『ハリポタ』クリエイターが手掛ける英BBCの新作スリラードラマに『ブラックリスト』の悪役たちが出演!

| コメント(0)

エミー賞3度受賞のジェームズ・スペイダーが主演を務めるアクション・サスペンス超大作『ブラックリスト』。同作で超高身長のブラックリスターを演じたロン・パールマン(『ハンド・オブ・ゴッド』)と、スーザン・スコット"スコッティ"・ハーグレイヴを演じたファムケ・ヤンセン(『殺人を無罪にする方法』)が、英BBCの新作ドラマで共演することが明らかになった。米Varietyが報じている。

【関連記事】『ブラックリスト リデンプション』ファムケ・ヤンセン(スーザン・"スコティー"・ハーグレイヴ役)インタビュー

二人が共演する『The Capture(原題)』というタイトルの新作は、世界で最も監視下に置かれていると言っても過言ではないロンドンが舞台。フェイクニュースが膨大に流れるこの情報社会で、監視カメラに映った映像は常に真実なのかを問うサスペンスドラマ。

現時点では、ロンとファムケの役どころについて明らかになっていないが、映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のカラム・ターナーが主演を務めることが決定している。カラムが演じるのは元軍人で、アフガニスタンで殺人を犯した罪に問われるが、それは偽の映像証拠のせいだった。そして、彼は、ロンドンで起こったある事件を映していたセキュリティー監視カメラCCTVの批判をしている際に、自分の無実のために再び戦う決意をする。

また、『パトリック・メルローズ』や『私立探偵ストライク』のホリデイ・グレインジャーが、監視カメラの残された映像以上のものが、実際にあったのではないかと捜査する刑事を演じる。その他に、ローラ・ハドック(『ダ・ヴィンチと禁断の謎』)、ベン・マイルズ(『ザ・クラウン』)、リア・ウィリアムズ(『ドクター・マーティン』)、ソフィア・ブラウン(『女刑事マーチェラ』)、ポール・リッター(『ヴェラ ~信念の女警部~』)、ラルフ・アイネソン(『ゲーム・オブ・スローンズ』)らが出演する。

全6話構成となる本作の脚本と監督を手掛けるのは、ベン・チャナン(『ザ・ミッシング』)。「素晴らしいキャストとスタッフで、本作を製作できることに大変ワクワクしております。これほど才能のある人々と毎日仕事ができることは、とても光栄なことです」とコメントしている。チャナンは、『ハリー・ポッター』シリーズで知られるデヴィッド・ハイマン、『パディントン』のロージー・アリソンらと共に、製作総指揮にも名を連ねる。

『The Capture』は、すでにロンドンで撮影が始まっている。本作の続報が入り次第、引き続きお伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ファムケ・ヤンセン&ロン・パールマン
(c)FAM020/FAMOUS
(c)NYKC/FAMOUS

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、Hayamizu Emiが2019年3月11日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『グレイズ・アナトミー』サラ・ドリュー、『エレメンタリー』スタッフの新作で市長に!」です。

次のブログ記事は「米HBOの新作コメディで、『Dr.HOUSE』ヒュー・ローリーと宇宙を旅する仲間が決定!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。