フランス発の最新ミステリー『アート・オブ・クライム 美術犯罪捜査班』10月20日(月)日本初放送!

| コメント(0)

ルーヴル美術館の美術史家と、美術オンチの警部がタッグを組み、歴史的に有名な美術品にまつわる事件を解決していく、フランス発最新ミステリー『アート・オブ・クライム 美術犯罪捜査班』が、AXNミステリーにて10月20日(土)に全6話一挙放送される。

【関連記事】米英だけが海ドラじゃない!今すぐ見たい非英語圏の海外ドラマ7選

2017年にフランスで放送された本作。全6話だが、1エピソードが2話で描かれ、毎回実在する歴史的に重要な美術品が事件に関わってくる。第1話では、ポーズや雰囲気が「モナ・リザ」に似ていることから、実は"ダ・ヴィンチの作品ではないか?"とも言われる、ジャン・ジャコモ・カプロッティ(サライ)の「モナ・ヴァンナ」が登場する。

主人公は、ボッティチェリをパスタだと思うような美術オンチにも関わらず、画廊・美術館・城といった文化的な場所で発生する事件を担当する、"文化財密売取締本部"の警部アントワーヌ(ニコラ・ゴブ『美女と野獣』)。ある夜、男が世界遺産アンボワーズ城からアンヌ王妃の肖像画を盗み出すが直後に殺害され、絵は何者かに持ち去られる事件が発生。その事件を担当することになったアントワーヌは、ルーヴルの美術史家フロランス(エレオノール・ベルナイム『Elle l'adore(原題)』)に捜査協力を仰ぐ。殺人捜査と並行して消えた絵の行方を追う二人。最初はいがみ合っていたが、アントワーヌにとっては、自分にはない知識を持つフロランスの能力が必要であり、一方、フロランスにとっては、彼の前では恐怖症の発作が出ないことから、お互いの距離が縮み、歴史的美術品にまつわる事件を協力して解決していく。

また本作はに、歴史的建築物も登場し、美術史だけでなく、フランスの歴史にも触れられる点が魅力。『アート・オブ・クライム 美術犯罪捜査班』は、10月20日(土)夕方4:00よりAXNミステリーにて、全6話一挙放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『アート・オブ・クライム 美術犯罪捜査班』
©Thierry Langro_GaumontTélévision_France2

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2018年8月21日 20:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マット・デイモン主演映画『ジェイソン・ボーン』のスピンオフドラマシリーズが製作!」です。

次のブログ記事は「『クリマイ』シェマー・ムーアがロスだけでなく日本の平和も守る!『S.W.A.T.』タイアップが決定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。