原作の舞台である19世紀のロンドンから時を超えて21世紀によみがえったシャーロックが、相棒ジョン・ワトソンとともに数々の難事件に挑む本作は、2010年から英BBCで放送されると瞬く間に大きな反響を呼び、本国のBAFTA(英国アカデミー賞)をはじめ、エミー賞やゴールデン・グローブ賞も賑わせた。2015年には番外編『忌まわしき花嫁』が作られ、日本でも劇場公開されている。主役コンビを演じるベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンは世界的な知名度を獲得し、そろってマーベル映画に出演、マーティンは日本のCMにも起用されるほどの人気者となった。

現代を舞台にしているため、原作と違って新聞ではなくインターネットを情報源とし、電報ではなくメールでやり取りし、馬車ではなくタクシーを使うシャーロック。そんな大胆なアレンジがされている一方で、クリエイターが原作ファンなだけあって、シャーロックの毒舌は健在だったり、シャーロックとジョンの熱い友情が描かれるほか、ジョンの古傷がある箇所は果たして肩なのか脚なのかといった原作ファンならクスッとするような小ネタも満載だ。原作シリーズ1作目の「緋色の研究」を皮切りに、「バスカヴィル家の犬」「四人の署名」「ボヘミアの醜聞」「最後の事件」などの有名なストーリーが新しい解釈で映像化されている。

今回の放送を記念してキャンペーンも実施。9月2日(月)21:00からの第1話放送中に、Dlife公式ツイッターをフォローの上、「#Dlifeでシャーロック」というハッシュタグをつけてツイートすると、本作の見どころ動画が届く。さらに抽選で、ジョンの声優を務める森川智之さんのサイン入りのオリジナルノートが20名様に当たる。詳しくはDlife公式Twitterなどでご確認を。

『SHERLOCK/シャーロック』シーズン1~3 放送情報
9月2日(月)よりDlifeにてスタート
[二]毎週月曜 21:00~(再放送:毎週日曜 14:00~)
[字]毎週金曜 24:00~
※オリジナル90分版を前編・後編に分けて放送

(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK/シャーロック』
(c) Hartswood Films

1994年から10シーズンにわたり米NBCで放送されたシットコム『フレンズ』。放送終了から15年経った今でも人気の衰えない本作で、あのキャラクターがもう少しで退場させられるところだったことが明らかとなった。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】今まで誰も気づかなかった!? 『フレンズ』米再放送でジェニファー・アニストンの代役が映り込むアクシデント!

90年代のポップカルチャーに詳しい作家ソウル・オスターリッツによる、『フレンズ』について綴られた著書「Generation Friends」で、レイチェル・グリーンを演じたジェニファー・アニストンが降板に追い込まれそうになっていたことが明かされていたという。

なんでも、『フレンズ』に出演し始めた当時、ジェニファーは米CBSの新作コメディドラマ『Muddling Through(原題)』のエピソードを数話撮影済みで、このシリーズが成功したら、『フレンズ』からジェニファーを退場させなければならない可能性があったとのこと。

そこで、NBCは『Muddling Through』が人気番組にならないよう、同時間帯に視聴率を稼げることで知られている作家ダニエル・スティール原作のTV映画を放送。その結果、CBSの新作ドラマの視聴者になりそうな人々がNBCのTV映画に切り替えたためか、『Muddling Through』の視聴率は伸び悩み、最終的にシリーズはキャンセルに...。こうして、ジェニファーはレイチェル役で続投し、『フレンズ』は米ドラマ史に名を刻む大ヒットシリーズになったというわけだ。

今年で放送開始から25周年を迎える『フレンズ』は、9月下旬に選りすぐりの12話がアメリカの一部の劇場で公開される予定。そのエピソードに加えて未公開映像や秘蔵インタビューなども盛り込まれるとのことで、ファンにとっては嬉しいイベントとなりそうだ。

また、8月から9月にかけてイギリスで開催されるファンイベント「Friendsfest」では、シリーズに登場するジョーイとチャンドラーのアパートや、キャストが集まるカフェ「セントラル・パーク」などのセットに加えてシリーズにまつわる屋台なども立ち並び、数々の催し物も楽しめるそうだ。

そして、日本でもイベントが開催される。レアアイテム満載のアニーバーサリー仕様ブルーレイBOX発売のほか、人気エピソード投票&記念上映会の実施、またお馴染みのカウチ&テーブルが来日する。(海外ドラマNAVI)

Photo:『フレンズ』
TM & (c) 2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

米HBOの大ヒット大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』でスターク家の一員を演じたキャストたちが、マーベルの新作映画『Eternals(原題)』で再共演することが明らかとなった。米Hollywood Reporterが報じている。

【関連記事】【まとめ】複数のマーベルキャラクターを演じた俳優20人(前編)

『Eternals』は、セレスティアルズと呼ばれる宇宙の神々が人間の遺伝子を操作して生み出した二つの種族、長寿の種族エターナルズと邪悪な種族ディヴィアンツが繰り広げる戦いを描く。

8月23日(金)から26日(月)にかけて行われたイベント「D23 Expo」の中でマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が、『ゲーム・オブ・スローンズ』で全八章にわたりジョン・スノウを演じたキット・ハリントンが、『Eternals』に剣の達人ブラックナイトことデーン・ウィットマン役で出演することを発表した。すでに本作には『ゲーム・オブ・スローンズ』でジョンの異母兄弟とされていたロブ・スタークに扮したリチャード・マッデンがエターナルズのイカリス役に決まっており、スターク家の面々がマーベルの新作映画で再共演を果たすことになった。

ファイギはさらに、マーベル映画『キャプテン・マーベル』でクリー族の戦士ミン・エルヴァを演じたジェンマ・チャンが、エターナルズのセルシ役で出演することも発表した。その他に出演が決定しているのはアンジェリーナ・ジョリー(『マレフィセント』)、サルマ・ハエック(『フリーダ』)、クメイル・ナンジアニ(『シリコンバレー』)など。

キットは米HBOで『ゲーム・オブ・スローンズ』のファイナルシーズンが放送終了した直後の5月末、ストレスとアルコールの問題により更生施設に入所したと報じられたが、リハビリは短期で終了したようで、6月半ばには街なかを歩いている姿を目撃されていた。マーベルの大作映画への出演が決定したということは、その後も順調に回復していたようだ。キットは第71回エミー賞ドラマ部門主演男優賞にノミネートされている。

中国出身の女性監督クロエ・ジャオがメガホンを取る『Eternals』は、全米で2020年11月6日(金)に公開予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』スターク家の紋章
(c)2012 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

米ABCのマーベルドラマ『エージェント・オブ・シールド』でシーズン1からS.H.I.E.L.D.のエージェントであるメリンダ・メイを演じてきたミンナ・ウェンが、『スター・ウォーズ』のドラマシリーズ『The Mandalorian(原題)』に出演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】シーズン7で終了する『エージェント・オブ・シールド』キャストたちの反応は...

8月23日(金)から26日(月)にかけて行われたイベント「D23 Expo」で、ミンナが『The Mandalorian(原題)』に出演することが発表され、本人も喜びを語った。「ディズニーのボブ・アイガー社長が私の出演を発表してくれて、このことについて話せることを心待ちにしていたのでワクワクしています。『スター・ウォーズ』が大好きなオタク少女の夢が叶う喜びは、理解できないでしょう」とコメント。彼女が演じるキャラクターについては伏せられているが、「間違いなく、農民は演じないわ!」とも付け加えた。

全10話となる『The Mandalorian』の舞台は、賞金稼ぎのジャンゴ&ボバ・フェットの物語が終わり、帝国崩壊後とファースト・オーダーが誕生する前のマンダロリアン。時代設定は、映画『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』(1983年)と『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年)の間となり、ニュー・リパブリックの権力から遠く離れた銀河にも及ばない場所に存在する、孤独なガンマンの苦悩が描かれるという。

すでに主人公のガンマン役には、『ゲーム・オブ・スローンズ』のオベリン・マーテル役や、Netflixオリジナルドラマ『ナルコス』のハビエル・ペーニャ捜査官役でお馴じみのペドロ・パスカルがキャスティングされている。その他、ニック・ノルティ(『サウス・キャロライナ/愛と追憶の彼方』)、元格闘家のジーナ・カラーノ(『デッドプール』)も出演する。

『The Mandalorian』で脚本&製作総指揮を手掛けるのは、映画『アイアンマン』でメガホンを取り、同シリーズとトム・ホランド版『スパイダーマン』シリーズでハッピー・ホーガンを演じているジョン・ファヴロー。アニメシリーズ『クローン・ウォーズ』や『反乱者たち』を手掛けたデイヴ・フィローニが第1話でメガホンを取り、『ジュラシック・ワールド』のブライス・ダラス・ハワード、『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ、『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のデボラ・チョウらもエピソード監督に名を連ねている。

ハリウッドでアジア系女優を代表する存在となったミンナは、中国系移民を描く映画『ジョイ・ラック・クラブ』(1993年)の主演で注目され、大ヒット医療ドラマ『ER 緊急救命室』にジン・メイ・チェン役で6シーズンにわたりレギュラー出演。『エージェント・オブ・シールド』への出演やアニメ映画『ムーラン』シリーズで主人公ムーランの声を演じ、今年ディズニー・レジェンド入りを果たした。その他、ファンタジードラマ『ユーリカ ~地図にない街~』や法律ドラマ『ボストン・リーガル』などにも登場して活躍している。

『The Mandalorian』は、配信サービスDisney+が開始する11月12日(火)同日にスタート予定。また、ファイナルを迎える『エージェント・オブ・シールド』シーズン7は、ABCにて2020年に放送スタート予定。日本ではファイナルに向け見逃せないシーズン6が、9月14日(土)よりWOWOWプライムにて放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:ミンナ・ウェン
(c)Faye Sadou/Famous

―どんな家庭にも人には決して見せられない秘密がある― 大人気サスペンス・コメディドラマ『デスパレートな妻たち』のメアリー・アリス・ヤング役で知られるブレンダ・ストロングがナレーターを務める実録犯罪ドラマ『血族~秘められた欲望と殺意~(原題:Blood Is Thicker)』が、女性チャンネル♪LaLa TVにて独占日本初放送するが決定した。

【関連記事】【その他】終了から5年!『デスパレートな妻たち』の出演者は今?

『血族~秘められた欲望と殺意~』は、質の高いノンフィクション番組を制作しているディスカバリー・チャンネルをはじめとする専門チャンネルを運営する米Discoveryが贈る実話ベースの犯罪や日常に潜むミステリーを追うミステリー専門チャンネル「ID(アイ・ディー)」の人気番組。家族間で起こった殺人事件を調査する実録犯罪ドラマシリーズで、一見、完璧に見える家族に潜むほの暗い秘密、憤り、裏切り...、さらに愛情がやがて嫉妬、欲望、そして殺意へ変わっていく様を描く。

第1話となる「未熟な相続人」では、弁護士のジムが妻と3人の美しい娘を養いながら優雅に暮らしていた。しかし、欲に目がくらんだ人物が射殺事件を起こす。第2話「我、汝を殺める」は、建設請負業者のアルバートが、2児の母と結婚。4人で新しい家庭を築くが、家族の一人が妊娠したことで、射殺事件が起きる。

『デスパレートな妻たち』でもナレーターを務めたブレンダが、本作でもナレーションで本作を盛り上げる。

■『血族~秘められた欲望と殺意~』放送情報

女性チャンネル♪LaLa TVにて(全12話)
9月18日(水)より
毎週水曜 23:00~
毎週木曜 24:00~

(海外ドラマNAVI)

Photo:『血族~秘められた欲望と殺意~』
(c)Discovery Communications

米ABCの大人気法廷サスペンスドラマ『殺人を無罪にする方法』で主人公辣腕弁護士アナリーズ・キーティングを演じるヴィオラ・デイヴィスが、新作ドラマで元ファーストレディのミシェル・オバマを演じることがわかった。米Varietyなどが報じている。

【関連記事】『殺人を無罪にする方法』がシーズン6で終了へ。ヴィオラ・デイヴィスがコメント

ヴィオラは、米Showtimeにて製作される『First Ladies(原題)』というタイトルのシリーズに出演。1時間のドラマで、小説家アーロン・クーリーが3話分の脚本と製作総指揮を務める。

本作は、歴代のファーストレディの個人的および政治的生活の裏側に迫ったドラマで、歴史上最も世界に衝撃を与え、世の中を変えるほどの決議が下されたホワイトハウスのウェストウィングとは対照的に、カリスマ性があり複雑でダイナミックなファーストレディたちによって取り仕切られたイーストウィング、通称大統領夫人の執務室にフォーカスする。そしてシーズン1は、エレノア・ルーズベルト、ベティ・フォード、そしてミシェル・オバマに焦点を当て、物語が展開される。

ミシェル・オバマは、2016年のロマンス伝記映画『サウスサイドであなたと』でフィーチャーされており、その時はチカ・サンプター(『ソニック・ザ・ムービー』)がオバマ夫人を演じていた。

オバマ夫妻は、最近設立したプロダクション会社ハイアー・グラウンド・プロダクションズを通じて、映像コンテンツ製作への飛躍を進めている。今年の5月には、米Netflixとの契約を結んでおり、ドラマやリアリティ番組の製作に携わっていくと発表した。

これまでのところ、同社のオリジナルコンテンツは政治に直接関係するものではなく、第二次世界大戦後のニューヨークを舞台に、ファッションの世界を生きる富裕層と庶民を描いた『Bloom(原題)』や、作家デイヴィッド・W・ブライトがピューリッツァー賞を受賞した小説「Frederick Douglass: Prophet of Freedom(原題)」の映画化などの製作が発表されている。

ヴィオラが主演する『殺人を無罪にする方法』は、今年9月26日(木)から米国で放送されるシーズン6を最後に、幕を閉じることが決まっており、ヴィオラは2020年前半にはスケジュールが空くため、そのタイミングでこの新作に取り掛かるという。

以前ヴィオラはインタビューで、「物語を語る上で自律性と戦わないといけないと思っています。(私のプロダクションであるジュヴィー・プロダクションでは)白人が主役で、(黒人である)私は後ろの一人を演じるというような作品にだけ出演するということはないからです」と述べており、オバマ夫人という世界でも影響力を持っている黒人女性を演じることに意気込みを持っていると思われる。『First Ladies』の続報が入り次第、お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ヴィオラ・デイヴィス
(c)Hubert Boesl/FAMOUS
ミシェル・オバマ
(c)NYKC

日本でシーズン2が放送中の大ヒット医療ドラマ『シカゴ・メッド』。本国アメリカで9月下旬から始まるシーズン5に、マーベルドラマ『エージェント・オブ・シールド』のシーズン5でカシウス役を演じていたイラン出身のドミニク・レインズが出演することが分かった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】大人気『シカゴ』シリーズから一挙に3人の降板が決定!! キャストがコメントを投稿

ドミニクが演じるのは、ルイジアナからシカゴに越してきたクロケット・マーセル医師。ギャンブルと酒好きで、パーティ三昧の私生活だが、朝になればちゃんと医師としての務めを果たすというカッコいいキャラクターだ。ゲスト出演でスタートする予定だが、今後レギュラーに昇格する可能性もあるという。ドミニクは、『24 -TWENTY FOUR-』『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』『フラッシュフォワード』『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』といったドラマに端役で出演していた。

『シカゴ・メッド』では、コナー・ローズ医師役のコリン・ドネルが降板することが決まっている。コリンは4月にSNSで「ごめん、(降板は)本当なんだ。『シカゴ・メッド』と#OneChicagoファミリーのみんなを心から愛してるよ」などと、ファンや仲間への感謝の気持ちを綴っていた。そして7月下旬には、自身の撮影が終了したことを報告。ニック・ゲルファス(ウィル・ハルステッド役)、ブライアン・ティー(イーサン・チョイ役)とのスリーショット画像とともに、「昨日の夜、コナー・ローズにお別れしたよ。この写真は、僕が赤ん坊みたいに泣いたりしていなかった数少ない一枚なんだ。このキャスト、スタッフ、そして『シカゴ・メッド』という作品は僕にとって本当に大きなものだった。これから飛行機に乗りながら写真を見返して、泣き笑いしちゃうだろうな」とメッセージを添えていた。

コリン演じるローズ医師はシーズン5の初回だけは出演する模様。旅立つキャラクターと新たに登場するキャラクターのどちらも気になる『シカゴ・メッド』シーズン5は、米NBCで9月25日(水)よりスタート。日本ではシーズン2が、NHK BSプレミアムにて毎週金曜23:45より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『エージェント・オブ・シールド』(ドミニク・レインズのInstagramより)

大人気医療ドラマ『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』で8シーズンにわたり気難しい天才医師グレゴリー・ハウスを演じたヒュー・ローリーが、英BBCの新作スリラードラマ『Roadkill(原題)』で政治家を演じることが明らかとなった。

【関連記事】一風変わったメディカルドラマ『ドクター・ハウス』放送開始から15年。キャストの近況は?

