『TRUE DETECTIVE』マシュー・マコノヒー、スティーヴン・キング原作映画の主役候補に!

| コメント(0)

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』で劇的な減量をしてエイズ患者を熱演し、2014年の第85回アカデミー賞で主演男優賞に輝いたマシュー・マコノヒー。同年、『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』でエミー賞のドラマ部門主演男優賞も受賞し、演技派としての地位を確立した彼が、スティーヴン・キング原作の映画『The Dark Tower(原題)』の主役候補になっていることが分かった。

【関連記事】『True Detective』今、TVドラマが熱い!最高にホットな映画俳優たちがHBOドラマに進出!

キングによる同名小説「ダーク・タワー」は、西部開拓時代を思わせる荒廃した地で、最後の拳銃使いであるローランドが旅の途中で出会った一人の少年とともに、黒衣の男を追い続けるダーク・ファンタジーだ。

米Varietyによると、『The Dark Tower』を製作配給するソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントとMRCは、黒衣の男役をマシューに依頼しており、マシューは脚本を受け取っているものの、出演するかどうかは決めていないとのこと。ウォルター・パディックをはじめとする数々の名前で呼ばれる黒衣の男は、キングのホラー小説「ザ・スタンド」と「ドラゴンの眼」にも登場するキャラクターだ。

メガホンを取るのは、『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』で脚本を手掛け、『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』では脚本・監督を務めたデンマーク出身のニコライ・アーセル。そして、ロン・ハワード監督と大物プロデューサーのブライアン・グレイザーが製作に名を連ねている。

2017年1月13日(金)に全米公開予定の本作で、果たしてマシューが主演することとなるのか、続報を待ちたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:マシュー・マコノヒー
(C) Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年11月20日 21:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『SATC』サラ・ジェシカ・パーカーの新ドラマ、NYで撮影開始!」です。

次のブログ記事は「『ビバヒル』トリ・スペリング、夫の誕生日を"日本式"にお祝い!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。