『THIS IS US』マイロ・ヴィンティミリアがハーバード大学の選ぶ「マン・オブ・ザ・イヤー」に

| コメント(0)

大ヒットヒューマンドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス』でジャック役を演じ注目を集めているマイロ・ヴィンティミリアが、ハーバード大学のヘイスティ・プディング・シアトリカルズにより、「ヘイスティ・プディング賞マン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。米The Hollywood Reporterが報じた。

【関連記事】『THIS IS US』マイロ・ヴィンティミリア~顔面麻痺という障害を乗り越え歩んだ俳優人生~

現地時間の1月30日、英国で最も古い演劇団体は「マン・オブ・ザ・イヤー」にマイロを選出したことを発表。選考の決め手は、「TVや映画で大きな印象を残したこと」だと説明している。

2017年から2年連続でエミー賞ドラマ部門主演男優賞にノミネートされた彼は、2月8日にハーバード大学にて行われるイベントに出席する予定で、その後、同部の新作『France France Revolution(原題)』を観劇するとのこと。新作では、同部の歴史の中で初めて女性が出演する。

ヘイスティ・プディングは、1967年からマン・オブ・ザ・イヤーの選出を始め、過去にはクリント・イーストウッド(『運び屋』)や、トム・ハンクス(『ペンタゴン・ペーパーズ/最高の機密文書』)、クリストファー・ウォーケン(『ヘアスプレー』)らが選ばれており、昨年の受賞者は『アントマン』のポール・ラッドだった。

「マン・オブ・ザ・イヤー」と同時に選出される「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」には、ブライス・ダラス・ハワード(『ジュラシック・ワールド/炎の王国』)が選ばれた。

『THIS IS US/ディス・イズ・アス』作品見どころやレビューなどは海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:マイロ・ヴィンティミリア
(C) NYNR

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2019年2月 8日 20:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『リーサル・ウェポン』リッグス役に続き、マータフ役デイモン・ウェイアンズも降板へ!」です。

次のブログ記事は「『ダイナスティー』のベテラン女優、『HAWAII FIVE-0』で"あのキャラ"を嫌う役で出演!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。