4部構成となる『Roadkill』は個人の道徳観と政治の力関係を探るスリラーで、ヒューは恥ずべき私生活が明るみになっても罪悪感を抱かず、情け容赦ないカリスマ的な保守党の政府大臣ピーター・ローレンスを演じる。ローレンスは、イギリスの保守党党首選挙に勝利して首相になったボリス・ジョンソンをモデルにしているわけではないとのことだが、類似点は否めないようだ。

本シリーズでクリエイターを務めるのは脚本家としてだけでなく戯曲家としても活躍し、ケイト・ウィンスレットが主演した映画『愛を読むひと』でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたデヴィッド・ヘア。マイケル・キーラー(『ライン・オブ・デューティ』)が監督を務め、ヘアとキーラーと共同製作総指揮に名を連ねるのはジョージ・フェイバー(『コラテラル 真実の行方』)、マーク・パイバス(『恋する女たち』)、ルーシー・リッチャー(『英国スキャンダル ~セックスと陰謀のソープ事件』)。

1987年にヒューと一緒に仕事をしたことがあるというヘアは彼について、「巧みなコメディアンから堂々としたドラマチックな俳優へと変貌を遂げた」と称賛している。

イギリス出身のヒューは『Dr.HOUSE』で人気俳優の仲間入りを果たし、ジョン・ル・カレの人気スパイ小説をドラマ化したミニシリーズ『ナイト・マネジャー』で製作総指揮を担いながら、冷酷な武器商人リチャード・ローパーを演じて絶賛され、ゴールデン・グローブ賞ミニシリーズ/テレビ ムービー部門にて助演男優賞を受賞。再び医師役で主演した米Huluのドラマ『Chance(原題)』は2シーズンで打ち切られてしまったが、米HBOのコメディドラマ『Veep/ヴィープ』や、ジョージ・クルーニーが監督・製作総指揮・出演を担う米Huluの新作ドラマ『Catch-22(原題)』にも出演。宇宙を舞台にした新作コメディ『Avenue5(原題)』の製作や、今年後半に欧州と全米で公開される映画『The Personal History of David Copperfield(原題)』にも参加している。(海外ドラマ)

Photo:ヒュー・ローリー(『ナイト・マネジャー』)
(c) Des Willie/AMC

DCの人気ドラマ『ARROW/アロー』や『THE FLASH/フラッシュ』でおなじみのヒーロー&ヴィランが夢の競演を果たす『レジェンド・オブ・トゥモロー』。来年1月から米国でシーズン5の放送がスタートするが、この新シーズンをもって二人のレギュラーキャストが降板することが明らかになった。米Deadlineが伝えた。

【関連記事】【ネタばれ】アローバースに登場するイケメン&美女の悪役(ヴィラン)まとめ

このほど降板が決まったのは、アトムことレイ・パーマー役のブランドン・ラウスと、ノラ・ダーク役のコートニー・フォード。製作総指揮のフィル・クレマー、グレイニー・ゴッドフリー、ケト・シミズは「ブランドンとコートニーは、『レジェンド』ファミリーのとても大切なメンバーです。常に彼らのキャラクターとこのドラマに対し、私たちが深く感嘆するほどの情熱をもたらし、共に作品作りをしてくれたことに感謝しきれません」とコメントを寄せた。

二人の降板は、クリエイティブな理由によるものとのこと。10月から彼らが参加する最後の撮影が行われる予定だが、シーズン5のどのタイミングで去るのかは、現時点では明かされていない。

またプロデューサーたちによれば、タイムシップの"ウェーブライダー"から離れたエピソードで将来的に二人が復帰する可能性は残されているという。「私たちは二人のキャラクターが大好きです。今後、シップを降りた二人の人生がどのようになっているのか、確認できればと思っています」

コートニー演じるノラは、悪役ダミアン・ダーク(ニール・マクドノー)の娘で、シーズン3で初登場。シーズン4でレギュラーに昇格したばかりだった。

また、年末にはアローバースのクロスオーバー「Crisis on Infinite Earths(原題)」が放送されるが、ブランドンはこのエピソードでスーパーマンに扮することが発表されている。ブランドンにとっては、2006年公開の映画『スーパーマン リターンズ』以来、13年ぶりのスーパーマン役となる。だがこのニュースで気になるところは、世界観を共有しているアローバースの一つ『SUPERGIRL/スーパーガール』に、すでにタイラー・ホークリンが演じるスーパーマンがいることだ。どのようにブランドンのスーパーマンが登場するのか―、また二人のスーパーマンは並ぶのか―、どのように展開されるのだろうか。

『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン5は、米CWにて2020年1月から放送予定。視聴記録やレビューは、【海外ドラマNAVI作品データベース】をチェック。(海外ドラマNAVI)

Photo:『レジェンド・オブ・トゥモロー』
(c) and TM DC Comics (c) Warner Bros. Ent. Inc.

ドラマ版『リーサル・ウェポン』でクリエイターを務めたマット・ミラーと脚本・製作総指揮を担ったアレックス・トーブが手掛けるのは、『Dead Eddie(原題)』と題された犯罪捜査ドラマのパイロット版だ。

【関連記事】海外ドラマとして復活を果たした『リーサル・ウェポン』の魅力

ドラマ版『リーサル・ウェポン』でクリエイターを務めたマット・ミラーと脚本・製作総指揮を担ったアレックス・トーブが手掛けるのは、『Dead Eddie(原題)』と題された犯罪捜査ドラマのパイロット版だ。

警官から私立探偵に転向し、臨死体験を味わった人間嫌いのエディー・バナが死者と会話できる能力を身に着け、好意で死者が現実世界でやり残したことを捜査するのだが、その捜査には常に代償が伴う展開になる。

ミラーとトーブが脚本・製作総指揮を手掛ける。これまでにミラーは、不老不死の天才監察医が主人公の犯罪捜査ドラマ『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』でクリエイターを務め、スパイコメディドラマ『CHUCK/チャック』、犯罪アクションドラマ『ヒューマン・ターゲット』、ファンタジー・ミステリードラマ『666 パーク・アベニュー NYの悪夢』などで製作総指揮を担っている。

一方のトーブは、リーガル・ドラメディ『私はラブ・リーガル』で脚本・製作総指揮を兼任し、復讐ドラマ『リベンジ』や恋愛コメディドラマ『ハート・オブ・ディクシー ドクターハートの診療日記』などでもペンを執っている。

『リーサル・ウェポン』は、主人公マーティン・リッグスを演じたクレイン・クロフォードによる撮影中の態度が問題となり、シーズン2でクレインは解雇。シーズン3からはショーン・ウィリアム・スコット(『アメリカン・パイ』シリーズ)が新キャラクターとなるウェスリー・コール役を務め、リッグスの相棒マータフ刑事の新パートナーに。しかし、マータフ役のデイモン・ウェイアンズもシーズン3で降板することを発表し、シリーズは新シーズンへは更新されずに打ち切りが発表された。

『リーサル・ウェポン』の運命は下降線を辿ってしまったが、ミラーとトーブが取り組む新作ドラマがシリーズ化されるかどうか今後の動向を見守っていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『リーサル・ウェポン』
(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

海外ドラマNAVIでは、編集部がおすすめする新シリーズ(再放送も含む場合もあり)を週ごとにご紹介。8月最後の週は、ユネスコの「世界の記憶」に登録もされた暗号で書いた日記をモチーフに綴られる『ジェントルマン・ジャック 紳士と呼ばれたレディ』が日本初放送。お見逃しなく!

【関連記事】【まとめ】女性の友情に注目したいドラマ7選

8月26日(月)から9月1日(日)スタートのおすすめドラマは以下の通り。

■8月26日(月)
・23:00~『ザ・ラストシップ』シーズン3(AXN)
『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイ製作総指揮。史上最悪の伝染病に襲われた世界を舞台に、治療薬の発見を託された米海軍駆逐艦の苦難に満ちた戦いをスリリングに描く。前シーズンの衝撃的なラストから続く新シーズンは、トム・チャンドラー率いるアメリカ海軍駆逐艦ネイサン・ジェームズのクルーたちがアジアへ意識を向けるところから始まる。また、ストーリーの鍵を握る伝説の海賊タケハヤ役として真田広之が出演。

■8月29日(木)
・23:00~『ジェントルマン・ジャック 紳士と呼ばれたレディ』(スターチャンネル)
近代最初のレズビアン"とも言われるアン・リスターが暗号で書いた日記をモチーフに、彼女の波乱万丈な半生を英BBC×米HBOがタッグを組んで完全ドラマ化。舞台は、1832年英ヨークシャー。世界各国を旅してきたアン・リスターが故郷ハリファックスへ帰ってきた。恋人との別れに胸を痛めながらも、シブデン館の再興に乗り出していく彼女を取り巻く、家族、使用人、借地人、ライバル、そして彼女の妻になる女性との関係を波乱万丈に描く。

・23:00~『インスティンクト-異常犯罪捜査-』シーズン2(WOWOWプライム)
映画『チョコレートドーナツ』や『グッド・ワイフ』のアラン・カミング主演&製作総指揮。主人公である大学教授兼作家のディラン博士は、同性の夫がいる元CIAスパイ。膨大な知識に加えて鋭い観察眼・分析力を持ち、ニューヨーク市警のコンサルタントとして刑事リジーの相棒として異常事件に挑む新シーズン。

あなたは、これまでの人生でどれだけ海ドラに費やしていますか? 【海外ドラマデータベース】でチェックしてみよう!(海外ドラマNAVI)

Photo:
『インスティンクト-異常犯罪捜査-』シーズン2
(c)MMXIX CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.
『ジェントルマン・ジャック 紳士と呼ばれたレディ』
(c) 2019 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved. HBO (R) and all related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc..

大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』にシーズン4からロジータ役で出演しているクリスチャン・セラトスが、ラテン系シンガーを描く音楽伝記ドラマ『Selena: The Series(原題)』の主演として交渉中だと米Deadlineほか複数のメディアが報じている。出演が決定すれば『ウォーキング・デッド』から降板する可能性もあるようだ。

【関連記事】【ネタばれ】きっかけは不和や不満?人気TVシリーズキャストのショッキングな降板劇6選

本作は、テハーノ音楽の女王として知られたメキシコ系アメリカ人歌手のセレナ・キンタニーヤを描く音楽伝記ドラマ。セレナはラテン系音楽業界の大物アーティストの一人で、シンガーソングライターとしてだけでなく女優やモデル、ファッションデザイナーとしても活躍。しかし1995年、自身のファンクラブ会長であるビジネスパートナーを着服により解雇した後、相手に撃たれて23歳の若さで帰らぬ人となった。セレナの人生は1997年の映画『セレナ』でも綴られており、そちらでは人気歌手であり女優のジェニファー・ロペスがセレナを演じている。

クリスチャンがそのセレナを演じることになると、『ウォーキング・デッド』でレギュラーを務め続けることは厳しくなるかもしれない。米Uproxxによれば、『ウォーキング・デッド』シーズン10の撮影が終わるのは11月だが、『Selena: The Series』は9月から撮影を開始するからだ。とはいえ、音楽ドラマ『STAR 夢の代償』のモイゼス・サモラが脚本を担当するこの新作ドラマは2シーズンしか予定されていないので、そちらに出演している間はロジータがしばらく消えるものの、のちに戻ってくるという展開にする選択肢もあるだろう。新シーズンでのロジータは娘を出産して母親になっているので、しばらく姿を消す流れにするのもそう難しくはないのかもしれない。

『ウォーキング・デッド』のロジータ役で注目されたクリスチャンは、ヴァンパイア青春映画『トワイライト』シリーズでアンジェラを演じたほか、『アメリカン・ホラー・ストーリー』や『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』にゲスト出演している。『ウォーキング・デッド』シーズン10ではすでにミショーン役のダナイ・グリラが降板することが報じられているが、ロジータもその後に続くのだろうか?(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン10
(c)2019 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

更新されたシーズン15をもって幕を閉じることになった大人気犯罪捜査ドラマ『クリミナル・ マインド FBI行動分析課』でエミリー・プレンティス捜査官を演じるパジェット・ブリュースターが、米CBSの人気シットコムに出演することがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】更新か打ち切りか...米ドラマシリーズの行方をチェック!【CBS編】

カリフォルニア州ナパ・バレーを舞台にした『Mom(原題)』は、シングルマザーのクリスティが、気まぐれな母親ボニーに対処しながら自分の人生を立て直していく姿が描かれる。

パジェットはシーズン7に出演し、クリスティが勤める法律事務所の新しい上司ヴェロニカ・ストーンを演じる。大きな期待を抱く快活なヴェロニカは要求が激しいシニア・パートナーで、彼女はクリスティに怒鳴り散らす展開になるという。

主人公クリスティを演じるのは、クリス・プラットの元妻でホラー・コメディ映画『最終絶叫計画』シリーズのシンディ役で知られ、アニメ映画『アルビン』シリーズでジャネットの声を演じるアンナ・ファリス。ボニー役には、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』の演技でアカデミー賞助演女優賞に輝き、性の考察ドラマ『マスターズ・オブ・セックス』などに出演しているアリソン・ジャネイ。

パジェットは、大人気シットコム『フレンズ』でチャンドラーが密かに恋するジョーイのガールフレンドであるキャシー役で注目され、『Huff ~ドクターは中年症候群』や『ハーパー★ボーイズ』などのドラマシリーズにゲスト出演。人気アニメシリーズ『American Dad!(原題)』や『ダックテイルズ』では声優を務めている。

パジェットが出演する『Mom』シーズン7のエピソードは、CBSにて10月10日(木)に放送される予定。またレギュラー出演している『クリミナル・ マインド FBI行動分析課』は、ファイナルに向け見逃せないシーズン14がWOWOWプライムにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:パジェット・ブリュースター(『クリミナル・ マインド FBI行動分析課』)
(c)ABC Studios

米ABCの大人気サバイバルドラマ『LOST』のジョン・ロック役で知られるテリー・オクィンが同局にカムバックし、新作スリラードラマ『Emergence(原題)』にレギュラー出演することが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】『LOST』テリー・オクィン、「もう1シーズン番組が続いてほしかった!」

『Emergence』は、謎が残る事故現場で発見され、何が起こったのか記憶がない被害者の子どもを引き取った女性警察署長が事故の真相を追求するにつれ、想像だにしなかった陰謀に巻き込まれていく...というストーリー。

テリーは、多様性に満ち広範囲にわたる技術を誇る会社オーガー・インダストリーでトップを務めるリチャード・キンドレッドを演じる。魅力的だが無慈悲なキンドレッドは成り上がりの億万長者で、彼がのし上がっていく段階で数多くの専門家や個人が犠牲になり、会社と評判を守るためならなら手段をいとわない...という設定だ。

すでに主人公の警察署長役には、ドラマ版『FARGO/ファーゴ』や犯罪アクション・ドラメディ『グッドガールズ:崖っぷちの女たち』などに出演しているアリソン・トルマンが決定している。

その他にキャスティングに名を連ねるのは、オウェイン・イオマン(『メンタリスト』)、アシュリー・アウフダーハイデ(『ジーサンズ はじめての強盗』)、ロバート・ベイリー・Jr(『ナイトシフト 真夜中の救命医』)、ザブリナ・ゲバラ(『GOTHAM/ゴッサム』)、ドナルド・フェイソン(『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』)、クランシー・ブラウン(『バスターのバラード』)。

ミシェル・ファゼカス(『エージェント・カーター』)、タラ・バターズ(『よみがえり ~レザレクション~』)、ポール・マクギガン(『SHERLOCK/シャーロック』)らが製作総指揮を務める。また、ファゼカスとバターズは脚本も担う。

『LOST』の終了後テリーは、人気犯罪捜査ドラマ『HAWAII FIVE-0』やSFアクションドラマ『フォーリング スカイズ』にゲスト出演。1シーズンでキャンセルになったABCのファンタジー・ミステリードラマ『666 パーク・アベニュー NYの悪夢』や、米Amazon Prime Videoのオリジナル異色スパイドラマ『パトリオット ~特命諜報員 ジョン・タヴナー~』にレギュラー出演していた。(海外ドラマNAVI)

Photo:『LOST』
(C)ABC Studios.

人気ミステリー『SHERLOCK/シャーロック』でジェームズ・モリアーティを演じたアンドリュー・スコットが、米HBOの新作ダークファンタジードラマ『His Dark Materials(原題)』のシーズン2に出演することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】『SHERLOCK』シーズン5はいつに? 気になるマーティン・フリーマンの不満

『His Dark Materials』はフィリップ・プルマンによるファンタジー小説3部作「ライラの冒険」のドラマ化で、科学と神学と魔法が入り交じったパラレルワールドに住む少女ライラの冒険が描かれる。

今月20日(火)に『His Dark Materials』の公式Twitterページが、本作に出演するリン=マヌエル・ミランダ(『メリー・ポピンズ リターンズ』)とアンドリューの画像を投稿し、二人が共演することを発表した。

アンドリューは、ジョパリと呼ばれるジョン・パリー大佐を演じる。小説でのジョパリは偶然ライラの世界へ迷い込み、著名な学者かつ呪術師になるというキャラクター。彼の分身となる動物"ダイモン"はミサゴだ。

シーズン1から出演するリンは、テキサスの気球乗りであるリー・スコーズビー役。ほかには、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ)がパラレルワールドと現実世界を隔てる壁を壊してオーソリティを打倒しようとするアスリエル卿、ルース・ウィルソン(『アフェア 情事の行方』)が残忍かつ冷酷なマリサ・コールターを演じる。

製作総指揮に名を連ねるのはジェーン・トランター(『ダ・ヴィンチと禁断の謎』)、ジュリー・ガードナー(『アンデッド』)、トビー・エメリッヒ(『ホビット』シリーズ)、キャロリン・ブラックウッド(『ホビット』シリーズ)ほか。

このシリーズは、小説3部作の第1巻「黄金の羅針盤」を映画化した『ライラの冒険 黄金の羅針盤』が2007年に公開され、ダニエル・クレイグ(『007』シリーズ)、ニコール・キッドマン(『ビッグ・リトル・ライズ』)も出演していたが、シリーズ化には至らなかった。一方ドラマ版は米HBOで今年シーズン1が放送開始予定で、すでにシーズン2製作が決定している。

『SHERLOCK』で一躍有名になったアンドリューは、最近では英コメディドラマ『Fleabag フリーバッグ』シーズン2で司祭役としてレギュラーを務めたほか、『ブラック・ミラー』シーズン5にも登場。歴史ドラマ『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』や『007 スペクター』といった作品にも姿を見せている。(海外ドラマNAVI)

Photo:アンドリュー・スコット(『SHERLOCK/シャーロック』)
(c)Hartwood Films 2016

全身をタトゥーで覆われ高い戦闘力を持つ謎の女性が、FBI捜査官と事件を解決する、全米視聴率ナンバー1を獲得したクライムサスペンス『ブラインドスポット』。シーズン3が10月25日(金)よりAXNにてCS初放送となる。

【関連記事】女優たちがすべてを賭けた"格闘"が見どころ!!『ブラインドスポット』シリーズの知られざる魅力に迫る。

記憶喪失の主人公ジェーンが、FBI捜査官とともに自身のタトゥーの謎を解きながら事件を解決する人気ドラマの第3弾。前シーズンでジェーンの正体はテロ組織"サンドストーム"に所属していたレミーと判明したが、ジェーンはFBI捜査官のカートやチームと協力して組織を壊滅。事件は解決したかに思われたが、ジェーンの体に新たなタトゥーが現れる...。シーズン3では、それらのタトゥーが新たな犯罪と関係することが分かり、ジェーンは再びタトゥーの解読に乗り出す。また、組織に加担していた危険人物であるジェーンの弟ロマンによる復讐が始まり、彼女と仲間を追い詰めていく。

迫力のある爆発シーンや銃撃戦など、先の読めない手に汗握る緊迫感が満載。さらに、ジェーンや仲間の葛藤も描かれ、深みのあるストーリーに仕上がっている。

なおシーズン3の放送に先駆けて、過去2シーズンを一挙放送。10月1日(火)深夜2:30より毎週月曜~土曜の深夜に再放送される。

テロ組織"サンドストーム"との戦いの後、ジェーンとカートは結婚し、カートの娘ベサニーを二人で育てていたが、幸せな日々は突然終わりを迎える。"サンドストーム"の支持者がジェーンに懸賞金をかけたことが判明し、家族に危害が及ぶのを恐れたジェーンが姿を消したのだ。その1年半後、リード、ザパタ、パターソンが何者かに拉致される。カートがジェーンの居場所を捜し当て、拉致犯が残した箱の中にあった金属を彼女の首に当てると、新たなタトゥーが浮かび上がるのだった...。

『ブラインドスポット』シーズン3
[字]10月25日(金)23:00~
[二]10月28日(月)11:00~

(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブラインドスポット』シーズン3
(c) Warner Bros. Entertainment, Inc.

