ベネディクト・カンバーバッチ、『SHERLOCK』特別編に乗り気ではなかった!

| コメント(0)

大人気ミステリー『SHERLOCK/シャーロック』の舞台を、原作と同じヴィクトリア時代に移した特別編『The Abominable Bride(原題)』が製作されたことはすでにお伝えしたが、主演のベネディクト・カンバーバッチは当初そのアイデアに乗り気ではなかったことが分かった。英Digital Spyが報じている。

【関連動画】『The Abominable Bride』の予告映像はこちら!

ベネディクトは、「この企画について初めて聞いた時、一体どうやってやるつもりなのかと思ったよ」と当初は懐疑的だったことを明かした。

しかし、そんな不安も間もなく消えたようだ。「でもその後、(製作側の)スティーヴン・モファットやマーク・ゲイティスからこの企画やシーズン4についての詳細を説明されたら、"これは面白くなりそうだぞ"って思えたんだ。その通りだったね。シャーロックを彼本来の時代で演じるのは楽しかったよ」と、ベネディクトは続けている。

一方、相棒のジョン・ワトソンを演じるマーティン・フリーマンは、オリジナル作品への"タイムスリップ"に違和感を覚えることはなさそうだ。彼は以前のインタビューでこんなことを語っている。「『SHERLOCK』という現代版のシャーロック・ホームズのドラマが作られると初めて聞いた時、そんなものはくだらないに決まってると思ってたんだ。でも脚本を読んでみたら素晴らしい出来でね。こんなにいい脚本なら、たとえ舞台を石器時代に設定されたとしても喜んで出演するよ」

モファットはこの特別編について、「我々の目標は、この作品の最初の15分が経過する頃には、ファンが舞台を移されたことに違和感を感じなくなり、本当に素晴らしいシャーロック・ホームズの物語を楽しんでくれることだよ」と意気込んでいる。

ヴィクトリア時代を舞台に描く90分間の特別エピソード『The Abominable Bride』は、英BBCで2016年1月1日に放送。なお、ファン待望のシーズン4は来年の春に撮影がスタートする。(海外ドラマNAVI)

Photo:ベネディクト・カンバーバッチ
(C)Izumi Hasegawa/HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年11月26日 20:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『Glee』マイク役のハリー・シャム・Jrが結婚! 」です。

次のブログ記事は「元1Dのゼイン・マリクとモデルのジジ・ハディッドが熱愛中! 交際の詳細は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。