『エージェント・オブ・シールド』は、MCU映画と離れたことで成功した?!

| コメント(0)

大ヒット映画『アベンジャーズ』後の世界を描くスピンオフドラマ『エージェント・オブ・シールド』。本シリーズで、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.のフィル・コールソンを演じるクラーク・グレッグが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画と離れたことでドラマシリーズが成功したと語っている。

【関連記事】アベンジャーズの架け橋となる男- 『キャプテン・マーベル』"若手エージェント"フィル・コールソンに注目!

米ABCで2013年に放送開始された当時は、TVシリーズと映画を絡み合わせた展開になる予定だった『エージェント・オブ・シールド』。だが、2015年に企業が再編成され、マーベル・スタジオとマーベル・エンターテイメントに分かれたことで路線変更になったのだという。

その点について米io9のインタビューに応じたクラークが、次のように答えている。「正直なところ、初期の頃は実験的な段階だったんじゃないかと思う。マーベルはひとつの大企業だったけど、今ではそうでもない。2つに分かれた部門が、映画でやってきたことを慎重に筋道立てることを望んでいたんだ。シーズン1の終わりと『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』でヒドラが暴露されて、番組がひっくり返ったからね」とコメント。

続けてクラークは、「初期はTVシリーズと映画をシンクロさせていたが、次第に製作チームが映画で取り上げられていない要素やキャラクターを、ドラマに投入するようになった。そして今まで誰も興味を示さなかったマーベル・ユニバースのパーツを巧みに取り入れ、独自のスタイルを確立するようになった」と振り返っている。

クラークが言うように、シーズン2より番組は独自の神話を取り入れるようになり、シーズン3ではアベンジャーズとは関係なしにハイヴといった敵と対決。さらに、最もクリエイティブになったシーズン4ではタイムジャンプさせ、超常現象からディストピアな仮想現実まで盛り込んでいる。

次のシーズン6は、5月10日からABCにて放送開始予定。また『エージェント・オブ・シールド』は、すでにシーズン7への更新も決定しており、この世界はまだまだ広まるだろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:『エージェント・オブ・シールド』
(C)ABC Studios & Marvel

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年4月25日 21:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【Dlife放送情報】「ディズニータイムのゴールデンウィーク」人気アニメを一挙無料放送!」です。

次のブログ記事は「『ベター・コール・ソウル』はシーズン6で終了!? ガスがコメント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。