人気スパイドラマ『コバート・アフェア』で5シーズンにわたり、主人公CIA諜報員アニー・ウォーカーを演じたパイパー・ペラーボが、ゴシックホラードラマ『ナイトメア ~血塗られた秘密~』の続編に出演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】オーギー&ジェイが『コバート・アフェア』を語る! クリストファー・ゴーラム&センディル・ラママーシー、来日インタビュー!

『ナイトメア』の続編となる『Penny Dreadful: City of Angels(原題)』は、1938年のロサンゼルスが舞台。街を恐怖に陥れた凶悪な殺人事件にティアゴ・ヴェガ刑事が巻き込まれ、ティアゴと彼の家族は一家を引き裂く強大な力に脅かされることになる...というストーリー。

パイパーは、ピーター・クラフト医師の妻リンダ・クラフトを演じ、夫に失望しているリンダは制限がある郊外の生活に退屈しているという役どころ。ピーター役には、オリジナル版『ナイトメア』にクリーチャー役で出演したロリー・キニアがキャスティングされている。

主人公ヴェガ刑事を演じるのは、『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』などに出演しているダニエル・ザヴァット。その他、ロサンゼルス市議会の交通委員会で委員長を務めるチャールトン・タウンゼント役でマイケル・グラディス(『MAD MEN マッドメン』)、魔女マグダの姉妹にナタリー・ドーマー(『ゲーム・オブ・スローンズ』)とロレンツァ・イッツォ(『ルイスと不思議の時計』)、ドイツの建築家リチャード・ゴス役にトーマス・クレッチマン(『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』)、リチャード・ゴスの運転手兼ボディガードのカート役にミニク・シャーウッド(『シャドウハンター:The Mortal Instruments』)、ドイツ系アメリカ人協会の副次長を務めるハーマン・アッカーマン役にイーサン・ペック(『スター・トレック:ディスカバリー』)、ロサンゼルス市警官ルイス・ミッチェナー役でネイサン・レイン(『グッド・ワイフ』)が出演する。

2000年に公開された青春サクセス映画『コヨーテ・アグリー』の主演で注目されたパイパーは主に映画界で活躍し、ファンタジー・ミステリー映画『プレステージ』やロマンチックコメディ映画『恋とスフレと娘とわたし』などに出演。その後、『コバート・アフェア』で本格的にドラマ界に進出。最近はNetflixのコメディドラマ『ターン・アップ・チャーリー ~人生アゲていこう!~』で、イドリス・エルバ(『刑事ジョン・ルーサー』)と共演している。

パイパーが新しくキャストに加わった『Penny Dreadful: City of Angels』は、米Showtimeで製作され、今年の後半に撮影が開始される予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:パイパー・ペラーボ
(c)NYKC

英BBCの政治ドラマ『英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件』で、実在した英国自由党の党首ジェレミー・ソープを演じたヒュー・グラントが、政界デビューを考えたことがあると明かしている。米Varietyが報じた。

【関連記事】英国俳優File #1:『モーリス』から『英国スキャンダル』まで。人間臭い役ならおまかせのヒュー・グラント

インターネットラジオ局iHeartの番組『The Big Ticket』に出演したヒューが、「正直なところ、政界進出を少し考えたことがあるんだ」と発言。「あまりにも不正行為が横行しすぎているし、これまで長い間我慢していたけど、自分の家族が苦しむことは望まない。自分はどうでもいいが、家族のことが心配なんだ」とコメントし、家族のためにより良い世界を求めていると語った。

政治家になることを考えたことがあるというヒューは、実は以前に不正行為に立ち向かっている。2011年にメディア王ルパート・マードックが所有する「ニュース・インターナショナル」社の傘下にあった英タブロイド紙News of the Worldが、政治家やセレブの電話を盗聴しているとの疑惑が浮上し、同紙をはじめとするタブロイド紙に悩まされていたヒューが反撃に出ることに。隠しマイクを装着したヒューは、News of the Worldの編集者ポール・マクマランから盗聴の事実を聞き出し、同紙を廃刊に追い込んだのだ。

そして、1960年代後半に英国で実際に起きた政治家の衝撃的なスキャンダル「ソープ事件」を描くドラマシリーズ『英国スキャンダル』で政治家を演じたヒューは、エミー賞、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞(BAFTA)の主演男優賞にそれぞれノミネート。本作では、後に英国自由党の党首となる下院議員ジェレミー・ソープと、同性愛の関係にあった美青年ノーマン(ベン・ウィショー)の愛憎関係が描かれている。

ヒューは、ジーン・ハンフ・コレリッツの小説「You Should Have Known」をドラマ化する米HBOの新ミニシリーズ『The Undoing(原題)』でニコール・キッドマン(『ビッグ・リトル・ライズ』)と共演し、ガイ・リッチーが監督を務める犯罪サクション映画『The Gentlemen(原題)』が待機中と多忙を極めているため、今のところは政界にデビューする時間の余裕はなさそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ヒュー・グラント
(c) NYPW/FAMOUS

米FOXが8月上旬から放送している『BH90210(原題)』は、『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』で輝いていたキャストたちのその後を追ったコメディ・ドラマ。ちなみにタイトルの90210は、ビバリーヒルズ一角の郵便番号から。すっかり大人になった懐かしのメインキャストたちが一堂に会するが、ともに過ごした青春の日々とは何やら雰囲気が違うようで...。

【関連記事】リブート版『ビバヒル』初回、米FOX夏の新作で最高の視聴率を記録!

出演者のその後を追うメタ・コメディ

本作はモキュメンタリーと呼ばれる、まるでドキュメンタリーのようなタッチのフィクションでつづられる。シリーズ30周年を記念するトークショーに呼ばれ、かつてのキャストたちがラスベガスに集まったという設定だ。

女性陣からの参加者は、トーリ・スペリング(ファッションセンスにあふれていたドナ役)、ジェニー・ガース(美人で鳴らしたケリー役)、ガブリエル・カーテリス(頭脳明晰で優等生のアンドレア役)たち。男性陣としては、ブライアン・オースティン・グリーン(年下で弟キャラのデビッド役)とアイアン・ジーリング(お調子者のスティーブ役)が久々の顔合わせに参加。しかし、皆の顔を見渡したリーダー格のジェイソン・プリーストリー(ブランドン役)は、「これはきまりが悪いな」とボソリ。キラキラしていた青春時代の面影はどこへやら、全員がすっかり中年の俳優たちになっていたのだ。

残酷な時の流れにグチは止まらず

久々のリブートの報に、往年のファンならば心ときめくような思いをしたのではないだろうか。本作の登場について米Entertainment Weeklyは、愛にあふれたファンサービスだと述べている。オリジナルメンバーが久々にテレビ画面で楽しめることとなった。

しかし、時の流れは残酷なもの。もちろん会場に詰めかけたファンたちにとっては永遠のスターだが、かつてほどの栄光を感じないことは本人たちが一番良く知るところだ。かつての花型演者たちが経験する人生の苦悩に当モキュメンタリーは迫る。司会を務めていた番組の打ち切りや、ほかの俳優との諍い、そして3度目の離婚など...。もちろんすべて劇中の架空の設定だが、スターたちの思わぬ迷いと自虐に、自然と笑みがこぼれることだろう。

不安に揺れる大物スターたち

かつての栄光とは違った一面を扱う本シリーズ。辛辣かつ愉快な作品だ、とEntertainment Weeklyは表現している。希望に輝いていた若きキャストたちは、いまや人生の不安に揺れる年代に突入。青春時代を演じたかつてのスターの変わりようを観ていると、笑いと複雑な心境が同時にやってくるかもしれない。

いまでもファンたちの前では笑顔を絶やさないキャストの面々だが、ステージを降りれば生身の人間としての生活が待っている。メンバーは実生活での別人のような生活を代わるがわるグチる、と米New York Post紙は紹介。ラッパーのまま年を重ねてしまったことを自虐気味に語ったり、学歴詐称を明かしてみたりと、久々に再会したかつての仲間たちの話題は尽きない。大物俳優だからといって決して高飛車にならないキャストたち。等身大の苦悩を抱えた彼らの姿が、温かな笑いを誘う。

往年のファン必見の『BH90210』は、米FOXにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『BH90210』
TM & (c) 2019 CBS Studios Inc. All Rights Reserved.

米CWの人気ヒーロードラマ『ARROW/アロー』で、主人公アローことオリーバー・クイーンを演じているスティーヴン・アメル。残念ながら同作は終了することが報じられたが、次回作が明らかになった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】スティーヴン・アメルが明かした『ARROW』のお気に入りシーズンとは?

スティーヴンが主演を務める次回作は、米Starzが製作する独立系プロレス団体を描いた『Heels(原題)』というタイトルの新作ドラマ。1話1時間の全8話構成で製作される本作において、スティーヴンは主役のヒールことジャック・スペイドを演じる。

このドラマは、小さな町のプロレス界で奮闘する男女が夢を追う姿を描いた物語。ジョージア州を舞台に、プロレス団体を経営していた亡き父親の後を巡って、息子たちとライバルが遺産を巡って奮闘する。リングの上では、誰かがヒーロー、誰かが悪者を演じなければならないもの。そして悪者は、スティーヴン演じるヒールだった...。

だが現実の世界では、リング上のキャラクターを演じきるのは難しい。プロレスの世界では、ヒールはカリスマ性のあるヴィランだが、彼の本当の姿は真面目に働く会社の経営者であり、夫であり、不可能な夢だと知りつつもなんとか日々の生活のために稼ごうと頑張る父親でもある。戦士のような体を持ちながら、中身はアーティストのようであり、まるでスティーブ・ジョブズのようになんでも管理したがる完璧主義者でもある。そして自身のプロレス団体帝国を築き上げるためには、どんなことでもすると発言するような人物がヒールだ。そんな彼は、家庭や兄弟たちとの家族関係を顧みず、野望のためにどこまでやるのだろうか...というストーリー。

スティーヴンは自身のTwitterで、この報道をリツイート。プロレスラーで『ARROW』にも本人役で出演したことがあるコディ・ローズ(『ウェアハウス13 ~秘密の倉庫 事件ファイル~』)宛に、「コディ・ローズ、このドラマのことで手伝ってくれるかい?」とツイートした。

『Heels』は、2017年の初めにパラマウント・テレビジョンにより米Starzでのプロジェクトがスタートした。そして全8話でのシリーズ化がすぐに決定。脚本を手掛けるのは、ディズニーの新配信サービスDisney+で製作されるマーベル映画『マイティ・ソー』シリーズのロキを主人公にしたドラマ『Loki(原題)』のマイケル・ウォルドロン。彼は映画『マックス・ペイン』のジュリー・ヨーンやマイク・オマリーらと共に製作総指揮にも名を連ねる。

アローの姿が見られなくなってしまうのは残念だが、スティーヴンのプロレスラー姿も楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:スティーヴン・アメル
(c)Faye S/Famous

最終章が本年度第71回エミー賞で史上最多となる32ノミネート果たした大ヒット大河ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。あるキャストがスタッフから偽の台本を渡され"ドッキリ"を仕掛けられていたと明かした。米Comicbookが報じている。

【関連記事】【ネタばれ】『ゲーム・オブ・スローンズ』でショッキングだったキャラクターの死12選

その罠にかかってしまったのは、グレイジョイ家の生き残りシオンを演じたアルフィー・アレン。シオンは、第一章から最終章まで生き残った数少ない主要人物の一人で、傲慢ながらもどこか憎めないところがあるキャラクターだ。だがアルフィー本人は、ショーランナーたちの悪巧みのせいで第二章の途中でシオンが死ぬものだと何週間も思っていたと告白した。

夜のトーク番組「The Late Late Show with James Corden(原題)」に出演したアルフィー。当時のことを振り返り、「第二章で、変なスピーチをするシーンがあったんだ。そのスピーチの終わりにブラン(・スターク)が来て、"ここはお前のではない、俺のウィンターフェルだ"と言って、僕を刺すんだ。それで敗北を喫して成り行きに任せたんだ。最後の撮影が終わって3週間くらいたった時かな。みんながクリエイターたちに、"フェイクの台本を渡していることをアルフィーに言わないとダメだよ。だって死んだと思っているから次の撮影に来ないよ"と言ってくれたようでね」と語り、その後電話がかかり撮影に呼ばれて、実はアルフィーのもらっていた台本は偽物のエンディングだったことが判明したという。

さらに、キャストへのいたずらこれだけではなかったようだ。「キット(・ハリントン)演じるジョン・スノウは、ホワイト・ウォーカーに髪を焼かれてしまうという台本になっていたよ。だから、そのあとのジョン・スノウはスキンヘッドのカツラを被って最後まで戦うっていう役になっていたんだ」と、同じような"ドッキリ"が仕掛けられていたと明かした。キットがそれをどこまで信じていたかは不明だが、司会者も「誰もそんなハゲたジョン・スノウなんて見たくないよね」と答えた。

シリアスな作品の中で、そのようないたずらが横行していたとは驚きの今回の告白。現在は本作の前日譚と言われるスピンオフが製作されているが、果たしてこちらのスピンオフでも"ドッキリ"恒例行事は続くのだろうか。『ゲーム・オブ・スローンズ』の視聴記録やレビューは、【海外ドラマNAVI作品データベース】をチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(c)2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

人気リーガルドラマ『グッド・ワイフ』のイーライ・ゴールド役で知られるアラン・カミングが主演する米CBSの犯罪捜査ドラマ『インスティンクト -異常犯罪捜査-』が、シーズン2で打ち切られることが明らかとなった。関係者がキャンセルについてコメントを発している。米Deadlineが報じた。

【関連記事】更新か打ち切りか...米ドラマシリーズの行方をチェック!【CBS編】

『インスティンクト』は、米ベストセラー作家で『ZOO -暴走地区-』『コレクター』『スパイダー』といったドラマや映画の原作者でもあるジェームズ・パターソンの小説をドラマ化したシリーズ。元CIAのディラン博士(アラン)とニューヨーク市警のリジー(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ『デビル』)がコンビを組み、異常犯罪を捜査する姿がスタイリッシュかつコミカル描かれる。

2018年3月からシーズン1の放送が始まると、わずか2カ月でシーズン2への更新が決定した本作だが、シーズン1では1000万人を数えることもあった視聴者数がシーズン2に入ると400万人に達さず、CBSはシーズン3への更新を保留にしていた。そして、ノア・ワイリー(『ER 緊急救命室』)主演ドラマ『The Red Line(原題)』、米軍を舞台にした新作ドラマ『The Code(原題)』、犯罪アクションドラマ『Ransom(原題)』に続き、キャンセルされることが決定してしまった。

『インスティンクト』でクリエイターを務めるマイケル・ローチは、「『インスティンクト』が、シーズン3に更新されないというニュースを伝えるのは悲しい。(現地時間の)8月25日に放送される、シリーズ最後を飾るシーズン2の最終話はパワーが倍増だ。私が望んだ以上にディランとリジーを体現してくれたアランとボヤナに感謝したい」と自身のTwitterでキャンセルを発表。

自身も同性愛者であるアランは自身のInstagramに、「大手TV局で初めてゲイの主役を演じられたことを誇りに思っている。『インスティンクト』のおかげで何百万人もの人が同性婚が描かれるのを目にするだろう。その過程で多くの人が考えを改めて心を開いてくれることを願っている」と投稿し、画期的なキャラクターを演じられたことに感謝の意を示している。

そしてリジー役のボヤナは、「すごく残念だけど、一つのドアが閉じたら他のドアが開くものよ...、なんてやっぱり言いたくないわ。だって本当にガッカリしたから。ファンと素晴らしいキャストとスタッフに愛を。みんな、素晴らしい2年間をありがとう」とツイートしている。

(海外ドラマNAVI)

Photo:『インスティンクト2 -異常犯罪捜査-』
(c)MMXIX CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

ギャングも一目置く凄腕の彼女に舞い込んだ新たな仕事は、甘く危険な罠だった―。『ゲーム・オブ・スローンズ』『ビッグ・リトル・ライズ』の米HBOが贈る裏社会に生きる女の甘く危険な仕事を描くエロティッククライムアクション『JETT/ジェット』が、9月よりスターチャンネルにて独占日本初放送となる。

【関連記事】スターチャンネルでは、本年度エミー賞ノミネートの実録ドラマ『チェルノブイリ』も9月より独占日本初放送

本国アメリカで今年6月から放送された本作は、破格のスケールと高いクオリティで多くの人々に支持されるドラマを作り続けているHBOが手掛ける。スリリングかつサスペンスフル、スタイリッシュでエロティックな一級のクライムアクションに仕上がっている。

主人公は、ルパン三世やダニー・オーシャンを彷彿とさせる華麗な手腕で危険な仕事を鮮やかにこなすデイジー・"ジェット"・コワルスキー。彼女は仮釈放されたばかりで、シングルマザーでもあることから幼い娘アリスと同居する親友のマリアと"堅気の暮らし"を望んでいるが、すぐに元雇い主で情夫でもあるチャーリー・ボードレアから、新たな仕事の依頼を受ける。彼女が以前のパートナーで今は服役中の金庫破りクインを口実に仕事を断るが、チャーリーは手下のベニーらを使って刑務所長の妻の人質に取り、服役中のクインを脱獄させてしまう。そして、ジェットとクインは危険なゲームに乗り出すことに...。

主人公デイジー・"ジェット"・コワルスキーを演じるのは、映画『スパイ・キッズ』シリーズや『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』で知られるカーラ・グジーノ。ジェットの元雇い主チャーリー役には、『ブレイキング・バッド』でガスを演じたジャンカルロ・エスポジート。その他、『ワンダーウーマン』のエレナ・アナヤ、『ブラックリスト』のマイケル・アロノフ、『アリー・myラブ』のギル・ベローズなどが出演する。

本作で監督&脚本&製作総指揮を務めるのは、また、ハル・ベリー主演の『ゴシカ』やサミュエル・L・ジャクソン主演の『スネーク・フライト』の脚本を手掛けたセバスチャン・グティエレス。ハリウッドの最前線で活躍するキャスト&スタッフが集結している。

張り巡らされた罠や裏切りに次ぐ裏切りが彼女を窮地に陥れる...。誰が味方で誰が敵か、二転三転する先の読めない展開に釘づけになるに違いない。

■『JETT/ジェット』放送情報

BS10 スターチャンネルにて(全9話)
【STAR2 字幕版】 9月13日(金)より 毎週金曜よる11:00
 ※9月13日(金)第1話は無料放送
【STAR3 二カ国語版】 9月18日(水)より 毎週水曜よる10:00
 ※9月18日(水)第1話は無料放送

Amazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」でも、9月20日(金)より配信開始。(毎週金曜日に1話ずつ更新)

(海外ドラマNAVI)

Photo:『JETT/ジェット』
(c) 2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. Cinemax(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

ディズニーの人気キャラクターに"もし子孫がいたら?"という斬新なアイデアから生まれたディズニー・チャンネルの人気オリジナル・ムービー最新作『ディセンダント3』。9月13日(金)よりディズニー公式エンターテイメントサービス「ディズニーデラックス(Disney DELUXE)」で先行配信される本作で、マル役のダヴ・キャメロンとともに、ジェイ役のブーブー・スチュワートも来日することが決定した。

【関連記事】アメリカ人気ドラマランキング、ケーブルは仲間の死を乗り越えて...『ディセンダント3』が全米を沸かせる!

