『ブレイキング・バッド』ベッツィ・ブラント、『SUITS』スピンオフに出演!

| コメント(0)

大人気ドラマ『ブレイキング・バッド』で主人公ウォルター・ホワイトの義弟、ハンクの妻マリー役を演じたベッツィ・ブラントが、リーガルドラマ『SUITS/スーツ』のスピンオフ版『Pearson(原題)』に出演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『ブレイキング・バッド』ドラッグ事情コラム アメリカのドラッグカルチャー

『Pearson』は、オリジナル版の主人公ハーヴィー(ガブリエル・マクト)の上司だったジェシカ・ピアソン(ジーナ・トーレス)を主人公にしたシリーズ。本家のような弁護士ドラマではなく、腐敗したシカゴの政治社会で、ジェシカがボブ・ノヴァック市長の右腕として奮闘する姿を描く内容になる模様。

ベッツィはノヴァック市長の妻で、かつては弁護士として活躍したが現在は専業主婦として子育てに奔走するステファニー役を演じる。すでにボブ役には、犯罪捜査ドラマ『パーソン・オブ・インタレスト』でロシアン・マフィアのヨゴロフを演じ、ホラードラマ『ザ・ミスト』などに出演しているモーガン・スペクターが決定している。

ベッツィは『ブレイキング・バッド』の放送終了後、『マイケル・J・フォックス・ショウ』でマイケル演じるマイク・ヘンリーの妻アニー役で出演したが、残念ながら本作はシーズン1でキャンセルに。性考察ドラマ『マスターズ・オブ・セックス』や、犯罪捜査ドラマ『ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言』などにもゲストとして登場している。

ベッツィが出演する『Pearson』は、米USAにて2019年内に放送開始を予定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:ベッツィ・ブラント
(C)FAM020/FAMOUS

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年4月24日 21:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『オーファン・ブラック』タチアナ・マズラニー、『ジ・アメリカンズ』マシュー・リスとミニシリーズで共演!」です。

次のブログ記事は「『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章第2話が"合法に"流出!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。