『ハリポタ』シリーズの著者J・K・ローリング、新たな児童小説を執筆中!

| コメント(0)

小説・映画ともに世界中で大ヒットとなった『ハリー・ポッター』シリーズ(以下『ハリポタ』)。本作の著者として知られるJ・K・ローリングが、新たな児童小説を執筆中だとインタビューで語っている。

【関連コラム】ハリー・ポッターと言えばメガネ!? 「萌えメガネ男子No.1」の座は誰の手に!?~メガネベストドレッサー賞・男性編

米E!Onlineによると、著作「Career of Evil(原題)」のプロモーションのため、英ラジオ局BBC Radio 2の番組「The Radio 2 Book Club」に出演したローリングが、数多くの作品アイディアがあることを明かした。「Career of Evil」は、ローリングが"ロバート・ガルブレイス"という別名で書いた作品で、私立探偵コーモラン・ストライクを主人公としたミステリー小説シリーズの第3弾となる。インタビュー中にローリングは、「アイディアがたくさんあって、児童小説の一部を執筆済みなの。とても気に入っているから、いつか発表すると思うわ。それに、大人向けの作品のアイディアもあるの。でも時々、全部書き終える前に死んじゃうんじゃないかって、心配になる時がある。これって私の中年の危機ね」と語り、想像力豊かな彼女のアイディアは尽きることがないようだ。

執筆中の児童小説が、『ハリポタ』のキャラクターが登場する作品なのかどうか、ローリングは明言していない。そこでE!Onlineが、"あったら面白そうな『ハリポタ』にまつわるストーリーのアイディア"を勝手にピックアップ。魔法界の生物ヒッポグリフの恋物語や、森番ハグリッドの若かりし頃を描いた作品、ハーマイオニーをはじめとした登場人物が女の子だけの物語などを挙げている。

ローリングの新児童小説も待ち遠しいが、まずは、『ハリポタ』シリーズのスピンオフとなる3部作映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の公開を楽しみにしたいところだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:J・K・ローリング
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年11月 9日 18:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「世界最速! 未公開シーンを含む『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の新予告編が登場!!」です。

次のブログ記事は「ギレルモ・デル・トロ×トム・ヒドルストンのゴシック・ミステリー『クリムゾン・ピーク』、ポスターと予告編が公開に 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。