本作は、ディズニーでおなじみの悪役たち(ディズニー・ヴィランズ)の子どもをメインキャラクターにしたミュージカルの第3弾。ダヴが2年ぶり2度目の来日を果たすことが先日発表されていたが、仲間の一人がそこに加わることになった。『アラジン』の悪役ジャファーの息子ジェイを演じるブーブーは、母方が日本の血を引く25歳。今回が初来日となる。過去には『トワイライト』『X-MEN』といった人気の映画シリーズに出演したほか、『CSI』『GRIMM/グリム』などの大ヒットドラマでゲストを務めていた。父のニルス・アレン・スチュワート、妹のファイヴェル・スチュワートも同業者という俳優一家だ。日本では、ダヴとともにファンイベントにも参加してくれるのではないだろうか。

『ディセンダント3』にはダヴとブーブーの他に、ソフィア・カーソン(イヴィ役)、キャメロン・ボイス(カルロス役)、ミッチェル・ホープ(ベン役)、チャイナ・アン・マクレイン(ユマ役)、サラ・ジェフリー(オードリー役)、トーマス・ドハーティ(ハリー役)、ディラン・プレイフェア(ギル役)らが続投している。

また、新たに登場するキャラクターとして、『ピーター・パン』のフック船長の手下スミーの双子の息子スクイーキー(クリスチャン・コンバリー)とスクワーミー(ルーク・ロースラー)、『ヘラクレス』の死者の神ハデス(シャイアン・ジャクソン)、『プリンセスと魔法のキス』の悪役ドクター・ファシリエ(ジャマール・シムズ)、その娘セリア(ジェイダ・マリー)が姿を見せる。

本作は本国アメリカでも大人気だ。8月2日(金)の初放送の視聴人数が、初日放送後3日間の録画視聴も含めると1500万人に到達、ミュージックビデオの再生回数は放送後5日間で1億1100万回を超えるなど、大きな記録を打ち立てている。主な記録は以下の通り。

・全米初回放送後3日間の録画視聴は合計で1500万人以上。『ディセンダント2』以来の記録となった。
・『ディセンダント2』以来となる、過去2年間のキッズ層(※)向けのケーブルテレビ放送の中で視聴率第1位を獲得。
・キッズ層のみならず、170万人の18~49歳の女性を含む、250万人を超える大人層も視聴。
・iTunes TV storeにおいても全ジャンルのテレビ番組の中で1位を獲得。
・サウンドトラックはiTunesのアルバムチャートで第1位。またiTunesのサントラ部門チャートでも第1位を獲得した。
・ミュージックビデオは放送後わずか5日間で1億1,100万回以上再生。

※視聴者数内訳:キッズ6~11歳(270万人)、トゥイーン9~14歳(250万人)、女児6~11歳(190万人)、女児9~14歳(180万人)

(海外ドラマNAVI)

Photo:『ディセンダント3』
(c)Disney

リアルタイムでストーリーが進行するという斬新な設定で世界的な大ヒットとなり、日本でも海外ドラマ人気の火付け役となった、犯罪アクションドラマ『24-TWENTY FOUR-』。海外ドラマの金字塔と称される本作を生み出した米FOXが、再び同じスタイルのドラマを製作する可能性はあるのだろうか!? その点についてFOXの重役が応え、米Deadlineが報じている。

【関連記事】ジャック・バウアーだけじゃない!『24』を語る上で欠かせない「24人」

『24』は、CTU(テロ対策ユニット)のロサンゼルス支局に務めるジャック・バウアー捜査官が、テロの脅威に果敢に挑んでいく姿を追うアクションドラマシリーズで、2001年より8シーズンにわたり放送された。『24』がほかの作品と一線を画し、大ヒットを記録した要因のひとつは、なんといってもその斬新な設定だろう。キーファー・サザーランド演じるCTU捜査官のジャック・バウアーがテロ事件の解決に挑む24時間がそのままドラマとして描かれており、1話で1時間だけ時間が進行する。全24話で1日を描くというTVドラマの可能性を大いに広げた作品として、今なお根強い人気を誇っている。

以前にFOXはジャック・バウアーの若かりし頃を描く前日譚シリーズと、オリジナル版と同じく1話が1時間というリアルタイムで物語が進行し、弁護士を主人公にしたリーガル版スピンオフの企画を進めていた。

しかし、両作ともにパイロット版すら製作されずに企画倒れになり、今後に『24』スタイルのドラマが製作される可能性があるのか、FOXエンターテイメントのマイケル・ソーン社長が米TV批評家協会による夏のプレスツアーで答えている。

「我々はその可能性にオープンです。まだ何も正式には決まっていませんが、20世紀FOX TVとプロデューサーと話し合いをしていて、他の復活シリーズを生み出そうとしているところです。リブートを製作したいという強い願いがあり、そのことについて話を進めています」とコメントし、FOXとしては何らかの形で『24』を復活させるつもりはあるようだ。

オリジナル版はキーファー・サザーランド(『サバイバー:宿命の大統領』)が主演し、2014年にはミニシリーズ『24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ』として復活。そして2017年には、新たな主人公エリック・カーター役にコーリー・ホーキンズ(『ウォーキング・デッド』)を迎えてスピンオフ版『24 -TWENTY FOUR- レガシー』が製作されたが、シーズン1で打ち切りとなっている。

果たして、近いうちに『24-TWENTY FOUR-』が復活するニュースを耳にできるのか、今後の動向に注目していきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『24-TWENTY FOUR-』
(C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』ユニバース第3弾となる新シリーズの製作が決定したことは以前お伝えしたとおり。すでに決まっている主要キャストに加えて、さらなる配役が発表された。米Deadlineなどが報じている。

【関連記事】終了した『ウォーキング・デッド』原作コミックスには、別の結末があった!

『ウォーキング・デッド』と、スピンオフ第1作『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』に続くタイトル未定の本作は、二人の若い女性を主人公に、世紀末的な世界で育つ最初の世代に焦点を当てたシリーズになると言われている。

今回報じられたキャストは、『LAW & ORDER ロー&オーダー』でシーズン10から14まで登場したリチャード・ハードウィック役や、『スキャンダル』の国防長官役などで知られるジョー・ホルト。ジョーは、家族思いで人々から尊敬されている教授レオ・ベネットを演じる。ベネットは優しい心の持ち主で、未来に確固たる希望を見出しており、愛する人々のためなら自分の命もいとわないという人物だ。

この新作では、第一報で報じられたアレクサ・マンスール(『レジデント 型破りな天才研修医』)、ニコラス・カントゥ(『LEGO スター・ウォーズ/フリーメーカーの冒険』)、ハル・カムストン(『Bilched(原題)』)の他に、ニコ・トルトレッタ(『ザ・フォロイング』)、アネット・マヘンドル(『ジ・アメリカンズ』)、アリーヤ・ロイヤル(『Major Crimes ~重大犯罪課』)の出演も報じられている。

アレクサは、善良で既存のルールを壊していく今を生きる少女ホープを演じる。一見面白くて人から好かれるタイプだが、内に悲しみを抱えているキャラクターだという。現在15歳のニコラス演じるエルトンというキャラクターは、実年齢よりも幼い、空手の黒帯を持つ人懐こくて大人びた性格の男子。そしてハルの演じるサイラスは、彼の実年齢よりも少し年上の設定で一匹狼だが出会う人たちを怖がらせてしまいがちなことに居心地の悪さを感じているキャラクターだと言われている。その他、ニコはフィリックス役、アネットはハック役、アライヤはアイリス役に扮する。

この新シリーズでは、登場するキャラクターの中には、ヒーローになる者もいればヴィランになる者もいて、最後には登場人物全員が永遠に変わってしまい、良くも悪くも自身のアイデンティティを築く様子が描かれていくという。

本作の撮影は、バージニア州リッチモンド周辺にてすでに始まっている。全10話となるシーズン1は、米AMCにて2020年から放送される予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョー・ホルトのTwitterより

2018年9月より米CBSで放送中の犯罪捜査ドラマ『FBI(原題)』シーズン2に、12シーズン続いた大ヒット犯罪捜査ドラマ『BONES』のキャストが出演し、再びFBI捜査官を演じることが分かった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】市場調査で明かされた『クリミナル・マインド』と『BONES』の意外な共通点

『LAW & ORDER』『シカゴ・ファイア』シリーズといったフランチャイズ作品を生み出してきたヒットメイカーのディック・ウルフによる『FBI』は、FBIのニューヨーク支局を舞台に、テロや組織犯罪と日夜闘う捜査チームの活躍を描く。この度、そのシーズン2に出演することになったのは、『BONES』でシーズン10から3シーズンにわたりFBIのジェームズ・オーブリー捜査官を演じたジョン・ボイド。

ジョンが今回演じるのは、ハンサムで賢いけれども、ぶしつけなスチュワート・スコラ捜査官役。このキャラクターは、ジェレミー・シスト(『シックス・フィート・アンダー』)扮するジュバル・ヴァレンティン捜査官と知り合いという役柄で、3話にわたり登場するという。レギュラーに昇格する可能性もあるようだ。

『FBI』を製作するWolf Entertainmentが、主人公マギー・ベル捜査官を演じるミッシー・ペリグリム(『ルーキーブルー ~新米警官 奮闘記~』)をはじめとするキャストと一緒に写ったジョンの画像をTwitterにアップ。その投稿には、「スコラ捜査官、『FBI』のファミリーへようこそ。ジョン・ボイドが新シーズンの第1話で『FBI』チームに加わるまで、わずか7週間です」とのコメントが添えられ、ジョンの出演を報告している。

ミッシーとジェレミーの他には、マギーの相棒である捜査官のオマール(『SIX アメリカ海軍特殊部隊』のジーコ・ザキ)、分析官のクリスティン(『Wrecked(原題)』のエボニー・ノエル)らがレギュラーを務めている。

『FBI』は、シーズン1の放送開始から3週間足らずでフルシーズンの製作が決定し、翌2019年1月にシーズン2へ更新。さらにスピンオフ『FBI: Most Wanted(原題)』が本国アメリカで2020年から放送される予定だ。

ジョンは2017年の『BONES』終了後、ブライアン・セルズニック(『ヒューゴの不思議な発明』)のベストセラー小説を映画化した『ワンダーストラック』と、日本で9月27日(金)に公開されるジェニファー・ガーナー(『エイリアス』)主演のアクション映画『ライリー・ノース 復讐の女神』に出演している。

ジョンがゲスト出演する『FBI』シーズン2は、米CBSにて9月24日(火)より放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『BONES』
(c)2015-2016 Fox and its related entities. All rights reserved.

『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』で、放送開始当初から姿を見せているあのキャストがシーズン11では、出演エピソードが激減することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】【まとめ】ファンに惜しまれながらも『NCIS』シリーズを去ったキャラクター12人!

出演エピソードが激減するのは、NCIS(海軍犯罪捜査局)のロサンゼルス支局で司令室から情報収集などの任務を受け、チームの現場捜査をサポートするITオペレーターのエリック・ビールを演じるバーレット・フォア。本家となる人気ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』シーズン6で放送されたバックドア・パイロットエピソードから姿を見せ、シーズン1~10までオリジナルキャストとしてレギュラー出演している。

だがシーズン11では、バーレットが他の作品に出演できるよう、エリックが登場するのは前半の6エピソードのうち1エピソードのみになるという。バーレットは、今年の秋にミズーリ州セントルイスのレパートリー・シアターで上演される舞台「Angels in America」に登板するため、しばらくシリーズを休むとのこと。CBSの広報担当者によると、エリックがどこで何をしているのか物語に盛り込まれるという。

バーレットは、本作の他にハリウッドの裏側を描くコメディドラマ『アントラージュ★オレたちのハリウッド』や、犯罪捜査ドラマ『クローザー』、『ウィル&グレイス』などにもゲスト出演している。

バーレットの姿が見れなくなるのは残念だが、彼の活躍に期待したい。『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』シーズン11は、CBSにて9月29日(日)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』
(c) 2018 CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

映画『ハリー・ポッター』でロンを演じたルパート・グリントが、主演&製作総指揮を務めるスタイリッシュなクライムサスペンスドラマ『スナッチ・ザ・シリーズ』。そのシーズン2が、AXNにてTV初放送となる。

【関連記事】更新か打ち切りか...米ドラマシリーズの行方をチェック!【配信編】

ブラッド・ピッドが主演し、ガイ・リッチーが監督を務めた犯罪映画『スナッチ』をTVドラマ化した本作。オリジナル映画の精神を残しつつも、新しいキャラクターと新しい世界を描いている。

前シーズンの最後、大金を略奪したアルバートとチャーリーたちは、スペインへの逃亡中に謎の武装集団に襲われ、またしても無一文に逆戻り。なんとか南スペインの海沿いに流れ着き、半年の時が流れる。堅気に生きていくことをみんなで誓い合い、「バンカー・バー」という店を開くが、経営が上手くいかず、アルバートの父ヴィックが盗みに手を染め始めたところから再び犯罪の世界に巻き込まれていく―。そんな中、アルバートの前に謎の美女イネスが姿を現す。敵か味方か? 彼女の正体とは―。

ルパートがチャーリーを演じ、チャーリーの友人で元大強盗ヴィックの息子アルバート役には、『マスケティアーズ/三銃士』でダルタニアンを演じたルーク・パスクァリーノがキャスティングされている。

その他、『スクリーム・クイーンズ』のルシアン・ラヴィスカウント(ビリー・エアーズ役)、『ヒットマン』ダグレイ・スコット(ヴィック・ヒル役)、『プライミーバル』のジュリエット・オーブリー(リリー・ヒル役)、『ディケンジアン』のフィービー・ディネヴァー(ロティ・モット役)、『ペーパー・ハウス』のウルスラ ・コルベロ(イネス役)らが出演する。

『スナッチ・ザ・シリーズ』シーズン2は、9月7日(土)24:00よりAXNにてTV初放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『スナッチ・ザ・シリーズ』シーズン2 (c) 2018 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

米AMCの大ヒットサバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』。原作から多くのキャラクターがTVの世界へ登場したが、今秋に始まるシーズン10にも第1話から原作キャラが新たに登場することは先月当サイトでもお伝えしたとおり。その新たな登場人物である"マギーの恋人"を演じる俳優が決定した。米CBRが報じている。

【関連記事】「アンドリューと最後のディナーをともにしたわ」『ウォーキング・デッド』ローレン・コーハン インタビュー

この度、『ウォーキング・デッド』シーズン10にキャストとして新しく加わることになったフアン・ハビエル・カルデナス(『スノーフォール』)は、ダンテ役を演じるという。

ロバート・カークマンによる原作コミックスの第131号に初登場するダンテは、ヒルトップ・コミュニティにとって欠かせないメンバーでマギー・グリーンの恋人となる。しかし、ドラマシリーズでマギー役を演じたローレン・コーハンはシーズン9で降板したため、ダンテは独自にユニークな物語を紡ぐことになるようだ。

ローレンは、米ABCの新作ドラメディ『Whiskey Cavalier(原題)』に主演するために『ウォーキング・デッド』を卒業したが、残念ながら主演作はシーズン1でキャンセルが決定。ただ、ローレン自身が「マギーの物語は終わっていない」とカムバックを匂わせ、ショーランナーのアンジェラ・カンもマギーが戻れる余地を残し、シーズン10でマギーを復活させる展開を考えているともコメントしていた。よってシーズン10にローレンがマギー役で続投して、原作通りにダンテと恋仲になる可能性は十分ありそうだ。

フアンは、1980年代のロサンゼルスを舞台に、主人公フランクリンがドラッグの売人から組織のボスへ変貌を遂げる姿を描く『スノーフォール』でアレハドロ役を演じ、ドラマ版『S.W.A.T.』にベニ役でゲスト出演。その他にも、ドラマ版『リーサル・ウェポン』『ザ・シューター』『クリミナル・マインド 国際捜査班』といった人気ドラマにも姿を見せている。

『ウォーキング・デッド』については、主人公リック・グライムスのその後を描くTV映画3部作と、二人の若い女性を主人公に世紀末的な世界で育つ、最初の世代に焦点を当てたタイトル未定の新スピンオフの製作が決定し、後者はキャストが続々と決定している。

『ウォーキング・デッド』シーズン10は、AMCにて10月6日(日)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』 (c) Jackson Lee Davis/AMC

1990年代に社会現象を巻き起こした青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』(以下『ビバヒル』)のリブート版『BH90210(原題)』が、ついに米FOXで8月7日(水)に放送がスタートした。その初回視聴率が、夏の新作ドラマとして最高記録を打ち出したことが明らかになった。米Peopleが報じている。

【関連記事】伝説の青春ドラマ、元祖「ビバヒル」キャストたちは今何してる!?

