『グレイズ・アナトミー』パトリック・デンプシー、金融業界を描く新作スリラードラマに出演決定!

| コメント(0)

大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』で、11シーズンにわたりデレク・シェパードを演じて人気を博したパトリック・デンプシーが、金融業界を描く新作スリラードラマ『Devils(原題)』に出演することがわかった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』パトリック・デンプシー直撃インタビュー

『Devils』はイタリア人の株式トレーダー、クイド・マリア・ブレラによる同名ベストセラー小説をドラマ化するシリーズで、2008年に起きた世界金融危機(リーマン・ショック)にインスパイアされているという。舞台は、米国大手銀行のロンドン支局が舞台となるという。

パトリックが演じるのは、銀行のCEOドミニク・モーガン。イタリア出身で情け容赦ない投資会社の幹部マッシモ・ルゲッロは、ドミニクによりロンドンの金融業界に受け入れられるが、ヨーロッパを揺るがす金融戦争に巻き込まれてしまう。こうしてマッシモは、恩師の見方につくか敵に回すか選択を迫れることになる...というストーリー。

マッシモ役にキャスティングされているのは、Netflix製作によるイタリアのギャングドラマ『SUBURRA -暗黒街-』に出演していたアレッサンドロ・ボルギ。その他にはライア・コスタ(『ヴィクトリア』)、マラカイ・カービー(『ROOTS/ルーツ』)、サリー・ハルムセン(『ポール・ヴァーホーヴェン/トリック』)らが出演し、国際色豊かな配役となっている。

監督を務めるのは、ニック・ハラン(『SHERLOCK/シャーロック』)とジャン・ミシェリニ(『ベン・ハー』)。ハランはショーランナーも兼任するという。原作者のブレラは、マイケル・ウォーカー(『レフト・ビハインド』)、クリス・ラント(『逃亡者 デッドエンド』)らと脚本を担当する。

全10話で構成される『Devils』は、今年9月よりロンドンとローマで撮影開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:パトリック・デンプシー
(c)FAM008/FAMOUS

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2018年8月16日 20:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『GOT』メイジー・ウィリアムズ、撮影終了後に唯一受け取った思い出の品とは?」です。

次のブログ記事は「ミーシャ・コリンズ、4年ぶりに『SUPERNATURAL』のエピソード監督を務めたい!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。