『ダイナスティー』のベテラン女優、『HAWAII FIVE-0』で"あのキャラ"を嫌う役で出演!

| コメント(0)

常夏のハワイを舞台に知事直轄のFIVE-0メンバーの活躍を描く『Hawaii Five-0』に、往年の人気ドラマ『ダイナスティー』に出演していたベテラン女優ジョーン・コリンズが、『HAWAII FIVE-0』のメインキャラクターを嫌う役でゲスト出演することがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『アメホラ』シーズン8に『魔女団』5人組が同役でカムバック!ジョーン・コリンズも出演!

ジョーンはシーズン9第18話で、ダニー(スコット・カーン)の元妻レイチェル(クレア・ヴァン・ダー・ブーム)の母親アマンダ・サヴェージ役を演じることが決定。作家であるアマンダが著書の宣伝で町にやって来た際、土壇場でダニーとスティーヴがイベントの警護に当たることに。今までアマンダはダニーのことを快く思ったことがないのに対し、スティーヴ(アレックス・オローリン)のことは瞬く間に気に入る展開になるという。

ジョーンは、スーツに身をまとったスコットとアレックスと一緒に写った画像に、「素晴らしいキャストとスタッフと一緒に、『HAWAII FIVE-0』で仕事をできて楽しかったわ!」とTwitterに投稿している。

1950年代から映画に出演しはじめたジョーンは、『ダイナスティー』で9シーズンにわたり演じたアレクシス・キャリントン役で大ブレイク。全米で"コリンズ旋風"を巻き起こすほどの人気を博し、映画&ドラマ界をまたにかけて活躍。85歳になった今も精力的に女優として活動しており、架空の英王室のスキャンダルを描くドラマ『The Royals ザ・ロイヤルズ』や、大人気ドラマシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン8にも出演。映画『Unforgettable』で、メラニー・グリフィス(『ワーキング・ガーリ』)の母親としても知られるティッピー・ヘドレン(『鳥』)と共演することも決定している。

『HAWAII FIVE-0』シーズン9の後半エピソードは、CBSにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョーン・コリンズ
(C) FAM020/FAMOUS

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2019年2月 8日 20:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『THIS IS US』マイロ・ヴィンティミリアがハーバード大学の選ぶ「マン・オブ・ザ・イヤー」に」です。

次のブログ記事は「『リーサル・ウェポン』ジョーダナ・ブリュースター、『Magnum P.I.』で主人公の元恋人に!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。