『ウォーキング・デッド』アンドリュー・リンカーン、ようやく実感が湧いてきたと降板理由を明かす

| コメント(0)

2010年に始まった『ウォーキング・デッド』は、今秋シーズン9に突入する。これまで約10年間、リック・グライムズとして本作で主演してきたアンドリュー・リンカーンが、この新シーズンをもって本シリーズを降板するニュースはファンに衝撃を与えた。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』の総督とアンドレア、シーズン9でお別れのリックについて語る!

当サイトでもお伝えしたが、7月末に開催されたサンディエゴ・コミコンのパネルに登場したアンドリューは、「これが、リック・グライムズを演じる最後のシーズンになるよ」と、『ウォーキング・デッド』を去ることを認めた。その後、彼はEW Radioでインタビューに答え、降板理由について次のように語った。

「僕には二人の幼い子どもがいるけれど、今僕は(家族とは)違う国で暮らしている。彼らが成長するにしたがって、あちこち移動することも難しくなる。シンプルなことだよ、僕は家に帰るときなんだ」と、イギリスで暮らす家族と過ごす時間をもっと増やしたいと語った。

アンドリューは、2010年のハロウィンの夜に始まったシーズン1第1話「目覚めの朝」からこれまでずっと『ウォーキング・デッド』で主人公を演じてきた。ニーガン役でシーズン6から出演しているジェフリー・ディーン・モーガンは、アンドリューがドラマの中だけでなく、キャストにとっても"リーダー"だったと彼の人柄についてコメント。ダリルとしてシーズン1からアンドリューakaリックとともに戦ってきたノーマン・リーダスは、彼のことを"クォーターバック"と表現するなど、アンドリューと『ウォーキング・デッド』のキャストの絆の強さは、コミコンで彼が降板を発表した際にスタンディングオベーションが起きたことにも表されている。

すでにリックが登場する全てのシーンの撮影を終えたとアンドリューは話しており、「最後の2話は特に満足いくものになった」とコメント。そして、コミコンで自ら降板を認めた後に大勢の共演者からハグをされて、ようやく「本当に終わりなんだと実感が湧いた」と打ち明けた。

「番組を愛しているし、僕の全てだった。この番組に関わる全ての人を愛しているよ」と語るアンドリューにとって、最後のシーズンとなる『ウォーキング・デッド』シーズン9は、米AMCにて10月7日(日)から放送開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン8より
(C) Gene Page/AMC

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2018年8月 2日 20:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ベター・コール・ソウル』シーズン5へ更新! 7日から配信開始のシーズン4では、本家のタイムラインに迫る!」です。

次のブログ記事は「『ブラザーフッド』ジェイソン・クラーク、新作ドラマであの大女優演じるロシア女帝の愛人に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。