チャーリー・シーン、HIV感染が明らかに。勇気ある告白

| コメント(0)

ハリウッドきってのお騒がせ男チャーリー・シーンが、HIVに感染していることが明らかになった。

【関連記事】チャーリー・シーンと心優しいハリウッド

最初に報じたのはゴシップ紙のThe National ENQUIRERで、「長年、エイズを隠していた」と衝撃的な見出しで伝えると、知らずに最近チャーリーと肉体関係を持ったという複数の女性がいると掲載。瞬く間に世界中のメディアを騒がせた。そこで、チャーリーは騒動を鎮静化させるべく今月17日(火)、朝のニュース情報番組TODAYに緊急出演し、インタビューに応じた。米TV Guideほかが伝えている。

同インタビューで、チャーリーは「自分がHIV陽性であることを認めるために来た」と発言。インタビュアーの質問に率直に答え始めた。HIV感染が分かったのは、4年ほど前。夜に大量の汗をかき、何度となく立ち上がれないほどの頭痛や、おかしくなりそうなくらいひどい偏頭痛に悩まされるようになったというチャーリーは、「脳腫瘍か何かで、死ぬんだと思った」と明かした。

だが原因は脳腫瘍ではなく、HIV感染だった。チャーリーは、「この3文字(HIV)をなかなか受け入れられなかった。人生の岐路に立っていた」と振り返る。思えば、ドラマ『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』をクビになったのも、「オレには虎の血が流れている」と暴言を吐いたのも病名が判明した直後。彼のお騒がせ行動はこれにとどまらなかったが、「責任を取れるものなら取りたい」とチャーリーは自嘲した。

病については周囲の信用できる人間にのみ明かしていたというものの、裏切られて暴露に至ったようだ。「マスコミにばらす」と脅され、複数人に口止め料を払っていた事実も認めたチャーリー。彼女らに支払った額は何百万ドルにも上るそうで、さらなるゆすりたかりから逃れるためにも告白する決断を下したのだという。

なお、チャーリーいわく、HIVが判明してから避妊具を使わずに性交渉を持った女性は二人だけで、彼女らには手厚いケアをしているとのこと。他の女性とは避妊具をつけていたので感染することは「不可能」とチャーリーは断言したが、これについてはインタビューに同席していた主治医が「可能性はゼロとは言い切れませんが、実際のところ極めて可能性は低いです」と修正している。

主治医はまた、チャーリーはエイズを発症していないと明言。医師の指示通り、チャーリーは欠かさず処方された薬を服用しているという。引き続き闘病生活に加えて、女性たちからの訴訟も待ち受けているチャーリー。これからは、「同じようにHIVに感染している人の力になりたい」とも語った。今回のインタビューを受けて、世界中のファンがSNSなどを通じてチャーリーに「勇気ある告白だ」「頑張れ」などとエールを贈っている。(海外ドラマNAVI)

Photo:チャーリー・シーン
(C)Tom Marcus/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年11月18日 21:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「乳がんを告白した『ビバヒル』シャナン・ドハティ、久々に公の場に登場! 」です。

次のブログ記事は「『ベター・コール・ソウル』、シーズン2の全米放送は2016年2月15日(月)スタート 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。