【ネタバレ】巨額の製作費で製作される『GOT』、エピソード監督が第一章の予算の低さを明かす!

| コメント(0)

大ヒット大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』は、今となっては巨額の製作費が投入される大作シリーズとなったが、どれほど第一章の製作予算が低かったか、エピソード監督が実情を明かしていることがわかった。英Digital Spyが報じている。

(本記事は、『ゲーム・オブ・スローンズ』第一章の重要なネタバレを含みますで、ご注意ください)

【関連記事】『GOT』ロブ役のリチャード・マッデン主演ドラマ『ボディガード -守るべきもの-』が社会現象を巻き起こした理由

第一章第9話「ベイラー大聖堂」でエピソード監督を務めたアラン・テイラーが、米Vanity Fairの公式YouTubeチャンネルのインタビューに応じ、現在のような予算があれば第一章で変更できたであろう点などを指摘している。「HBOの十分な予算で製作されるようになったから、(第一章の)小規模で安っぽいシーンを見ると面白いよ。だけど、第一章を製作していた時点では誰も番組を見ていなかったし、視聴者を得ることが出来るのかも分からなかったから、はした金すらなかったよ」とコメント。

そして、テイラーがメガホンを取った「ベイラー大聖堂」では第一章のメインキャラクターであるネッド・スターク(ショーン・ビーン)が斬首されるシーンがあるのだが、その場面についてはエキストラの数が足りず、そのシーンを今見るとどれほど予算が少なかったかが分かると語っている。

さらに、父であるネッドが斬首される現場に居合わせた娘のアリア(メイジー・ウィリアムズ)が石像によじ登るシーンでは、CGIに資金を投入して中庭を見下ろすように石像の羽が画面に広がるシーンを描くはずだったが、最終的に予算が尽きてしまったため、空を映したシーンだけが残ったとも明かしている。しかし、予算は十分ではなかったものの、「感情に訴えかけるパンチはしっかりと効いていたと思うよ」とも付け加えていた。

その後、シーズンを重ねるにつれ規模が大きくなり、第八章の製作予算は1話につき1500万ドル(約16億7000万円)まで膨れ上がったとも報じられている。

いよいよファイナルを迎えることになった第八章は、4月15日(月)に世界同時放送となり、日本ではスターチャンネルにて放送スタート。『ゲーム・オブ・スローンズ』の視聴記録やレビューは、海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』撮影現場
(C)2014 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年4月 4日 21:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シーズン21へ更新された『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』、ドラマ史上で最長寿ドラマに!」です。

次のブログ記事は「『アメリカン・ホラー・ストーリー』のあの人、次のシーズンには出演しない?! 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。