8月12日(月)にFOXが発表したところによると、2017年5月30日以降の夏の新作ドラマの中で本作は最高視聴率を記録、また放送から3日以内での配信サービス利用者間の視聴者数として同局歴代最高記録を叩き出した。配信サービスの米Huluと米Fox Nowにおける平均視聴者数は87万9000人だが、本作は12日時点で合計610万人の視聴者数を記録し、FOXで最も視聴された夏の新作ドラマとなっている。

幸先良い出だしとなった本作には、オリジナルキャストが集結。だが、ブランドンやブレンダ、ケリーといった役として登場するわけではなく『ビバヒル』キャストのその後の実生活をドラマ仕立てにしたような展開になっている。主なキャストはジェイソン・プリーストリー(オリジナルではブランドン・ウォルシュ役)、シャナン・ドハティ(ブレンダ・ウォルシュ役)、ジェニー・ガース(ケリー・テイラー役)、アイアン・ジーリング(スティーブ・サンダース役)、ブライアン・オースティン・グリーン(デビッド・シルバー役)、トーリ・スペリング(ドナ・マーティン役)、ガブリエル・カーテリス(アンドレア・ザッカーマン役)の6人。本家のシーズン2でブランドンのガールフレンド、エミリー・バレンタインを演じていたクリスティーン・エリスも数話にわたり登場する。

前述したように、あくまでも役でなくキャスト本人としてそれぞれが出演するリアリティ番組のような本作だが、ブランドン役ジェイソンの実生活での妻はメイクアップアーティストのナオミで、子どもは二人いるのに対し、『BH90210』でのジェイソンの妻は『HAWAII FIVE-0』のヴァネッサ・ラシェイが演じるカミーユで、彼らには子どもがいない設定だ。また、デビッド役で知られるブライアンのプライベートの妻は女優ミーガン・フォックス(『トランスフォーマー』)だが、劇中では『POWER/パワー』のラ・ラ・アンソニーがブライアンより知名度のあるヒップホップ界のスターである妻、シェイを演じている。その他のキャストも、実生活の家族のことは同作では一切引き合いに出さず架空の家庭を持っている設定だ。

このことについて、実生活で写真家の夫カートを持つシャナンは、「私の夫はとってもプライベートを大事にする人なの。キャリアもちゃんとあるし。彼はこの作品には絶対出ないと決心していて、私はその意思を尊重しているのよ。劇中の私は独身ってことになっているけどね」と述べた。実生活で3度の離婚を経験しているジェニーは、「作中では完全にフィクションの家庭を持っていることにしているわ。本当の家族、身内を守るために皆そうしたのよ」と説明。俳優たち自身がそのまま出演しているリアリティ番組のようでもあるが、実際には当人たちの存在はリアルでもその環境やプライベートはフィクションという設定になっている。

普通のリブート版ではない、一風変わった『BH90210』は、米FOXにて毎週水曜に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『BH90210(原題)』
TM & (c) 2019 CBS Studios Inc. All Rights Reserved.

クリス・オドネル×LL・クール・Jの2大スターが共演する『NCIS ネイビー犯罪捜査班』のスピンオフ大ヒット作『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班~』。ロサンゼルスを舞台に、潜入捜査のプロたちがハイテク技術を駆使しながらアメリカ海軍に関わる犯罪に挑むクライム・アクションのシーズン6が、全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて今月無料初放送スタートする。

【関連記事】【まとめ】ファンに惜しまれながらも『NCIS』シリーズを去ったキャラクター12人!

潜入捜査のプロのカレン(クリス)と元海軍特殊部隊ハンナ(LL)の活躍を描く人気の潜入犯罪捜査ドラマシリーズ。カレン&ハンナの最強コンビを始め、結束力を増したメンバーたちが今シーズンも豪華なアクションを繰り広げる。

自爆テロの阻止と潜水艦からの脱出のため、閉ざされた空間で悪戦苦闘するカレンとハンナ。二人を乗せたまま進み始めるテロリストの潜水艦。脱出と自爆テロの阻止が絶対条件となる二人の運命は!? スリリングに幕を開ける今シーズン。人間関係の変化にも注目だ。これまで仕事上のパートナーとしてこの上ない信頼関係を築いてきたケンジー(ダニエラ・ルーア)とディークス(エリック・クリスチャン・オルセン)の関係も今シーズンで大きな発展を見せる。二人がきちんと向き合い、進展していく姿はファンなら見逃せない。さらに、恋愛には無頓着な孤独男カレンにもついに恋愛話が浮上するなど、メンバーのプライベート面にも注目したい。

一方で、ハンナが殺人容疑で逮捕され、ヘティ(リンダ・ハント)は命を狙われて――。この局面を打開することはできるのか!? 激しいアクションシーンや、真に迫る肉弾戦や銃撃戦の数々、スリル溢れるカーチェイスや爆破シーンなどは今シーズンも健在。スピーディーでテンポのよい展開や頭脳的な戦略など見どころ満載のシーズンだ。

シーズン5最終話とシーズン6第1話はセットエピソードのため、シーズン5最終話をシーズン6放送開始直前に放送。

『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班~』シーズン6放送情報

・シーズン5最終話 #24「出航」
8月21日(水)20:00~21:00

・シーズン6(全24話)
【二】8月21日(水)スタート/毎週水曜21:00~22:00
【字】9月3日(火)スタート/毎週火曜25:00~26:00

※詳しくは公式ホームページをご参照ください

(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班~』シーズン6 (c) MMXIX CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

1994年から2004年まで10シーズンにわたって続いた大人気シットコム『フレンズ』。この夏、本国での放送開始から25年を迎えることを記念し、なんと本作が劇場で上映されることが明らかになった。米E!Onlineなどが報じている。

【関連記事】【ランキング】最終回が最も観られた海外ドラマは? 全米歴代視聴率TOP20

ワーナー・ブラザースとファソム・イベントが主催するこのイベントでは、9月下旬に選りすぐりの12話がアメリカの一部の劇場のスクリーンで映し出される。これは、ちょうど25年前の1994年に放送開始された記念すべき日である9月22日(日)に合わせたスケジュールだ。この劇場版では、オリジナルの35mmで撮影された映像ではなく、時代に合わせて4Kの高画質にリマスターされたものが見られるそう。さらに、そうした過去のエピソードに加えて、未公開映像、秘蔵インタビューといったファンにはたまらないものも拝めるという。

ワーナー・ブラザースのマーケティング部門責任者であるリサ・グレゴリアンは、今回の報道に関して以下のように述べた。「放送開始から25年となる今でも、同作が世間に与えた文化的影響には驚かされます。天才的クリエイターのマルタ・カウフマン、デヴィッド・クレーン、ケヴィン・ブライト、そして才能豊かなキャスト陣が揃っていた証拠です。このシリーズが現在もあらゆる年代の人を結びつけているのは非常に素晴らしいことです。新たにデジタルリマスターされたエピソードをついに劇場でお届けできることにワクワクしております。このイベントでは、熱心なファンがお気に入りのシーンを他のファンと共有するということを、新しい方法で楽しむことができるのです」

ファンにとってたまらない企画となりそうなこのイベントだが、実は『フレンズ』の25周年記念イベントはこれだけではない。イギリスでこの夏開催されているファンイベント"Friendsfest"では、シリーズに登場するジョーイとチャンドラーのアパートや、皆が集まる場所として知られるカフェ「セントラル・パーク」のような番組でおなじみの様々なセットに加え、自分が噴水の前で傘を持ってオープニングタイトルを作り直すこともできる。さらに新しいカクテルバー、同作に絡めたテーマのある屋台が立ち並ぶほか、感謝祭の巨大バルーンでの写真撮影やクイズなど、ファン参加型の催し物も充実しているそう。こちらはマンチェスターで8月2日より始まっており、その後ブリストル、ミルトン・キーンズ、ロンドンと場所を変え、9月29日(日)まで楽しめる。チケットはすでに完売で、11月からロンドンで再び似た催しをすることが決まっている。

まさに伝説的な作品『フレンズ』。今後も折に触れてイベントが企画されるかもしれない。(海外ドラマNAVI)

Photo:『フレンズ』
©Warner Bros Int'l Television Distribution

イケメン悪魔×美人刑事の異色タッグによるクライムサスペンス『LUCIFER/ルシファー』のシーズン3がAXNにて10月16日(水)より日本初放送となる。気になる終わり方をした前シーズンからの展開が見られるとともに、"スーパーマン"の登場にも注目だ。

『CSI:』シリーズのジェリー・ブラッカイマーが製作総指揮を手掛ける本作。地獄の王であることに退屈してロサンゼルスで羽を伸ばしていた悪魔のルシファーは、美人刑事クロエ・デッカーの存在を知り、自分の魔力が一切通じない彼女に興味を持ったことからコンビを組むようになる。

そんなルシファーがシーズン2の最後で誘拐されてしまい、砂漠で目を覚ますと昔失ったはずの天使の翼をまとっていた! 新シーズンで彼は、自分を誘拐した犯人の正体と、天使の翼を取り戻した理由を解明しようとする。さらにこのシーズンは、クロエの新たな上司マーカス・ピアース警部補が登場。冷静な戦略家で、周囲から尊敬される存在である上に、ルシファーと同じくイケメンかつチャーミングのため、クロエが次第に惹かれ始めるというキャラクターで、演じるのは『ヤング・スーパーマン』で若き日のクラーク・ケントに扮したトム・ウェリングだ。

前シーズン2のラストで何者かに襲われた上、さらわれたルシファー。砂漠の真ん中で目を覚ました彼は、昔失ったはずの天使の翼を自分が取り戻していることに気づいて困惑する。自分の身に何が起こったのか、自分を誘拐したのは誰なのかを探るべく、ルシファーがクロエを例の砂漠に連れていくと、そこで埋められた遺体を発見する...。

なお、第25話と第26話はボーナスエピソード。エラの幼少時代の秘密が明らかになったり、ルシファーとクロエが出会っていない別世界の話が描かれるので、こちらもお見逃しなく!

■『LUCIFER/ルシファー』放送情報
AXNにて10月16日(水)23:00よりスタート
[字]毎週水曜 23:00~
[二]毎週木曜 11:00~

(海外ドラマNAVI)

Photo:『LUCIFER/ルシファー』
LUCIFER and all related pre-existing characters and elements TM and (c) DC Comics. Lucifer series and all related new characters and elements TM and (c) Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

米CWのDCドラマ『ARROW/アロー』がシーズン8をもって終了することになったが、ファイナルを目前にしてシーズン1から出演していたあの人も降板することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『ARROW』降板のエミリー・ベット・リッカーズ、「これはお別れではないわ」復帰の可能性を語る

米TV批評家協会による夏のプレスツアーでショーランナーのベス・シュワルツが、アーセナルことロイ・ハーパーを演じるコルトン・ヘインズがシーズン7をもって降板することを明かした。シュワルツは、何らかの形でファイナルシーズンにコルトンをカムバックさせたいとコメントしたが、なぜファイナルを目前に降板するに至ったのか理由は現時点では明らかになっていない。

コルトンは、シーズン1~3までロイ役で出演したが、個人的な問題を理由にシーズン4にはカムバックせず、シーズン6よりシリーズに復帰していた。

シーズン7をもってシリーズを去るレギュラーキャストはコルトンだけではなく、シーズン1からフェリシティ・スモーク役で、アローことオリバー・クイーンの右腕として活躍してきたエミリー・ベット・リッカーズも降板を発表。シーズン4から登場しているカーティス・ホルト役のエコー・ケラムも同シーズンで去った

その代わりにミア役を演じるキャサリン・マクナマラ(『シャドウハンター: The Mortal Instruments』)、ウィリアム役のベン・ルイス(『サバイバー:宿命の大統領』)、コナー役のジョゼフ・デヴィッド=ジョーンズ(『ダイバージェント』)がレギュラーに昇格。そして、『シカゴ・ファイア』やNetflixのコメディドラマ『ロシアン・ドール:謎のタイムループ』などに出演しているチャーリー・バーネットが、シーズン8でジョン・ディグル(デヴィッド・ラムゼイ)の未来の息子役で出演することが決定している。

コルトンの降板も残念だ。ファイナルを迎える『ARROW/アロー』は、CWにて10月15日(火)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ARROW/アロー』
(c) Warner Bros. Entertainment, Inc

大人気の常夏ハワイを舞台に繰り広げられるポリスアクション『HAWAII FIVE-0』。シリーズ通算200話目に突入するシーズン9が、AXNにて日本独占初放送となる。

【関連記事】『HAWAII FIVE-0』200話記念エピソードはレトロ調、あの人の歌唱シーンも!

ハワイの美しい風景をバックに、特別捜査班ファイブ・オーのメンバーが凶悪犯に立ち向かうスリリングなストーリーと、エンタテインメントの要素がギュッと詰まった人気シリーズ。

前シーズン、ファイブ・オーに加わったばかりのアダム(イアン・アンソニー・デイル)にある人物の殺害疑惑が残ったまま幕を閉じた。シーズン9では、タニ(メーガン・ラス)がアダムの家で見つけた銃を鑑定に出して事件の真相に迫ろうとする。さらに、アダムとコノ(グレイス・パーク)との関係に衝撃の変化が訪れる。一方、ダニー(スコット・カーン)とスティーヴ(アレックス・オローリン)が共同経営するレストランは、順調に開店準備が進み晴れてプレオープンの日を迎えるが、スティーヴが体験したある事をきっかけに、二人は重大な決断をする事態に...。

また今シーズンは、1968年から12シーズンにわたり放送された『ハワイ5-O』が、放送開始から50年を迎えたのを記念して、オリジナル版のパイロットエピソードを現代版に書き下ろした特別エピソード(第1話「Ka owili oka'i(原題)」)や、シリーズ通算200話目となる第7話「Pua a'e la ka uwahi o ka moe(原題)」では、1941年の未解決事件を追ったエピソードで、当時のハワイアン・ギャングを彷彿させるダブルのジャケットにヴィンテージのドレス、フェドラ帽というレトロ調の衣装を着たキャラクターたちがいつもとは違う姿が見られ、今までにない演出や斬新なストーリーが展開していく。

■『HAWAII FIVE-0』シーズン9 放送情報

AXNにて(全25話)
[字幕版] 9月24日(火)より 毎週火曜よる11:00
[二カ国語版] 9月25日(水)より 毎週水曜あさ11:00

(海外ドラマNAVI)

Photo:『HAWAII FIVE-0』シーズン9
(c)2019 CBS Studios Inc.

特殊能力を持つキャラクターたちの活躍を描くアクションドラマ『HEROES/ヒーローズ』で注目され、ヒューマンドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス』で演技派へ脱皮したマイロ・ヴィンティミリアが、「スーパーヒーロー役には○○○すぎた」と語った。米Varietyが報じている。

【関連記事】『THIS IS US』マイロ・ヴィンティミリア~顔面麻痺という障害を乗り越え歩んだ俳優人生~

VarietyとiHeartが立ち上げた映画情報を発信するポッドキャスト番組「The Big Ticket」にゲスト出演したマイロが、2021年公開予定の『バットマン』シリーズの最新作『The Batman(原題)』のオーディションを受けたと明かした。そして、「マントとスーツ姿の自分を想像できるかって? 僕はできるけど、ワーナー・ブラザースは違ったね。"君は歳を取り過ぎてる"って言われたよ」と当時の状況を明かした。

ちなみにこの新バットマン役には、ヴァンパイア青春映画『トワイライト』シリーズのエドワード・カレン役に抜擢されて大ブレイクした現在33歳のロバート・パティンソンが決定している。

バットマン役にはこれまで、アダム・ウェスト、ジョージ・クルーニーやベン・アフレック、クリスチャン・ベイルなど30代後半から40代の俳優が演じてきたが、最新作でメガホンを取るマット・リーヴス監督(『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』)は、以前から「バットマン役には比較的若い俳優を起用したい」と述べており、実際にその通りのキャスティングを行ったことになる。

現在42歳のマイロはオーディションに落ちたことについて、「別にいいよ。気にしてないし、今は忙しいね」とコメントし、特に落胆してはいないようだ。

マイロは、本年度第71回エミー賞で『THIS IS US』のジャック・ピアソン役の演技でドドラマ・シリーズ部門主演男優賞にノミネートされている。また、同名ベストセラー小説の映画化となる『The Art of Racing in the Rain(原題)』に主演し、全米で8月9日(金)より公開される。

マイロがジャック役で出演する『THIS IS US』はシーズン6まで一挙に更新され、最新シーズンとなるシーズン4は米NBCにて9月24日(火)より放送スタート。日本では、シーズン3が12月4日(水)にDVDとなって日本初上陸し、10月2日(水)より先行デジタル配信となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:マイロ・ヴィンティミリア (c)NYKC

1990年代に社会現象を巻き起こした青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』(以下『ビバヒル』)のリバイバル版『BH90210(原題)』が米FOXで8月7日(木)より放送中だが、オリジナルキャストが集結したこの復活版に、ブレンダ・ウォルシュ役で知られるシャナン・ドハティがもともと出演するつもりはなかったと明かしている。米TV Lineが報じた。

【関連記事】ルーク・ペリー、『ビバヒル』リバイバル版初期の製作に関わっていた

『BH90210』は、『ビバヒル』キャストのその後の実生活と、彼らの人間関係に影響を受けたストーリーが描かれる。

今月7日(水)、米TV批評家協会による夏のプレスツアーに姿を見せたシャナンがインタビューに応え、リバイバル版の出演について考えを改めたことを語っている。「参加するつもりは全然なかったの。私が出演するにしろしないにしろ番組がうまくいくことは明らかで、私は必要じゃなかった。だから、当初はやるつもりはなかったのよ。でもルークが亡くなった時、私の中で大きな心境の変化があって、(出演することは)彼を称える絶好の機会だと感じたの」とコメント。3月4日に脳卒中により52歳で還らぬ人となったオリジナル版の共演者、ディラン・マッケイ役のルーク・ペリーの死が、リバイバル版に出演するきっかけになったと明かした。

そして、実際にリバイバル版に出演したことにも後悔はないようだ。「私が大好きで尊敬している人たちと一緒に過ごせたし、出演を決めたことを嬉しく思っている。一緒に素晴らしい体験をすることで、私たち全員にとって大切な人を失ったことによる傷も癒せたから」

全6話となるリバイバル版にはシャナンのほかに、ブランドン・ウォルシュ役のジェイソン・プリーストリー、ケリー・テイラー役のジェニー・ガース、ドナ・マーティン役のトーリ・スペリング、アンドレア・ザッカーマン役のガブリエル・カーテリス、スティーブ・サンダース役のアイアン・ジーリング、デビッド・シルバー役のブライアン・オースティン・グリーンもカムバック。そして、シーズン2でブランドンのガールフレンド、エミリー・バレンタインを演じていたクリスティーン・エリスも数話にわたり登場する。

懐かしの青春スターが再集結する『BH90210』は、米FOXにて毎週水曜に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『BH90210(原題)』
TM & (c) 2019 CBS Studios Inc. All Rights Reserved.

