ションダ・ライムズ、「ロミオ&ジュリエット」の続編小説をドラマ化!

| コメント(0)

大人気医療ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』や『スキャンダル 託された秘密』のクリエイター、ションダ・ライムズが、「ロミオ&ジュリエット」の続編小説をドラマ化することが明らかとなった。

【関連コラム】ブラッカイマー、エイブラムス、ションダ・ライムズ...エグゼクティブ・プロデューサーで見たい海外ドラマは決まり!?

米Varietyによると、2013年に出版された同名小説を下敷きにした『Still Star-Crossed(原題)』では、ロミオとジュリエットが悲劇の死を遂げた後の出来事が描かれる。二人の死後に、ジュリエットの一族キャピュレット家と、ロミオの一族モンタギュー家が衝突し合う展開になるとのこと。米ABCによってシリーズが製作される。

『グレイズ・アナトミー』と『スキャンダル』でも脚本とプロデュースを手掛けるヘザー・ミッチェルが、本作の脚本と製作総指揮を担当することが決まっている。両作で製作総指揮を務めているベッツィ・ビアーズとライムズは、脚本にはタッチせずにプロデュース業に徹するようだ。

今までに、ライムズの製作会社Shondalandは、法廷サスペンス『殺人を無罪にする方法』や、医療クリニックを舞台にした『プライベート・プラクティス』など、大人の関係を描いたドラマを製作してきた。それだけに、より若い視聴者をターゲットにした新作が、どのような仕上がりになるのか期待がかかる。

なお、ライムズが手掛けるABCのスリラードラマ『The Catch(原題)』は、2016年1月より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:ションダ・ライムズ
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年10月26日 20:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『SHERLOCK』特別編のタイトルと放送日、シーズン4の撮影時期が判明! 」です。

次のブログ記事は「ディズニーの悪役の子孫を描くTV映画『ディセンダント』、早くも続編製作へ 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。