『ブレイキング・バッド』ブライアン・クランストン、『グッド・ワイフ』クリエイターの新作ドラマに出演!

| コメント(0)

大人気ドラマ『ブレイキング・バッド』のウォルター・ホワイト役で知られるブライアン・クランストンが、リーガル・ドラマ『グッド・ワイフ』のクリエイターによる米Showtimeの新ミニシリーズに出演することがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】型破りな闘う男の生き様を体現!『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』ブライアン・クランストンのインタビュー映像

『グッド・ワイフ』でクリエイターを務めたロバート&ミッシェル・キングが贈るミニシリーズ『Your Honor(原題)』は、ルイジアナ州ニューオーリンズを舞台にした法律スリラー。ブライアンは尊敬を集める判事役を演じ、息子がひき逃げ事故に遭ったことで嘘と騙し合いのゲームに巻き込まれ、不可能な選択を責められることになるという。

英ドラマシリーズ『Silk 王室弁護士マーサ・コステロ』や『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』で製作総指揮と脚本を担ったピーター・モファットが、今作で製作総指揮・脚本・ショーランナーの3役を担う。キング夫妻は製作総指揮を務め、現時点でブライアン以外のキャスティングは決まっていない。

Showtimeのエンターテイメント部門のゲイリー・レヴァイン番組局長は、「ピーターとミシェル、ロバートは鬼気迫るサスペンスと剥き出しの感情、そして道徳観の複雑さを描くオリジナル・スリラーを作り上げました。そして、世界で最高峰の俳優であるブライアン・クランストンが我々の情熱を分かち合い、主演することに同意してくれたことを嬉しく思っています」とシリーズにかける意気込みを語っている。

ブライアンは、現在製作が進んでいる『ブレイキング・バッド』の映画版にも出演することが決定している。

2018年から5シーズン続いた『ブレイキング・バッド』終了後は、詐欺師を主役にしたAmazonのドラマシリーズ『スニーキー・ピート』に出演するだけでなく、クリエイター・製作総指揮も兼任。ハリウッドの赤狩りを描いた映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』では、アカデミー賞主演男優賞に初ノミネートされ、映画版『パワーレンジャー』では悪役ゾードン役で出演。『フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ』では出演・製作総指揮をこなすなど、目覚ましい活躍を続けている。

各作品の見どころやレビューなどは、海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!『ブレイキング・バッド』はこちら、『スニーキー・ピート』はこちら、『フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ』はこちらから。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブライアン・クランストン
(C) Mark Peterson

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2019年2月 6日 21:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『クリミナル・マインド』最終シーズンに、リードのママが戻ってくる!!」です。

次のブログ記事は「大ヒットコメディ『モダン・ファミリー』が、シーズン11で終了に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。