英人気ミステリードラマ『SHERLOCK/シャーロック』でアイリーン・アドラーを演じたララ・パルヴァーが、米TNTの犯罪ミステリードラマ『エイリアニスト』の新シーズンとなる『The Angel of Darkness(原題)』に出演することが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

『エイリアニスト』のシーズン1は、1994年に出版された米小説家ケイレブ・カーによる同名ベストセラー小説のドラマ化で、舞台は1896年のニューヨーク。異常犯罪が専門の精神科医ラズロー・クライズラー博士と、ニューヨーク・タイムズ紙のイラストレーターであるジョン・ムーアが、ニューヨーク市警の総監セオドア・ルーズベルトに依頼され、市警察の女性スタッフ、サラ・ハワードの協力を得ながら貧困層の少年を狙う連続殺人事件の捜査にあたる...というストーリーだった。

リミテッドシリーズとして製作される新シーズンは、1作目から3年後の1997年に発売されたカーによる同名の続編小説が下敷きとなる。前シーズンの1年後にサラが私立探偵事務所を立ち上げ、クライズラーとムーアの協力を得ながら殺人鬼を追い詰めていく展開になるとのこと。

ララが演じるのは、ジョンの婚約パーティで主人公たちと出会うカレン。クライズラーと同じくエイリアニスト(精神科医)である彼女は、その道のプロとして彼と特別な絆を結ぶことになるという。『SHERLOCK』でシャーロックにゲームを仕掛けるアイリーン役が印象的だったララが、今回もミステリー作品でほかのキャラクターとケミストリーを起こしてくれるかもしれない。

イギリス出身のララは、人気ヴァンパイアドラマ『トゥルーブラッド』にクロディーヌ役でゲスト出演したほか、歴史冒険ミステリードラマ『ダ・ヴィンチと禁断の謎』で3シーズンにわたりロレンツォ・デ・メディチの妻クラリーチェ・オルシーニ役でレギュラーを務めた。米ABCの犯罪捜査ドラマ『クワンティコ』や、アンソロジードラマ『フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ』にゲストとして登場し、2016年には舞台『Gypsy(原題)』の演技でローレンス・オリヴィエ賞助演女優賞(ミュージカル部門)を受賞したこともある実力派だ。

現時点では『The Angel of Darkness』の放送開始日は未定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK/シャーロック』で共演したベネディクト・カンバーバッチとララ・パルヴァー
(C) JMVM/FAMOUS

米FXによる音楽コメディドラマ『アトランタ』と違法薬物の売買に関わる人々を描く犯罪ドラマ『スノーフォール』が、それぞれ新シーズンへ更新されたことが明らかとなった。米TV Lineほか複数メディアが報じている。

ヒップホップ業界での成功を夢見る『アトランタ』

『アトランタ』は、元カノの家に居候する何をやっても中途半端なダメ男アーン(『コミ・カレ!!』のドナルド・グローヴァー)が、相棒ダリウス(『ゲット・アウト 』のレイキース・スタンフィールド)と駆け出しラッパーのアルフレッド(『ロスト・マネー 偽りの報酬』のブライアン・タイリー・ヘンリー)と一緒に、ヒップホップ業界での成功を目指して四苦八苦する姿が描かれるシリーズ。

2018年5月にFXでシーズン2の放送が終了し、1ヶ月も経たないうちにシーズン3への更新が決定。しかし本作で主演と企画・製作・監督・脚本もこなすドナルドの多忙なスケジュールにより製作が遅れているところへ今回のシーズン4への更新が決定。シーズン3とシーズン4ともに全8話構成で今年の秋より撮影が開始される予定になっている。

ドナルドと共同で製作総指揮に名を連ねるのは、ほとんどのエピソードでメガホンを取るヒロ・ムライ(『レギオン』)、ポール・シムズ(『GIRLS/ガールズ』)、ダイアン・マガニグル(『Cop Car(原題)』)、スティーヴン・グローヴァー(『Guava Island(原題)』)。

麻薬取引のリアルな緊張感『スノーフォール』

そして、1980年代のロサンゼルスを舞台にした『スノーフォール』は、コカインの売人だが機知に富み心優しい19歳の青年フランクリン(『ブラック・ミラー』のダムソン・イドリス)が、ドラッグ帝国を統治する残忍なボスへと変貌を遂げ、売買網の拡大を目論む姿が描かれる。

現在米国でシーズン3を放送中の本シリーズは、4月に共同クリエイターのジョン・シングルトン(『ボーイズ'ン・ザ・フッド』)が脳卒中により急逝する悲劇に見舞われたが、米TV批評家協会による夏のプレスツアーでシーズン4へ更新されることが発表された。

シングルトンの遺志を引き継ぎ、エリック・アマディオ(『After Sex アフターセックス』)とデイヴ・アンドロン(『JUSTIFIED 俺の正義』)がクリエイターとして続投する。

更新されたシーズン4は、2020年にFXにて放送開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:
『アトランタ』
(c)2016 FX Productions, LLC. All rights reserved.
『スノーフォール』
(c)2017 Fox and its related entities. All rights reserved.

米CWは『ARROW/アロー』を皮切りに、これまでに『THE FLASH/フラッシュ』や『SUPERGIRL/スーパーガール』といったDCスーパーヒーロードラマを次々に生み出してきたが、『ARROW』の新たなスピンオフ企画が浮上していることが明らかとなった。英Digital Spyが報じている。


米TV批評家協会による夏のプレスツアーで、CWのマーク・ペドウィッツ社長が、新たなスピンオフを考えていると示唆していたという。「正直なところ、『ARROW』のスピンオフは確実に可能性があります。7年前にCWで『ARROW』の放送がスタートしましたが、本作が6本もの番組を生み出すと誰が思ったでしょうか。そのシリーズが全ユニバースを作り出したのですからね。これは本当に素晴らしい偉業で、今は何かを始める次のステップです。我々は、これらのフランチャイズとこのユニバースが何年も続くと信じているので、ファンが視聴し続けてくれるようなキャラクターを確保することが重要になります。どのようにユニバースが機能するかは、時が来ればわかるでしょう」と語っていた。

DCスーパーヒーローシリーズの本家となる『ARROW/アロー』は更新されたシーズン8で幕閉じを迎えることが発表され、そのファイナルシーズンは10月15日(火)より放送スタート。DCユニバースとなる『THE FLASH/フラッシュ』シーズン6は10月8日(火)、『SUPERGIRL/スーパーガール』シーズン5と新作ドラマ『Batwoman(原題)』シーズン1は10月6日(日)、『ブラックライトニング』シーズン3は10月7日(月)、『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン5は2020年1月よりCWにて放送開始予定。

そして、DCドラマシリーズのスーパーヒーローが集結するクロスオーバー・エピソードとなる"アローバース"が、12月から1月にかけて5話にわたり放送される。さらに、『Crisis on Infinite Earths(原題)』と題された今年のアローバースには、『ブラックライトニング』の主人公ブラックライトニングことジェファーソン・ピアース(クレス・ウィリアムズ)と、アニメ『バットマン』シリーズでバットマンの声を担ってきたケヴィン・コンロイがアニメ同様にバットマン/ブルース・ウェイン役で登場することも発表されている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』『SUPERGIRL/スーパーガール』のクロスオーバー・エピソード all pre-existing characters and elements TM and (c)DC Comics. (c)2017 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

2007年より6シーズンにわたり米CWで放送され、NYに暮らすセレブな高校生の友情や恋愛模様を描いて世界的な大ヒットなった『ゴシップガール』。そのリブート版が新配信サービスで進行しているが、オリジナル版でネイト・アーチボルドを演じたチェイス・クロフォードが、「リブート版に出演するなら〇〇を演じたい!」と語った。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】チェイスが出演んするAmazonオリジナルドラマ『The boys』、超過激なシーンがカットされていた!

ワーナー・メディアの新配信サービスとなるHBO MAXで製作が進んでいるリブート版は、マンハッタンに暮らすゴージャスな高校生を新たに紹介し、オリジナル版が終了してから8年後を舞台に、いかにソーシャルメディアとNYの状況が変わったかが描かれるという。

オリジナル版で6シーズンにわたりネイト・アーチボルトを演じたチェイスは、米トーク番組『Watch What Happens Live with Andy Cohen』に出演し、リブート版に出演するのか尋ねられて次のように答えている。「まだ誰も連絡をくれないから、かなり怒ってるよ。それは冗談だけど、リブート版が製作されるっていいね。もしかしたら、父親役でカムバックできるかも。そうなったらいいな」とコメントしているのだが、現在34歳のチェイスが高校生の父親役を演じるには少し年齢が若すぎるかもしれない。

そして、リブート版にカメオ出演する気は満々のようで、オリジナル版のその後を描くドラマが製作されることになったら、出演したいとも述べている。「30代になった僕たちがどんな風に描かれるのかわからないけど、『ゴシップガール』は僕の人生で大きな部分を占めているから何にでもオープンだよ。でも本当に適切で特有な作品でなくちゃいけないし、このTVと配信サービスの黄金時代においては、おそらく1シーズン8話がいいだろうな...。でも、みんなのスケジュールの都合で全員を集めるのは難しいんじゃないかと思う。ペン(・バッジリー)とレイトン(・ミースター)に、エド(・ウェストウィック)も、すごくいいTVシリーズに出演してるからね」とコメントしている。

チェイスは『ゴシップガール』の終了後、青春ミュージカルドラマ『Glee/グリー』にゲスト出演し、米ABCのドラメディ『Blood & Oil(原題)』に主演したが残念ながら1シーズンでキャンセルに。現在は、Amazon Prime Videoのオリジナル・ドラマ『ザ・ボーイズ』でスーパーヒーローのディープを演じ、本シリーズはシーズン2へ更新が決定している。

オリジナルキャストが出演するのか気になるリブート版『ゴシップガール』。情報が入り次第、随時お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:チェイス・クロフォード
(c)PF

世界情勢をリアルに反映した緊迫のストーリーが展開される米Showtimeの人気スパイ・スリラードラマ『HOMELAND』。シーズン8をもって終了することが決定しているが、その放送開始日が2020年2月まで延期されることが明らかとなった。英Digital Spyが報じている。


8月2日(金)に米TV批評家協会による夏のプレスツアーで、Showtimeのゲイリー・レヴィン社長が撮影トラブルではなくファイナルシーズンの野心的なストーリー展開により製作が遅れ、シーズン8の放送開始が2020年2月9日(日)までズレ込むことを発表した。

レヴィンは、「ショーランナーのアレックス・ガンサが誇らしげに外へ出たがり、いくつかの問題を抱える場所や複数の国で同時に製作が行われているため、単に時間が掛かっているのです。問題があるというわけではなく、撮影も比較的スムーズに進んでいますが、野心的な製作スケジュールにより予想以上に時間を要しているだけです」とコメントしたという。

そして気になるシーズン8の概要は、次のように紹介されている。

『HOMELAND』ファイナルシーズンでキャリー・マティソン(クレア・デインズ)は、ロシアの強制収容所での残忍な監禁から回復しつつあった。しかし、キャリーの体は治癒したが精神的に不安定なままで、これはソール・ベレンソン(マンディ・パティンキン)と新大統領になったワーナー大統領(ボー・ブリッジス)にとっては問題だった。発足したばかりのワーナーの政権における最優先事項は、アフガニスタンで勃発した"永遠の戦争"の終結であり、ソールはタリバンとの和平交渉に従事するためにアフガニスタンに派遣される。だがカブールは軍事指導者と傭兵、狂信者やスパイであふれ返り、ソールは部下であるキャリーしか提供できないコネと専門知識を必要とし、医師の助言に反して最後にライオンの巣窟に一緒に来てくれるようキャリーに頼むのだった――。

ファイナルシーズンには、主人公キャリーを演じるクレアの実生活の夫で俳優のヒュー・ダンシー(『ハンニバル』)が、ワーナー大統領の顧問として新しくホワイトハウスに勤務する、外交政策コンサルタントのジョン・ザベル役で複数話にわたり出演することが決定している。

ついに幕閉じを迎える『HOMELAND』の最終シーズンは、Showtimeにて2020年2月9日(日)に放送スタート予定。(海外ドラマNAVI)

『HOMELAND』シーズン7
(C)Showtime Networks, Inc., a CBS Company. All rights reserved.

更新されたシーズン8をもってファイナルを迎えることになった米CWの人気ドラマ『ARROW/アロー』にとって、最後となるDCスーパーヒーローが集結するエピソード"アローバース"に、あのキャラクターが初登場することが明らかになった。米Deadlineが報じている。

毎年CWで放送されるアローバースに今年初めて登場することになったのは、『ブラックライトニング』の主人公ブラックライトニングことジェファーソン・ピアース。「バツイチで二人の娘の父」、「高校の校長先生」という顔を持つ中年男性でありながら、引退したヒーロー業を再開し、悪と戦う異色のヒーローだ。

今年12月から来年1月にかけて5話にわたり放送されるクロスオーバーのタイトルは『Crisis on Infinite Earths(原題)』。『ARROW』、『THE FLASH/フラッシュ』、『SUPERGIRL/スーパーガール』、『レジェンド・オブ・トゥモロー』、『Batwoman(原題)』のシリーズ内で放送され、そこに『ブラックライトニング』が加わり、全6シリーズの世界が交わることになる。

ブラックライトニングを演じるクレス・ウィリアムズ(『コード・ブラック 生と死の間で』)の他に、アニメシリーズ『バットマン ザ・フューチャー』をはじめとする『バットマン』シリーズでバットマンの声を担当するケヴィン・コンロイもゲストとして登場するという。

『Crisis on Infinite Earths』は、1985年から1986年に出版されたコミックス「クライシス・オン・インフィニット・アース」がもとになっており、DCの多くのヒーローやヴィランが登場する壮大なエピソードとして知られ、アローバースでは史上最長作となる。

アローバースは、12月8日(日)に放送される『SUPERGIRL』のエピソードと翌日9日(月)の『Batwoman』、10日(火)の『THE FLASH』、そして2020年1月14日(火)にオンエアされる『ARROW』と『レジェンド・オブ・トゥモロー』で起こる予定。

新シーズンとなる『ARROW』シーズン8は10月15日(火)、『THE FLASH』シーズン6は10月8日(火)、『SUPERGIRL』シーズン5と『Batwoman』シーズン1は10月6日(日)、『ブラックライトニング』シーズン3は10月7日(月)、『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン5は2020年1月にCWにて放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:
『ブラックライトニング』
BLACK LIGHTNING and all related characters and elements TM & (C) DC Comics and Warner Bros. Entertainment Inc.
『バットマン:バッド・ブラッド』
BATMAN and all related characters and elements are trademarks of and (C) DC Comics. (C) 2016 Warner Bros. Entertainment, Inc. All rights reserved.

大ヒット大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚シリーズで主人公の一人を演じるナオミ・ワッツ(『ツイン・ピークス The Return』)が、「スピンオフに出演するのが怖い」とコメントした。英Digital Spyが伝えた。

米HBOが製作する前日譚シリーズは、英雄たちの黄金時代から暗黒の時代へと下降していく過程を描き、ウェスタロスの歴史に隠された恐ろしい秘密やホワイト・ウォーカーの起源の真実、スターク家の伝説などが明かされるという。

謎めいた秘密を隠しもつ、カリスマ性溢れる名士を演じるというナオミが米ファッション誌「Net-A-Porter」のインタビューに応え、スピンオフの出演にナーバスになっていると心境を明かした。「何を準備すべきなのかわからないから、まだスピンオフについて少し不安があるの。この仕事をオファーするまでは、『ゲーム・オブ・スローンズ』を見ていなかったの。だけど私の兄(フォトグラファーのベン・ワッツ)がシリーズに夢中で、"いかなる状況でも、この仕事を断ったらダメだ"って言われたの」と出演する経緯を語った。

ナオミは、映画『21グラム』と『インポッシブル』で2度もアカデミー賞主演女優賞にノミネートされている演技派でありながら、超人気シリーズのスピンオフとあって周囲の期待も大きいだけに、主演することに少し不安になっている様子。

以前に、原作者のジョージ・R・R・マーティンは本作のストーリーについて、「スターク家は絶対に登場します。私の原作では、アザーズと呼ばれているホワイト・ウォーカーもです。古代のダイアウルフやマンモスもいるような時代の物語になります」とコメントしていた。

スピンオフでは、マーティンとジェーン・ゴールドマン(『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『キングスマン』シリーズ)が脚本を手掛け、ナオミの他にジョシュ・ホワイトハウス(『風の勇士 ポルダーク』)、トビー・レグボ(『REIGN/クイーン・メアリー』)、ジェイミー・キャンベル・バウアー(『トワイライト』シリーズ)、ミランダ・リチャードソン(『ハリー・ポッター』シリーズ)らの出演が決定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:ナオミ・ワッツ
(c)NYKC

ディズニーの人気キャラクターに"もし子孫がいたら?"という斬新なアイデアから生まれたディズニー・チャンネルの人気オリジナルムービー『ディセンダント』。本作で主演を務めるダヴ・キャメロンが、2年ぶり2度目の来日をすることが決定した。

【関連記事】ダヴ・キャメロン『ディセンダント』から『エージェント・オブ・シールド』まで~ディズニー・チャンネル出身の若きスター~

本作は、ディズニーでおなじみの悪役たち(ディズニー・ヴィランズ)の子どもをメインキャラクターにしたミュージカルの第3弾。ケニー・オルテガが監督を務め、2015年に第1弾が放送。2017年に製作された続編『ディセンダント2』では、159カ国32の言語で放送され、合計視聴者数は7150万人を越える大ヒット。

そんな本作でダヴは、『眠れる森の美女』の邪悪な妖精マレフィセントの娘マルを演じている。ダヴは、『うわさのツインズ リブとマディ』の主人公としても知られ、マーベルドラマ『エージェント・オブ・シールド』にもゲスト出演しており、今注目の人物だ。

ダヴは、今年9月上旬に2017年の『ディセンダント2』以来となる約2年ぶりとなる2度目の来日を果たす。日本滞在中は、本作の見どころや魅力をたっぷりと伝えるべく、メディア向けに各種取材対応をこなすほか、ファンイベントを開催してしていく予定だという。

また、ディズニー・チャンネルでの日本初放送に先駆けて、ディズニー公式エンターテイメントサービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」にて、9月13日(金)より先行配信することを発表された。

本作にはダヴの他に、ソフィア・カーソン(イヴィ役)、キャメロン・ボイス(カルロス役)、ブーブー・スチュワート(ジェイ役)、ミッチェル・ホープ(ベン役)、チャイナ・アン・マクレイン(ユマ役)、サラ・ジェフリー(オードリー役)、トーマス・ドハーティ(ハリー役)、ディラン・プレイフェア(ギル役)らが続投している。

また、3作目から新たに登場するキャラクターとして、『ピーター・パン』のフック船長の手下スミーの双子の息子スクイーキー(クリスチャン・コンバリー)とスクワーミー(ルーク・ロースラー)、『ヘラクレス』の死者の神ハデス(シャイアン・ジャクソン)、『プリンセスと魔法のキス』の悪役ドクター・ファシリエ(ジャマール・シムズ)、その娘セリア(ジェイダ・マリー)が姿を見せる。

『ディセンダント3』は、今年7月に20歳の若さで亡くなったキャメロン・ボイスの遺作でもある。彼は『101匹わんちゃん』の悪女クルエラ・デ・ヴィルの息子カルロス役を演じている。

(海外ドラマNAVI)

Photo:『ディセンダント3』
(c) Disney

乗員乗客191名を乗せて突如消息を絶った旅客機が辿り着いた先は、5年後の未来だった―。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズを手掛けたヒットメーカー、ロバート・ゼメキスが手掛けるミステリー・ヒューマンドラマ『MANIFEST/マニフェスト』。2018年アメリカ新作ドラマ視聴率ナンバー1を獲得した話題作の日本初上陸が決定した。

【関連記事】行方不明になっていた飛行機に搭乗していた人たちが...『BTTF』ロバート・ゼメキス監督が手掛ける『MANIFEST』

ジャマイカを飛び立ったNY行きモンテゴ航空828便は、突然発生した乱気流に巻き込まれ、機体は激しく揺れるが無事に着陸。しかし、空港に降り立った乗員乗客たちは、5年半以上の月日が経ったことを告げられる...。巻き込まれた乱気流は超自然現象だったのか? それとも、人工的な陰謀が隠されているのか? 空白の5年半の間、乗員乗客たちには何が起きたのか...?

