『ビッグバン★セオリー』クリエイター、スピンオフ企画がボツになったと明かす

| コメント(0)

シットコムとしては最長寿となり、来週米CBSで放送されるシーズン12の最終話をもって幕を閉じるオタクコメディドラマ『ビッグバン★セオリー ~ギークなボクらの恋愛法則』。本作のクリエイターが、スピンオフ企画が浮上していたが最終的にボツになったことを明かしている。米TV Lineが報じた。

【関連記事】『ビッグバン★セオリー』シリーズ最終話が完成!キャストがファンへメッセージ

本シリーズのスピンオフには、すでに主人公の一人である物理学者シェルドンの幼少時代を描く『Young Sheldon(原題)』があるが、クリエイターのチャック・ロリーが新スピンオフになるはずだった企画が実現しなかった経緯を説明した。「これ以上ないぐらい素晴らしいクリエイティブな理由がない限り、その作品を製作するのは経済的に難しい。もしスピンオフをやるなら、その仕事に情熱を持たなければならない。ただ、お金を追いかけているだけでは十分じゃないんだ」

またロリ―は、シリーズの最終話の撮影では感極まり、精神的にこたえたとも明かしている。「もう少しのところで撮影できない状態だった。手が震えてしまって、ここまで感情的になるとは思っていなかったんだ。この番組は私たちにとって意味があるからね。シリーズに取り組んだみんなが作品を大切に思っていたし、別れを言うのはつらいよ」

ロリーは、マイケル・ダグラス(『アントマン』シリーズ)が主演するNetflixのコメディドラマ『コミンスキー・メソッド』や、チャーリー・シーン主演のファミリーシットコム『ハーパー★ボーイズ』、Netflixの『ハイ・ライフ』などでもクリエイターを務めている。

『ビッグバン★セオリー ~ギークなボクらの恋愛法則』シーズン12の最終話は、CBSにて5月16日(木)に放送予定。本作の視聴記録やレビューは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:現地時間5月1日にTCLチャイニーズ・シアターで手形を残したキャスト・スタッフ
左から二人目がチャック・ロリー
(c)Faye Sadou/Famous

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年5月13日 21:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「次代の『ブレイキング・バッド』!?国境のブラックマーケットを描くドラマが製作へ」です。

次のブログ記事は「米CBS『HAWAII FIVE-0』『BULL』『S.W.A.T.』含む人気シリーズを一挙更新!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。