『キャッスル』製作者がABCと再タッグを組んだ法廷ドラマ、パイロット版の製作へ

| コメント(0)

『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』や『LAW & ORDER』で製作総指揮を務めたバリー・シンデルが新たに手掛ける米ABCの法廷ドラマ『Murder Town(原題)』のパイロット版が製作されることになった。米Deadlineが報じている。

【関連お先見!】『キャッスル』『ブラックリスト』...アメリカの人気ドラマは、「日本人のミステリアスな魅力」がお好き。

アフリカ系アメリカ人としてデラウェア州で初めて州検事となった女性が、彼女の夫が殺された事件や人種差別問題に巻き込まれていくというストーリーだ。主役は、『GOTHAM/ゴッサム』のジェイダ・ピンケット・スミス。

『HEROES/ヒーローズ』などの脚本家ロブ・フレスコが書いたオリジナルの脚本を、シンデルが書き直すという。また、シンデルとともに主演のジェイダも製作総指揮を務める。

シンデルが以前ABCで製作した『キャッスル』は現在アメリカでシーズン8が放送中とロングヒットを記録しているが、同局と再び組む『Murder Town』もそれに続けるだろうか。(海外ドラマNAVI)

Photo:『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』
(c)ABC Studios.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年11月11日 19:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【ネタばれ】『ウォーキング・デッド』悪役としてジェフリー・ディーン・モーガンが出演!」です。

次のブログ記事は「『トワイライト』原作者がSFミステリードラマを製作」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。