熱狂的なファンを生み出すほどの社会現象を巻き起こしたTVドラマ『LOST』を彷彿とさせるような幕開けを迎える本作は、回を追うごとに次々と驚きの展開が待ち受け、必ず続きが見たくなるようなミステリー感満載のSFドラマに仕上がっている。また、消息を絶ったモンテゴ航空828便の乗員乗客たちはみな、すでに死んだものだとみなされており、住むところや所有物、職などは全て失われ、配偶者や恋人も新たな人生を歩んでいた。本作では、登場人物たちが巻き込まれた現象の謎を自ら解き明かそうとする過程を描くと同時に、5年半のギャップが生じたことによって引き起こされた彼らの戸惑いや怒り、悲しみ、苛立ちなども丁寧に描かれている。

NY市警察に勤務する刑事として、自分たちに起きた現象の謎を解き明かそうとするヒロイン、ミカエラ・ストーンを演じるのは『ARROW/アロー』や『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』などへの出演で知られるメリッサ・ロクスバーグ。ミカエラの兄、家族思いで双子の子どもにとっても模範的な良き父親のベン・ストーン役には『ワンス・アポン・ア・タイム』のチャーミング王子役のジョシュ・ダラスが扮する。その他、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のアシーナ・カーカニス、『POWER/パワー』のJ・R・ラミレス、『フアン家のアメリカ開拓記』のルナ・ブレイズ、『マーベラス・ミセス・メイゼル』のジャック・メッシーナ、『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』のフランチェスカ・ファリダニーらが脇を固める。

2018年9月に米NBC局で放送された第1話は1040万人が視聴し、2018年に放送された新作ドラマでナンバー1の視聴率を獲得。放送翌日から1週間以内に第1話を録画視聴した視聴者数も800万人となり、録画視聴での視聴者数においてNBCの記録を更新し、全16話の平均視聴率でも2018年新作ドラマナンバー1を獲得。2020年にシーズン2の放送を控えている話題作だ。

全16話となる『MANIFEST/マニフェスト』は、10月15日(火)22:00より海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて独占日本初放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『MANIFEST/マニフェスト』
(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

米カリフォルニア州の郊外を舞台に、ささいなトラブルをきっかけに炙り出される、偽りに彩られたママ友たちの赤裸々な裏の顔。母親たちのマウンティング、父親たちのいがみ合い、街中に撒き散らされるゴシップ...。子育て、不倫、DV、離婚など、夫婦間において女性が抱える悩みや秘密、闇を描き出す一方、誰が"加害者"で、誰が"被害者"なのかが次第に解き明かされていくミステリアスな展開に目が離せない米HBOのミステリードラマ『ビッグ・リトル・ライズ』。本作の原作者リアン・モリアーティが、スピンオフの構想を練っていると明かしている。米TV Lineが報じている。

NYでシーズン2のプレミアが開催された際、インタビューに応じたモリアーティが『ビッグ・リトル・ライズ』は終了するが、後日譚となるスピンオフのアイデアはあると語っていたという。「TVシリーズが製作される前に何年も先にタイムジャンプして、高校生になった子どもたちを描くならあり得るかなと唯一考えたことがあるわ。でも、今後何年もないわね。後日譚を製作する前に休みが必要だから」とコメントし、ニコール・キッドマン演じるセレステやリース・ウィザースプーンが扮するマデリンの子どもたちが成長し、高校生になった時代を舞台にしたアイデアが念頭にあると明かしている。

7月21日(日)に本国でシーズン2の最終話が放送された『ビッグ・リトル・ライズ』。以前にクリエイターのデイビッド・E・ケリーがシーズン2以降の製作予定はないと述べていたが、その点に関してはモリアーティも同意見のようだ。

そして、その構想は現時点では小説向けだとのことで、「私の中では小説用なの。もしかしたら同じキャラクターさえ登場しないかもしれないし、同じ町が舞台になるかもしれないしわからないわ。ただのアイデアだから」とも答えていた。

"少し休みたい"と打ち明けていたモリアーティだが、米Huluにて彼女の小説「Nine Perfect Stranger」がニコール・キッドマン主演でドラマ化されることが決定し、まだまだ多忙の日々が続きそうだ。

もともと『ビッグ・リトル・ライズ』はミニシリーズとして製作されたが、2017年にエミー賞で最多となる8部門に輝きシーズン2へ更新。モリアーティとケリーはシーズン3の可能性を否定しているが、HBOのケイシー・ブロイズ社長はシーズン3について「絶対にないとは言えない」とコメントしていただけに、少なからず新シーズンが製作される可能性は残っていると言えるかもしれない。

ぜひともスピンオフの実現を願いたい『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2は、BS10 スターチャンネルにて7月31日(水)より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2
(C) 2019 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

今年は11月22日(金)から11月24日(日)までの3日間、幕張メッセで開催される東京コミックコンベンション2019(東京コミコン2019)。毎年、豪華なラインナップで盛り上がる本イベントの来日ゲストとして、スパイアクション・コメディドラマ『CHUCK/チャック』や、DC映画『シャザム!』で主演を務めたザッカリー・リーヴァイが来日することが決定した。

【関連記事】今年こそは...第1弾豪華来日ゲストが発表!東京コミコン2019開催決定&アンバサダー発表記者会見

ザッカリーは、今年4月に公開されたDCコミックス原作のスーパーヒーロー映画『シャザム!』で主人公を演じて人気を博し、一躍トップスターの仲間入り。その他にもディズニーアニメ映画『塔の上のラプンツェル』では、ラプンツェルを助けたフリン・ライダーの声優も務めており、劇中で歌われたラプンツェル役のマンディ・ムーア(『THIS IS US』)とのデュエット曲で、第83回アカデミー賞歌曲部門にノミネートされるなど、演技力だけでなく歌唱力も抜群の実力派俳優。

海外ドラマ好きにとっては、2007年から5シーズンにわたり放送された『CHUCK』でひょんな事から国家秘密を脳にインストールしてしまった、冴えないオタク青年チャック役でお馴染みだ。

そんな彼は、マーベル映画『マイティ・ソー』シリーズにも出演している。『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2014年)、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)で、ソーとともに戦う3人組の戦士"ウォーリアーズ・スリー"の一人であるファンドラルを演じている。今回の東京コミコン2019では、"ウォーリアーズ・スリー"のメンバーであるホーガン役の浅野忠信がアンバサダーを務めていることから、オープニングセレモニーなどでの共演が見られるだろう。今から楽しみな一つだ。

ザッカリーは、期間中すべての日程に来場し、当日は会場において写真撮影会およびサイン会等も予定されている。

すでに、東京コミコン2019来日ゲスト第1弾が発表されており、オーランド・ブルーム(『Carnival Row』『ホビット』シリーズ)、セバスチャン・スタン(『ゴシップガール』『キャプテン・アメリカ』シリーズ)、ルパート・グリント(『ハリー・ポッター』シリーズ)の来日が決定している。

<東京コミックコンベンション2019(東京コミコン2019)>
【主催】株式会社東京コミックコンベンション、東京コミックコンベンション実行委員会
【日時】2019年11月22日(金)~11月24日(日)
    ※11月22日(金)12:00~20:00
    ※11月23日(土)10:00~20:00
    ※11月24日(日)10:00~18:00
【場所】幕張メッセ 国際展示場 9・10・11ホール
【公式サイト】https://tokyocomiccon.jp/

(海外ドラマNAVI)

Photo:ザッカリー・リーヴァイ

花火大会、家族旅行など楽しいイベントが盛りだくさんの夏休み。でもこの連日の猛暑続きで、クーラーの効いた室内で過ごすことも多いのでは? 全国無料放送のBSテレビ局・Dlifeでは、夏休み期間中の平日、朝と夕方に『ティーン・スパイ K.C.』『ブログ犬 スタン』『おとぎのもりのゴールディとベア』など人気作品を特別編成。「ディズニータイムの夏休み!」と称して無料集中放送している。また、夏休み期間中に第一話がスタートする『ハーレーはド真ん中』『グッドラック・チャーリー』など家族で楽しめる海外ドラマの放送情報もあわせて紹介しよう。

【関連記事】【まとめ】開局15周年!見逃してない?大人でも楽しめるディズニー・チャンネルドラマ

『ティーン・スパイ K.C.』

ディズニー・チャンネルの人気ドラマ『シェキラ!』でブレイクし、『スパイダーマン:ホームカミング』『グレイテスト・ショーマン』と立て続けに大ヒット映画に出演した全米ティーンのカリスマ的存在のゼンデイヤが主人公ケイシーを演じる本作。女子高生ケイシーは実は見習いスパイ。学校に通うかたわら、一流エージェントである両親と共に、人知れず極秘ミッションを遂行している。同じく一流スパイを目指す、コンピューターを駆使して情報分析を行う弟と生意気盛りの妹。ごく普通の家庭が直面する日々のトラブルに悪戦苦闘しながら、国家の平和に尽力する異色ファミリーのにぎやかな日常をコミカルに描く人気作。

『ブログ犬 スタン』

『ブログ犬 スタン』は、見た後に気持ちがほのぼのと温かくなるファミリー・ドラマ。両親の再婚により兄妹となり一つ屋根の下に暮らすことになった自称イケメンでお調子者のタイラーと、優等生のエイヴリー。性格も育った環境も正反対の難しい年頃の二人。そんな前途多難な家族が迎え入れた一匹の犬スタン。実は彼は人間の言葉を話せ、ブログまで綴るスーパー・ドッグだったのだ! その卓越した才能を普段は隠しながら、犬独特の鋭い嗅覚と人間観察力を駆使し、ドタバタ家族のユニークな日常で愛犬スタンが大奮闘する。

『いつだってベストフレンド』

イマドキ女子高校生の二人が、過去や未来にとらわれず今を生きることの大切さを学ぶハートフル・コメディ。女子高生シェルビーとシドは、幼い頃から大の仲良し。ある日の放課後、クラスメイトで天才発明家バリーの自宅実験室を訪れた二人に、思わぬアクシデントが。なんとタイムトラベル能力が備わったのだ。過去の過ちを正し、ハッピーな未来を垣間みようと過去に未来に繰り出すが、世の中そう単純ではない...。

『ガール・ミーツ・ワールド』

真面目な両親に大切に育てられた12歳の少女ライリーと、大胆で派手なマヤが主人公。NYマンハッタンで同じ中学校に通う親友同士。娘には自分らしく生きてほしいと願う両親の思いと裏腹に、ライリーは憧れのマヤの真似をして悪さをしたり、親に逆らったり...ティーンたちが友情を育み、恋に焦がれ、自分らしさとは何かに悩みながら成長していこうとする姿と、それを見守る家族をコミカルに綴るハートフルなファミリー・ドラマだ。米ABCのシットコム『ボーイ・ミーツ・ワールド』のスピンオフ作品。

『ハーレーはド真ん中』

7人兄妹、9人家族という大家族のディアス家。7人兄妹のド真ん中のハーレーは、いつも家族から忘れられやすい存在で、「真ん中っ子」特有の苦楽を知り尽くしている。そんなハーレーが、大所帯を生き延びるため、家族のために大奮闘を繰り広げる、笑いと感動のファミリーコメディー。

『グッドラック・チャーリー』

高校生の長男PJ、長女テディ、そして末っ子のゲイブ。『グッドラック・チャーリー』は、新たな妹の誕生で、それまでの生活が一変するダンカン家の三兄弟を中心に描く。産休を終えたママが仕事に復帰、三兄弟とパパは、チャーリーと名付けられた末っ子の赤ちゃんのお世話に大忙し! ハイハイを覚え、やがて歩き始めるチャーリーに、テディはビデオ日記を撮ることに。キュートな妹への貴重なアドバイス満載、その愛くるしい成長と微笑ましいダンカン家の毎日がビデオで綴られる。

『おとぎのもりのゴールディとベア』

最後に、アニメーション作品もご紹介。イギリスの有名な童話「3びきのくま」に登場する女の子ゴールディとくまの「その後の世界」を描くファンタジー『おとぎのもりのゴールディとベア』。仲良しの二人は、おとぎの森に暮らし、赤ずきんちゃんやオオカミ、ハンプティー・ダンプティーなど、童話や昔話でお馴染みの主人公たちに出会う。

現在放送中

■『ティーン・スパイ K.C.』』土日16:30より
■『ブログ犬 スタン』土日16:00より
■『いつだってベストフレンド』土曜日19:30より
■『ガール・ミーツ・ワールド』日曜日19:00より
■『おとぎのもりのゴールディとベア』月~金曜日7:30より

今月第1話から放送開始

■『ハーレーはド真ん中』8月25日(日)16:30より放送スタート
■『グッドラック・チャーリー』8月25日(日)19:00より放送スタート

*詳しい放送情報は公式サイトでご確認を

(海外ドラマNAVI)

Photo:
『ティーン・スパイ K.C.』 (c) Disney
『ブログ犬 スタン』 (c) Disney
『いつだってベストフレンド』 (c) Disney
『ガール・ミーツ・ワールド』 (c) Disney
『ハーレーはド真ん中』 (c) Disney
『グッドラック・チャーリー』 (c) Disney
『おとぎのもりのゴールディとベア』 (c) Disney

今秋スタートするシーズン15でシリーズファイナルを迎える『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』。15年間にわたり主人公兄弟の兄ディーンを演じてきたジェンセン・アクレスが、分身とも言える役とのお別れについて米US Weeklyにコメントした。

【関連記事】『スーパーナチュラル』の熱い兄弟愛、ジェンセンとジャレッドが紡いできた12年

現地時間7月21日(土)にサンディエゴで開かれたコミコンに参加したジェンセンは、本作が終わりを迎える時、ディーンという役から受け継ぎたいものについて聞かれ、次のようにコメントした。「彼は自分の本能を信じて行動に移す。僕もそうしようと思うよ」

さらに、「時々、家でディーンの声を使って話すんだけど、そうすると妻は"やめて、ディーンの声で話さないで"なんて言うんだ。でも、"ごめんよ"って謝ると"使ってもいいわよ"って言ってくれる時もあるんだ」と笑いながら家族とのエピソードも明かした。やはり彼にとってディーンという役は公私で切り分けることはできないようだ。家でいつでもディーンを見ることができる奥さん(ダニール・アクレス)のことも、ファンにとっては実に羨ましい話だろう。

同コミコンでは、製作陣から映画化の可能性についても言及されており、ファンの間では期待が高まっている。『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』はシリーズファイナルとなるシーズン15が、米CWにて10月10日(木)より全20話で放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェンセン・アクレス&ダニール・アクレス(ジェンセン・アクレス Instagramより)

医療ドラマの金字塔『ER 緊急救命室』を放送した米NBCが新たな医療ドラマを生み出した。シーズン2の製作も決定している命の現場を新しい視点で描く心揺さぶる医療群像劇『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』が今秋日本初上陸!

【関連記事】【お先見】改革を推し進める医師にはタイムリミットが...『ブラックリスト』ライアン・エッゴールド主演医療ドラマ『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』

本シリーズは、1736年からニューヨークに実在する米国初の公立病院、ベルビュー病院で改革を行なったエリック・マンハイマーの回顧録「Twelve Patients: Life and Death at Bellevue Hospital(12人の患者:ベルビュー病院での生と死)」が原作で、彼が本作の主人公マックスのモデルとなっている。演じるのは、アクション・ サスペンスドラマ『ブラックリスト』でトム・キーンを演じたライアン・エッゴールド。

さらに本作は従来の医療ドラマと異なり、刑務病棟や院内法廷などが登場し、さまざまな専門科のドクターや患者のバラエティに富んだ複数の物語が並行して展開される。

舞台は、ニューヨークにある米国初の公立病院ニュー・アムステルダム病院。そこに雇われた新任の医療ディレクターであるマックス(ライアン)は、この病院で生まれた。だが、彼の姉はここで命を落としていた。マックスは"ひとりでも多くの患者を救う"をモットーに、高額な請求ばかりで診療がおろそかになっている心臓外科の医師を全員解雇する。その一方、外部から医師を招いたり優秀な医師を再雇用したりと、昔ながらの官僚気質で大胆な改革を起こしていく。しかし、そんなマックスにはある秘密を抱えていた...。

大都市ニューヨークで"どんな患者も治療する"病院とあって、国連関係者、テロリストの疑いがある者、刑務所の受刑者、ホームレスなど次々と担ぎ込まれてくる多彩な患者も見どころの一つ。そんな彼らを治療するドクターたちとマックスが、どのようにニュー・アムステルダム病院を変えていくのか、緩急が絶妙なストーリーに要注目だ。

ライアン演じるマックスが働く病院の医師役には、『ブラック・スワン』のジャネット・モンゴメリー(ローレン・ブルーム役)、『ドクター・フー』や『マンハッタンに恋をして ~キャリーの日記~』のフリーマ・アジェマン(ヘレン・シャープ役)、『ザ・ラストシップ』のジョッコ・シムズ(フロイド・レイノルズ役)、『スタートアップ』のタイラー・ラビーン(イギー・フロム役)、『世界にひとつのプレイブック』のアヌパム・カー(ヴィジェイ・カプール役)らが名を連ね、その他に『GOTHAM/ゴッサム』のザブリナ・ゲバラ(ドラ役)、『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』のリサ・オヘア(ジョージア役)が出演する。

■『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』放送情報

WOWOWプライムにて
10月9日(水)スタート(全22話)[第1話無料放送]
 毎週水曜 夜11:00~[二][字]
 毎週木曜 深夜0:00~[字]

<関連番組>
・10月スタート!「ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ」ガイド(全2回)
8月3日(土)午後4:55ほか[無]

・第1話先行無料放送
10月5日(土)[無][二][字]

(海外ドラマNAVI)

米CWのDCスーパーヒーロードラマ『SUPERGIRL/スーパーガール』で主人公スーパーガールことカーラ・ダンバースを演じるメリッサ・ブノワが、シーズン5で監督デビューを飾ることが明らかとなった。米Entertainment Weeklyが報じている。

【関連記事】『SUPERGIRL/スーパーガール』カーラ/スーパーガール役の小松未可子にインタビュー!

