『NCIS』ポーリー・ペレット、ホームレスに襲われて「死ぬところだった」!

| コメント(0)

大人気シリーズ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のアビー・シュート役で知られるポーリー・ペレットが、自宅近くでホームレスに襲われて危険な目に遭っていたことが分かった。米ABCなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】『NCIS』アビーこと、ポーリー・ペレット25の魅力<前編>

このニュースは、ポーリーが11月13日(金)にツイッターを通じて自ら明かしたもの。彼女がハリウッドにある自宅を出て道の向かいに建っている自分のゲストハウスに向かおうとした時、精神病にかかっていると思われるホームレスの男に襲われたという。

「彼はすごい力で私をつかむと、腕を抑えた上で顔を何度も殴り、"殺してやる"と繰り返しました」と、ポーリーは襲われた時のことを振り返っている。

男は、自分の名前はウィリアムだと名乗ったという。ポーリーはさらに「私の後ろには誰もいないガレージがあって、もしあそこに連れ込まれたら殺されるとわかりました。相手に力ではかなわなかったので、心の中で祈りを捧げました。そして、『ウィリアムって美しい名前ね。私にもウィリアムっていう名前の幼い甥がいるの』と言ったんです」と続けている。

その後まもなくポーリーが歩道に倒れ込むと、男は逃走。ポーリーは知り合いの警官を含む友人たちに電話で助けを求めた。ポーリーの協力で作成された似顔絵によって、犯人はほどなく逮捕。名前はウィリアムではなくデヴィッド・メルクで、45歳だという。

恐ろしい体験について「本当に怖い、トラウマになりそうな体験だった」と表現したポーリー。「今夜、もう少しで死ぬところだったわ」と語るほどの恐怖を味わった彼女が、一刻も早く心身ともに回復できるよう祈りたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ポーリー・ペレット
(C)Izumi Hasegawa/HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年11月16日 19:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ハリコン」12月28日より開催。『ウォーキング・デッド』スティーヴン・ユァン&チャンドラー・リッグスの来日決定! 」です。

次のブログ記事は「今まで誰も気づかなかった!? 『フレンズ』米再放送でジェニファー・アニストンの代役が映り込むアクシデント! 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。