ライアン・フィリップ主演『ザ・シューター』、現在放送中のシーズン3で打ち切りに!

| コメント(0)

アクション映画『ザ・シューター/極大射程』をドラマ化した米USA Networkの『ザ・シューター』が、現在放送中のシーズン3をもって打ち切られることが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】【まとめ】現実に起きた事件の影響で放送が延長になったTVシリーズ9作品

本シリーズは、人気作家スティーヴン・ハンターのベストセラー小説「極大射程」が原作となり、2007年にマーク・ウォールバーグ主演で映画化。ドラマ版では、『父親たちの星条旗』『リンカーン弁護士』などで知られるライアン・フィリップが、主人公の名射撃手ボブ・リー・スワガーを演じている。

本作は、本国アメリカではもともと2016年7月からの放送開始を予定していたものの、当時米国内で相次いで起きた銃撃事件を踏まえ、同年11月に延期して放送スタート。そしてCIA捜査官ヒュー・ミーチャム役のトム・サイズモアが、撮影中に乗っていた車で誤ってスタントマンを轢いてしまい、訴えられるという事態に発展するトラブルが発生。また、主演のライアンが足を骨折したことによりシーズン2が10話から8話に短縮されていた。様々な困難を乗り越えてきた本作だが、シーズン3の平均視聴者数は74万人で、前シーズンの平均視聴者数125万人と比べると約4割減となっており、幕を閉じることが決定してしまったようだ。

『ザ・シューター』シーズン3は全13話構成で、USA Networkで放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ザ・シューター』シーズン2より
(c)2017 USA Network Media, LLC

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2018年8月24日 20:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン4にモーガン登場、本編とのクロスオーバーが強固に」です。

次のブログ記事は「『ビッグバン★セオリー』、ジム・パーソンズがファンに向けて感謝のメッセージ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。