『SATC』サラ・ジェシカ・パーカー、キャリーのファッションに関する謎に答える!

| コメント(0)

女性を中心に絶大な人気を博したドラマ『SEX AND THE CITY』(以下『SATC』)は、主要キャラクターが身に着けるファッションも大きな話題となっていたが、主人公キャリーを演じたサラ・ジェシカ・パーカーがキャリーのファッションに関する謎に答えている。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】『SATC』のキャリーをファッションアイコンに仕立て上げたパトリシア・フィールドってだあれ?

シーズン3第13話「過去からのエスケープ」で、キャリーが左右で違う色のサンダルを履いているシーンが登場するのだが、『SATC』のコスチュームを紹介するInstagramページ「everyoutfitonsatc」が、その秘密に答えたサラのコメントを投稿している。

サラは、「これが、偉大で伝説的な衣装デザイナーのパトリシア・フィールドも認めるはずの公式な答えよ。確かクリスチャン ルブタンのストラップ・サンダルが2足あって、パットと私で片方ずつにしようと決めたの。多分、どちらの色もすごく綺麗でドレスに調和していたということもあるけど、単に片方ずつ違う色にするのを気に入ったからよ。この答えにご満足いただけるといいのだけど」と答えている。

『SATC』は、シーズン6をもってドラマシリーズが終了した後に映画版が2本公開され、その続編となる3作目の製作が噂されながらも実現には至っていない。

そんななか、今年3月にParamount TVが、『SATC』の原作者であるキャンディス・ブシュネルの近刊書「Is There Still Sex in the City?(原題)」のTV化権を獲得したことを発表。その著書は、ニューヨークを舞台に50代以上の女性の友情や恋愛、セックスを描くノンフィクションで、『SATC』とはキャラクターも異なる別物だという。『SATC』の直接的な続編ではないが、ブシュネルがパイロット版の脚本を手掛け、ライザ・チェイシン(『ジプシー』)、ロビン・マイジンガー(『クリスマス・クロニクル』)と共同で製作総指揮にも名を連ねる。

そしてサラといえば、ドラマと映画版でキャリーを演じたあとは、米HBOの離婚を描くコメディドラマ『Divorce/ディボース』に主演しているが、本シリーズは現在放送中のシーズン3をもって打ち切られることが最近発表された

『SEX AND THE CITY』の見どころは海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SEX AND THE CITY』
(C)98/04 CBS Paramount International Television

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年7月 9日 21:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「かつら推進派!?『グッド・ワイフ』ジュリアナ・マルグリーズ、撮影のかつらは大歓迎!」です。

次のブログ記事は「『グッド・ワイフ』アラン・カミング主演『インスティンクト2-異常犯罪捜査-』、WOWOWプライムで日本初放送!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。