『ウォーキング・デッド』キャストたち、同番組が自身に与えた影響を吐露

| コメント(0)

現在シーズン6が放送中の『ウォーキング・デッド』。驚異的な人気でTVドラマの歴史を塗り替えている同番組は、キャストたちにも大きな影響を与えているようだ。米E!Onlineが彼らのコメントを伝えた。

【関連記事】秋はやっぱり『ウォーキング・デッド』。 シーズン6放送記念「日本最速第1話試写会」レポ

グレン役のスティーヴン・ユァンは、「グレンが日々の些細なことにも感謝するキャラクターだから、僕も物事をより大事に考えるようになったよ」と、死が隣り合わせの設定によって得たプラス面を説明。

ダリルを演じるノーマン・リーダスは、「この番組のおかげで、仕事や人生を本当に楽しめるようになったし、より一生懸命働くようになったよ。ここが自分の居場所だっていう気がすごくするんだ」と語っている。

一方、キャロルに扮するメリッサ・マクブライドは、スティーヴンやノーマンとは意見が異なるようだ。「この役を演じるのは少し大変だったわ。詳しいことは言わないけど、あの特殊な状況によっていろんなことを学んだの」、と内気な妻なのにゾンビと闘う羽目になるキャラクター同様、女優として苦労していたことを示唆した。

そんな中、役柄に対して面白い見方をしているのがミショーン役のダナイ・グリラ。「ミショーンも私も、女性として同じようなことをしているの。時には彼女が先んじるけど、その逆もあるのよ」と、役柄と競い合っていることを明かしている。

『ウォーキング・デッド』シーズン6は、FOXチャンネルにて毎週月曜21:00から放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン6
(C)2015 AMC FILM HOLDINGS LLC. All rights reserved.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年10月19日 18:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【ややネタばれ】『アメホラ』最新シリーズ出演中のレディー・ガガ、演技指導は婚約者!」です。

次のブログ記事は「『ウォーキング・デッド』原作者が、TV版で死なせたくないキャラは? 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。