メリッサはシーズン5の第17話で初メガホンを取り、ついに念願叶っての監督デビューになるとインタビューで明かしている。「シーズン3から監督したいとずっと思っていたんだけど、スケジュールの都合で去年は無理だったから(ハンク・ヘンショウ/ジョン・ジョーンズ役の)デヴィッド・ヘアウッドが先にやったの(シーズン4第19話「アメリカン・ドリーマー」)。番組のこともキャラクターやその世界観、作品のトーンについても良く理解しているから、あるシーンを特定の方法で撮影することを想像せずにはいられなくなって、ここ数シーズンで監督をしたいなと思うようになったの。そのアイデアを再現したいわ」と、監督業への意気込みを語った。

メリッサが監督を務めるエピソードは来年の春まで放送されないが、すでに準備を進めているとのこと。シーズン5第1話のコンセプト・ミーティングにも出席し、プロデューサーで監督でもあるジェシー・ウォーンの仕事ぶりを研究。ジョン・クライヤー(『ハーパー★ボーイズ』)がレックス・ルーサー役で初登場したシーズン4第15話「ブラック・クリプトナイト」で監督を務めたターニャ・マキアナンに見習いとして付く予定だという。

そのプロセスについては、「この番組はすごく規模が大きいから、他のTV番組を監督するのとはわけが違う。みんなにも言われているけど、文字通り私はスポンジになるつもりで、監督の模倣をすることで毎日新しいことを学んでいるの」とも話し、監督として知識を吸収するよう日々努めているようだ。そして、自分の監督デビューを支えてくれる才能あるスタッフに囲まれ、幸運だとも付け加えた。

メリッサが監督デビューを飾るエピソードを含む『SUPERGIRL/スーパーガール』シーズン5は、CWにて10月6日より放送スタート予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUPERGIRL/スーパーガール』公式Twitterより

マーベル映画『アベンジャーズ』後の世界を舞台に、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の活躍を描く『エージェント・オブ・シールド』。更新されたシーズン7をもって幕を閉じることが決定したが、あるシーズンで複数のエンディングが用意されていたことをキャストが明かした。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】シーズン7で終了する『エージェント・オブ・シールド』キャストたちの反応は...

7月18日(木)~21日(日)にわたり開催されたサンディエゴComic-Conで、アルフォンソ・"マック"・マッケンジーを演じるヘンリー・シモンズと、エレナ・"ヨーヨー"・ロドリゲス役のナタリア・コルドバ=バックリーがパネルインタビューに登壇。そして、ナタリアが「シーズン5では異なる結末をいくつか撮影した」と明かした。

ヘンリーは、「それはシリーズが更新されるかどうか分からなかったからね」と、シーズン6への更新が危ぶまれていたという。事実、フィル・コールソン役のクラーク・グレッグは、「ほとんどのキャストが、シーズン5がファイナルになると思っていた」と以前述べていた。マーベルTVでトップを務めるジェフ・ローブも「実はシーズン5がファイナルシーズンだと思っていました。ですので、実際(同シーズン最終話である)第22話のタイトルは「The End(邦題:結末)」ですし、振り返ってもらえるとお分かりかと思いますが、脚本もそのようにまとまっていました」とコメントしている。

そして、ファイナルシーズンの最終話に複数のエンディングが用意される可能性について、ヘンリーは「だけど、もうシリーズはカムバックしない。もう終わると分かっているから、(複数のエンディングを撮影する)必要はないよね」と断言し、本シリーズがカムバックしないこと、寂しさを伝えた。

ジェフ・ローブは、「個人的には、どの素晴らしいマーベルの物語も"続く"で終わると信じている。だが短く答えれば、ある意味でシリーズは終わるし、感極まってしまうがベストな方法で締め括られるよ」とシリーズが終了するについて語っている。

終了と思われていたシーズン5のあとに何が語られるのか―。気になる『エージェント・オブ・シールド』シーズン6は、日本では9月14日(土)午後1:00よりWOWOWプライムにて日本初放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『エージェント・オブ・シールド』
(C)ABC Studios & Marvel

英人気ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』やマーベル映画『ドクター・ストレンジ』などで人気を博しているベネディクト・カンバーバッチほか豪華キャストが、声優を務めることが明らかとなった。英Digital Spyが報じている。

1968年に出版され、世界で300万部を売り上げたベストセラーとなったジュディス・カーによる絵本「おちゃのじかんにきたとら」を英Channel4がアニメ映画として映像化する。「おちゃのじかんにきたとら」は、少女ソフィーと彼女の母親の前に突然礼儀正しいトラが現れ、二人は招き入れる。トラが家中の食料を食べつくしてしまったにもかかわらず、ほのぼのと楽しい時間を過ごす様子が描かれる。

ソフィーの父親を演じるベネディクトは、「他の世代に楽しんでもらうために、ジュディス・カーによる時代を超越した絵本の名作をスクリーンに甦らせ、小さいながらも役に立てることにワクワクしています」とコメント。

トラを吹替えるのは、映画『グローリー/明日への行進』でマーティン・ルーサー・キング・Jr牧師を演じ、ダニエル・デイ=ルイスが主演した『リンカーン』や、クリストファー・ノーランが監督を務めた『インターステラー』などに出演しているデヴィッド・オイェロウォ。新進女優のクララ・ロスがソフィーの声を演じる予定だ。

その他に、映画『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズで三月うさぎの声を担当したポール・ホワイトハウス、Netflixオリジナル映画『マーダー・ミステリー』に出演するデヴィッド・ウォリアムズ、『マット・ルブランの元気か~い?ハリウッド!』のタムシン・グレイグも声優として名を連ねている。

最近ベネディクトは、19世紀の英アーティスト、ルイス・ウェインの人生を描く映画『Louis Wain(原題)』で主演すると報じられたばかりで、その他にも、マーベル映画『ドクター・ストレンジ』の続編『Doctor Strange in the Multiverse of Madness(原題)』などが待機中だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ベネディクト・カンバーバッチ
(c)NYKC

禁断の愛に溺れた迷える大人たちの人生が、それぞれの視点を通してさらに複雑に絡み合う...。ゴールデン・グローブ賞を受賞した衝撃のラブ・サスペンス『アフェア 情事の行方』のシーズン4が、WOWOWプライムにて日本初放送となる。

各エピソードの前半と後半を、男女それぞれの視点で描かれる構成が特徴の本シリーズ。同時並行で進む失踪事件の謎も見どころになり、全米TV界で高い評価を受けた大人のための秀作ドラマだ。全米では惜しくも最終章となるシーズン5が8月25日(日)から放送開始。最終章を前に今シーズンも事件が起き、見逃せない。

新シーズンではロサンゼルスも主要な舞台となり、スケールがさらに広がる。不倫でお互いの家庭を壊したノアとアリソンだったが、二人は関係を解消してそれぞれ新しい愛を模索する。ノアの元妻ヘレンとアリソンの元夫コールもまた、現在のパートナーとの絆を深めようともがき苦しむのだった。

レギュラーキャストのノア役ドミニク・ウェスト(『THE WIRE/ザ・ワイヤー』)、アリソン役のルース・ウィルソン(『刑事ジョン・ルーサー』)、ヘレン役のモーラ・ティアニー(『ER 緊急救命室』)、コール役のジョシュア・ジャクソン(『FRINGE/フリンジ』)は引き続き出演。

ゲスト出演として『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のスピンオフとなる『オリジナルズ』で、ヘイリー・マーシャル役を演じるフィービー・トンキンや、『エイリアス』のエイミー・アーヴィングらが姿を見せる。

■『アフェア4 情事の行方』[R15+指定相当]放送情報

WOWOWプライムにて
9月6日(金)スタート(全10話)[第1話無料放送]
 毎週金曜 夜11:00~[二][字]
 毎週火曜 夜10:00~[字]

<関連特集>
シーズン3一挙放送(全10話)
8月21日(水)、22日(木)、27日(火)~29日(木)[第1話無料放送][二][字]

<関連情報>
シーズン3をWOWOWメンバーズオンデマンドにて
8月7日(水)午前10:00より一挙配信

(海外ドラマNAVI)

Photo:『アフェア4 情事の行方』
(c)2018 "The Affair" Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.

米Showtimeで2013年から放送され、骨太な人間ドラマで本年度のエミー賞にもノミネートされている『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』。そのシーズン5が9月15日(日)からスーパー!ドラマTVにて独占日本初放送となる。

【関連記事】『フレンズ』のアノ人がシリアスドラマ『レイ・ドノヴァン』出演を望む!

このシーズンの特徴は、これまでと違い回想シーンが多用されていること。前シーズン最終話では、ロシア人マフィアとの抗争に決着をつけ、テリーが世話をしたボクサーのヘクターが勝ったことを祝ってみんなが楽しそうに踊るパーティのシーンで終わっていた。しかし新シーズンは、ミッキーがテリーの結婚式のためのブートニアを花屋でオーダーする場面からスタートするも、ドノヴァン家の人々は祝福ムードとはほど遠い雰囲気を醸し出しており、あのパーティの夜から「今」に至るまでに何が起きたのかが、回想シーンを交えてストーリーの時系列が錯綜しながら描かれていく。

レイとアビーの夫婦に大きな転機が訪れ、彼らの娘のブリジットは大学のあるニューヨークで新たな生活を始めようとし、息子のコナーも他州の陸軍士官学校に進学する。テリーは警察官のモリーンと結婚するも前途多難、バンチーは妻テレサのレスリング巡業に参加すべく自分もプロレスラーになることを思い立ち、ミッキーは自分の書いた脚本を映画にしようと粘る。各自が自分の今置かれた状況から抜け出そうとするが、そこはトラブルと無縁ではいられないドノヴァン一家、シーズン5でも予期せぬ事態が次から次へと展開する。

新キャストにも注目だ。目玉はなんといっても、アカデミー賞主演女優賞ノミネート5回を誇り、『デッドマン・ウォーキング』で同賞を受賞したスーザン・サランドン。フィクサーのレイに仕事を依頼するハリウッド大手映画会社のトップであるサマンサ・"サム"・ウィンズロウを貫禄たっぷりに演じる。ほかには、ブリジットの恋人スミッティー役を『クワンティコ』のグレアム・ロジャース、新進女優ナタリー・ジェームズ役を『Banshee/バンシー』『HAWAII FIVE-0』のリリー・シモンズ、アクションスターのジェイ・ホワイト役を『スキャンダル 託された秘密』『シカゴ・ファイア』のブライアン・ホワイトが務める。

■放送情報
スーパー!ドラマTVにて9月15日(日)24:00スタート
[二]毎週日曜 24:00~ など
[字]毎週日曜 26:00~ など

(海外ドラマNAVI)

Photo:『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』シーズン5
(c)2017 Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.

マーベルドラマ『エージェント・オブ・シールド』でクリエイターを務め、映画『アベンジャーズ』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でメガホンを取ったジョス・ウェドンが手掛ける、米HBOの新作SFドラマ『The Nevers(原題)』に出演する新キャスト12人が発表された。米TV Lineが報じている。

『The Nevers』は、変わった能力を持っていることを知ったヴィクトリア朝時代の女性の一団"Touched(タッチド)"を描く壮大なSFドラマ。彼女たちが執拗な敵と戦い、世界を変える可能性があるミッションに挑む姿を描くシリーズ。すでに、ロマンス・ファンタジー巨編『アウトランダー』でシーズン1からジェイミーの姉ジェニー・フレイザーを演じるローラ・ドネリーが、ヴィクトリア朝の社会に拒絶され心が傷ついたヒーロー、アマリア・トゥルー役で主演することが決定している。

今回新しくキャストに加わった12人を役柄とともに紹介。

■オリヴィア・ウィリアムズ(『カウンターパート/暗躍する分身』)
裕福な独身女性でタッチドの中心人物。厳格な性格の持ち主だが、賢い人物でもある。他のタッチドのメンバーが暮らす孤児院を創設したラヴィニア・ビドロー役。

■ジェームズ・ノートン(『MacMafia -マクマフィア』)
パンセクシュアル(全性愛者)で上流階級出身のヒューゴ・スワン役。秘密クラブを経営して脅迫をサイドビジネスにしている彼は、タッチドに魅了されているという役どころ。

■トム・ライリー(『ダ・ヴィンチと禁断の謎』)
武装解除を得意とするオタクで、ラヴィニアの弟オーガスタス・"オーギー"・ビドロウ役。熱心な鳥類学者でもあるオーギーはヒューゴの親友。

■アン・スケリー(『ヴァイキング ~海の覇者たち~』)
主人公アマリアの最愛の友人ペナンス・アデアは、タッチドに最初に加わった女性の一人。信心深く積極的な彼女は、自分の特殊能力に喜びを見出しているというキャラクター。

■ベン・チャップリン(『シンデレラ』)
道徳心が高いが、突然暴力を振るう傾向があるフランク・マンディ刑事役。誰も信用しない彼は、土地の法則を無視する有力者と、化学の法則を無視する新たに力をつけた人々の間で板挟みとなる。

■ピップ・トレンス(『風の勇士 ポルダーク』)
元将軍で現在は貴族となったマッセン卿は情け容赦ない性格で、特殊能力を持つ人々が、いかに確立された秩序を乱すか明確に見抜いている唯一のキャラクターだという。

■ザカリー・モモー(『運命の7秒』)
ロンドンで成功を収めた、数少ない西インド系のホラティオ・コウセンズ医師役。アマリアと出会ったことで自分の能力に気づき、現在は彼女と一緒に仕事をしている。

■エイミー・マンソン(『ワンス・アポン・ア・タイム』)
自分で理解できない力に悩んだマラディーは、その力の源を見つけようとする医師たちから拷問を受け、今はギャングを率い悪名高き大量虐殺を行っている。

■ニック・フロスト(『バッドランド ~最強の戦士~』)
ベッガー・キング(乞食王)ことデクラン・オラン役。カリスマ的で残忍な彼は街で軽犯罪を繰り返している。喜んでアマリアの助けもするが、タッチドを犠牲にもするという役どころ。

■ロシェル・ニール(『ミステリー in パラダイス』)
ボンファイアことアニー・カービー役。火をコントロースする能力を持つ。誰と仕事をしようと自分自身と火しか信用しないというキャラクター。

■エレノア・トムリンソン(『風の勇士 ポルダーク』)
心優しく驚くほど撃たれ強いメアリー・ブライトン役。ステージ歌手になる夢が叶わず、婚約も破棄となるが少しもめげない性格。

■デニス・オヘア(『アメリカン・ホラー・ストーリー』)
才能あふれる米国人の外科医エドモンド・ハーグ役。彼は、自分の能力を可能な限り残忍な方法で使うという役どころ。

ジョス・ウェドンが『The Nevers』のショーランナー・製作総指揮・脚本・監督を務める。(海外ドラマNAVI)

Photo:
デニス・オヘア (c)FAM020/FAMOUS
オリヴィア・ウィリアムズ (c)FAM020/FAMOUS
ジェームズ・ノートン (c)JMVM/FAMOUS
トム・ライリー (c)NYSX/FAMOUS

1990年代に社会現象を巻き起こした青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』のリバイバル版『BH90210(原題)』が、8月上旬より米FOXにて放送開始となる。オリジナルキャストに加えて新キャストも続々と発表される中、『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』のボンドガールで知られ、実は『ビバヒル』の世界と長い付き合いのデニース・リチャーズも出演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『ビバヒル』あのキャラ、リバイバル版にまさかの復帰ならず!

全6話のミニシリーズとなる本作では、19年の歳月を経て成長したキャストが本人役で登場し、彼らのリアルな人生と人間関係にインスパイアされたストーリーが描かれるという。

オリジナル版でドナ・マーティンを演じたトーリ・スペリングが、自分を含むオリジナルキャストに囲まれたデニースの写真と「『ビバヒル』ファミリーへようこそ」というメッセージをInstagramに投稿して、彼女の出演を発表。デニースは、自分をパロディにした本人役で登場するとのこと。

なお、実はデニースはオリジナル版のシーズン2最終話に、ジェニー・ガース演じるケリー・テイラーの従姉妹ロビン・マクギル役でゲスト出演していた。さらに、2000年代にリブートされた『新ビバリーヒルズ青春白書』でもシーズン5の中の一話でゲストを務めている。その時に演じたのは、ロビンとは別人の、グウェン・トンプソンというキャラクターだった。今回はデニース自身をパロディにした役柄ということで、『ビバヒル』の世界で3つの役を演じることになりそうだ。

キャリア初期に元祖『ビバヒル』や『となりのサインフェルド』『メルローズ・プレイス』などにゲスト出演していたデニースは、1990年代後半にサスペンス映画『ワイルドシングス』やSFアクション映画『スターシップ・トゥルーパーズ』で注目されるように。チャーリー・シーンと2002年から2006年まで結婚しており、コメディドラマ『ハーパー★ボーイズ』で夫婦共演も果たしていた。2013年から2シーズンにわたってミステリードラマ『ねじれた疑惑』でレギュラーを務め、現在はソープオペラ『The Bold and the Beautiful(原題)』に出演している。

リバイバル版のその他の新キャストとしては、ブライアン・オースティン・グリーン(デビッド・シルバー役)の妻役で『POWER/パワー』などに出演しているラ・ラ・アンソニー、ジェイソン・プリーストリー(ブランドン・ウォルシュ役)の妻役でコメディドラマ『オヤジ・アタック』のヴァネッサ・ラシェイが出演。また、かつてブランドンのガールフレンドであるエミリーを演じ、過去に実生活でブランドン役のジェイソンと交際していたクリスティーン・エリスが数話に登場することも決定している。

トーリ、ジェニー、ジェイソン、ブライアンのほか、シャナン・ドハティ(ブレンダ・ウォルシュ役)、アイアン・ジーリング(スティーブ・サンダース役)、ガブリエル・カーテリス(アンドレア・ザッカーマン役)もカムバックする。

全6話となる『BH90210』は米FOXにて8月7日(水)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:デニース・リチャーズ
(C) NYNR/FAMOUS

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2019年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年7月です。

次のアーカイブは2019年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。