『ゲーム・オブ・スローンズ』ショーン・ビーン、小説「フランケンシュタイン」を再イメージしたドラマで警部補を演じる!

| コメント(0)

ショーン・ビーン(『ロード・オブ・ザ・リング』『ゲーム・オブ・スローンズ』)が、TVミニ・シリーズ『The Frankenstein Chronicles(原題)』に出演することが決定した。

【関連記事】LAスクリーニング2015:FOX 作品紹介 こちらのフランケンシュタインはSFクライム・サスペンス!

米Varietyなどによると、全6話からなる『The Frankenstein Chronicles』は、19世紀のイギリス・ロンドンを舞台とする犯罪ミステリー・ドラマで、有名なゴシック・ホラー小説「フランケンシュタイン」を再イメージした作品になっているとのことだ。

ロンドン・テムズ川警察によって、アヘン密輸のギャング逮捕という大捜査が成功した後、子どもの死体が発見される。しかし、実はそれが子どもの死体ではなく、グロテスクに切断された人間の身体の一部分と判明し、ショーン演じる警部補ジョン・マーロットは背筋が凍るようにゾッとする。小説「フランケンシュタイン」をイメージさせる忌まわしい事件の裏に潜む犯人を追跡するジョンは、ジョージ王政時代の暗部である"売春婦、ドラッグ密輸、死体売買、殺人などが横行する危険な暗黒街"へと踏み込んでいく...といったストーリーが展開していく。

米A&Eの副社長エレーン・フロンテイン・ブライアントは、「このドラマは、犯罪とホラーという両方のジャンルと古典的な要素がうまく溶け込んだユニークな作品だわ」と述べている。

ショーンの他には、アンナ・マックスウェル・マーティン(『ブレッチリー・サークル』)、チャーリー・クリード=マイルズ(『リッパー・ストリート』)、スティーヴン・バーコフ(『ドラゴン・タトゥーの女』)、サミュエル・ウェスト(『セルフリッジ 英国百貨店』)などの出演も決定している。

『The Frankenstein Chronicles』は、米A&Eにて来年放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ショーン・ビーン
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年10月 9日 21:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『HOMELAND』クレア・デインズ、妊娠中の彼女を捨てた元恋人ビリー・クラダップとの恋愛について語る!」です。

次のブログ記事は「シャーロックとジョンのやり取りも満載!! 『SHERLOCK』クリスマス特別編の予告映像が公開に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。