クリエイターとしても活躍『HAWAII FIVE-0』ダニエル・デイ・キム、米AMCでドラメディを製作!

| コメント(0)

大人気犯罪捜査ドラマ『HAWAII FIVE-0』で7シーズンにわたりチン・ホー・ケリーを演じたダニエル・デイ・キム。『LOST』でブレイクし、日本では今年9月より公開の映画『ヘルボーイ』に出演している彼が、米AMCでドラメディを製作することが明らかになった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】『HAWAII FIVE-0』ダニエル・デイ・キム、ハリウッドで歩んだ道のり~「次は『LOST』であの役を演じたい!」

『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』『グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル』などの脚本家カーラ・チンの戯曲を元にした『Fast Company(原題)』というタイトルのこの新作は、悪名高い詐欺師一家が、ある出来事のせいで別々の道を歩むことになる。だが、詐欺が思わぬ方向に行ってしまったため、再び家族が集結することになっていくというストーリー。

チンは本作の脚本も手掛け、ダニエルとともに製作総指揮も務める。同戯曲はボストンで公演され、Edgerton New American Play Awardの新作賞を受賞した作品だ。

またダニエルは、先日200以上の国と地域で配信サービスを展開する米Amazonとファーストルック契約(企画を優先的に見られる契約)も結んだ。同社との契約に、Amazonスタジオテレビ部門のトップであるCOOアルバート・チャンは、次のように語った。「ダニエルは、俳優としてもクリエイターとしても非常に多才であることは一目瞭然です。弊社は、そのようなダニエルと彼の会社3ADとともに、新たな物語を製作できることを嬉しく思います」

これを受けてダニエルは、「Amazonと共に新たな1ページをスタートできることにわくわくしています。僕はAmazonのエンターテイメント業界での将来のビジョンと、製作チームを信じています。彼らのドラマ製作に対するコミットメントは、その素晴らしいオリジナル作品を見ればわかることです。私が貢献することで、Amazonと私のプロダクションが成功を収めることを楽しみにしております」と述べた。

ダニエルは2017年に、全米で最大規模のプロダクションITV Studios Americaと2年間に渡るファーストルック契約を結んでいた。今年の秋にはその契約も終了するとみられ、今回Amazonとの契約を結んだと思われる。

ダニエルは俳優業だけでなく、クリエイターとしてもますますの飛躍を見せている。韓国で大ヒットした医療ドラマ『グッド・ドクター』をアメリカ版にリメイクし、米ABCで放送している『グッド・ドクター 名医の条件』では製作総指揮を務め、成功を収めている。同作のシーズン2では出演することも決定している。また昨年12月には再びABCとタッグを組み、韓国ドラマ『町の弁護士チョ・ドゥルホ』をリメイクする米国版をプロデュースすることも決まっている。

クリエイターとしても活躍が止まらないダニエルが製作&出演する『グッド・ドクター 名医の条件』シーズン2は、WOWOWプライムにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ダニエル・デイ・キム
(c)FAM008/FAMOUS

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年6月13日 21:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ER』のあの人が殺人ウイルスに遭遇!実際に起きたエボラ事件を描く『The Hot Zone』」です。

次のブログ記事は「ミーシャは怖がり!?『SUPERNATURAL』キャストが選ぶ一番怖かったエピソード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。