ディズニーの悪役の子孫を描くTV映画『ディセンダント』、早くも続編製作へ

| コメント(0)

『眠りの森の美女』の魔女マレフィセント、『101匹わんちゃん』の悪女クルエラ・デ・ヴィル、『白雪姫』の邪悪な女王や『アラジン』の悪役ジャファーなど、ディズニーでお馴染みの悪役の子どもたちを描いたTV映画『ディセンダント』。アメリカをはじめ世界ですでに3200万人が視聴し、12月に日本でも初放送となるが、早くもその続編が製作されることになった。

【関連記事】『ディセンダント』ケニー・オルテガ監督緊急来日! オフィシャルインタビュー

「ディセンダント」とは、英語で「子孫」のこと。そのタイトル通り、"もしディズニー・キャラクターに子孫がいて、10代だったら?"という発想から誕生したオリジナル作品だ。プリンセスやプリンスたちが暮らすとある王国を舞台に、悪名高き親を持つ子どもたちの心の成長や友情、自分探しがテーマとして描かれる。

前章となる小説「The Isle of the Lost」は、ニューヨークタイムズ紙のベストセラーリスト(Children's Middle Grade)にて過去22週中13週で第1位を獲得している。その小説やTV映画1作目に続いて続編も大ヒットとなるか注目だ。

『ディセンダント』1作目は、ディズニー・チャンネルにて12月に日本独占放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ディセンダント』ファンイベント
(C)Disney

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年10月26日 20:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ションダ・ライムズ、「ロミオ&ジュリエット」の続編小説をドラマ化!」です。

次のブログ記事は「映画『シャイニング』のインスピレーションとなったホテルが、ホラー・ミュージアムに! 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。