大ヒットコメディ『モダン・ファミリー』が、シーズン11で終了に

| コメント(0)

米ABCで放送している個性豊かな3つの家族が織りなす大ヒットコメディ『モダン・ファミリー』。10年目を迎えなおも高視聴率をキープしている同作が、シーズン11への更新発表と同時に、シリーズフィナーレとなることが明らかになった。米TV Lineなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】2018年に最も稼いだTV女優は、7年連続首位ソフィア・ベルガラ

同作は、両親と子ども3人の典型的なアメリカ人一家、ラテン系の子連れ美女と裕福じいちゃんの年の差夫婦、養子を迎えたゲイのカップルという、3つの家族が繰り広げるドタバタコメディ。大家族アメリカン・ファミリーのおかしな日常を温かい笑いをテンポよく描き、シリーズ開始以来、エミー賞5年連続作品賞受賞という歴史的快挙を成し遂げた作品でもある。

2月5日(火)ABCのエンターテイメント社長のキャリー・バークが、テレビ批評家協会冬のプレスツアーで発表した。「最終シーズンは記念すべき内容になり、ファンなら必見のストーリーになる」とコメントした。

同作プロデューサーのクリストファー・ロイド(『そりゃないぜ!? フレイジャー』)は、更新発表を受けて以下のようなコメントを述べた。「この10年、本作のキャラクターは人生で直面するターニング・ポイントに勇敢に立ち向かい、そしてそれを自分の成長へと繋げていった。もう1シーズン続けることで、違う道を進んで行くことになるよ」

また、同じく製作総指揮のスティーヴン・レヴィタンは、「10年も一緒にいるのに、まだ脚本家たちはお互いの性生活について知らないんだってわかったんだよ。(だからもっと仕事をして親密になるため更新することになった)」とジョークを飛ばした。

本国アメリカで現在放送中のシーズン10は、シーズン9に比べて10から15パーセントの視聴率ダウンとなっているが、それでも1.4デモレーティングで平均510万人の視聴者数を記録している。この数字は、放送局のABCにとってコメディ作品の中で2番目に良いものだという。

シーズン10のキャストには、お馴染みのエド・オニール(ジェイ役)、ソフィア・ベルガラ(グロリア役)、ジュリー・ボーウェン(クレア役)、タイ・バーレル(フィル役)、ジェシー・タイラー・ファーガソン(ミッチェル役)、エリック・ストーンストリート(キャメロン役)らに加え、ベン・シュワルツ(『ザ・ウォーク』)、ダニエル・レヴィ(『シッツ・クリーク』)、ミラ・ソルヴィノ(『コンドル ~狙われたCIA分析官~』)がゲスト出演する。

ファイナルシーズンに向け、最後まで見逃せない展開になりそうだ。そんな『モダン・ファミリー』シーズン10が、FOXスポーツ&エンターテインメントにて3月3日(日)22:00より放送スタート。見どころなどは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『モダン・ファミリー』
(c) 2018-2019 American Broadcasting Companies. All rights reserved.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2019年2月 6日 21:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ブレイキング・バッド』ブライアン・クランストン、『グッド・ワイフ』クリエイターの新作ドラマに出演!」です。

次のブログ記事は「『グレアナ』シーズン16の更新が濃厚、その理由は!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。